2253件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

そして、子育て世帯子供対象年齢です。私、子供というのは少なくとも高校卒業まではいかなくても、中学生までは子供だと、私の認識ではあったんですが、今回のプレミアム付商品券対象年齢は全く違うんですよね。何歳から何歳までですか、教えてください。 ◎市民生活部長戸村浩志君) プレミアム付商品券事業対象となる子供につきましては、3歳未満の子ということになります。

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

◆4番(明石博文君) 鐙瀬地域の拠点のほうは、そういう形で進んでいくんでしょうけど、今回の活動の中で、鐙瀬海岸子供たちの魚との触れ合いというのがあったんですけど、潮が引いて穴に潮がたまって、そこでエビとか魚とかを子供たちに捕まえさせて遊ぶというか、そういう活動をされたみたいなんですけど、その活動を私、見て、すごくいいことだなあと感じたんですよ。

五島市議会 2021-06-26 06月26日-04号

しかし、今の子供たちというのは多分話は聞いていても実際には想像がつかないのかなと思うんです。そう思ったときに、多分昭和30年代が全盛期かなと思っている中で、私は奈留の歴史を語れるところも何か必要、資料館みたいなのが必要なのかなというのも思うんです。今しないと、当時もうばりばり景気よかった人たち昭和30年だとすると、もう今80代、90代の方たちになってくるのかなと思っているんです。

平戸市議会 2021-02-28 12月05日-03号

3,200万円はぽんと出せるけれども、子供たちのためには50万円は出せません。こんなばかな話はないと私は思います。現在、野子小学校の滑り台は、安全を考えて、子供たちが近づけないようにしてあるそうです。何とも悲しい光景だと思います。少なくとも来年度からは、1億1,000万円を活用して、教具や遊具が壊れたときには直ちに修理するという対応がとれるようにすべきだと思います。 そこで、市長質問をします。

五島市議会 2020-12-25 12月25日-05号

子供たちの活躍について。 12月15日、滋賀県で開催された全国中学校駅伝大会に、福江中学校男子チームが長崎県代表として出場しました。34位と目標の20位には届きませんでしたが、チームとして持てる力を存分に発揮し、県大会優勝という快挙を成し遂げ、九州大会全国大会の舞台を踏んだことは、選手チームにとって大きな財産になったと思っております。 

五島市議会 2020-12-10 12月10日-04号

たちも、子供たちに負けないよう、プラスチックごみ減量化や海洋環境問題に取り組むべきですが、どう考えておられますか。 以上、お聞きして、壇上からの質問を終わります。世界遺産登録後の課題については、自席より伺います。(降壇) ◎市長野口市太郎君) (登壇)おはようございます。2番 木口議員質問にお答えします。 まず、五島クリーンセンターの安定した施設運営について、お尋ねがありました。 

五島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

そのときにやはりバスは運行したわけですけど、途中、県道におきましては除雪作業がいち早く建設業者の方からされておりまして、何とか通れるようにはなったんですけど、やはり町内の市道におきましてはそのままの状態で、子供さんを乗せたバスのドライバーの方は子供さんを預かる身として非常にもう危険な状態だったというふうにお聞きしております。

平戸市議会 2020-11-25 12月02日-01号

また、同課の「わくわくドキドキ子どもジョブチャレンジ事業」に関し、事業の目指す目的は子供職業体験を行う教育なのか、平戸市に呼び込むことによる誘客であるのか、また何につなげようとしているのかとの質問に対し、観光課で取り組んでいる事業であることから、観光誘客につなげ、リピーターの獲得となるよう事業実施を行いたいとの答弁がありました。 

五島市議会 2020-09-06 09月06日-02号

次に、同じく補正予算資料11ページ、危険ブロック塀等除却支援事業について、これは、通学路に面した危険ブロック撤去補助ができるようになったということですが、通学路とは、その年の児童生徒の通学する地域がどうなるかということで変わると思うんですけども、その点、現在は通学路ではなくっても、子供たちが通常利用する道路についてはどのような補助が、その2にもかかわるんですけど、そういうところでも補助対象になるのかどうかということでお

五島市議会 2020-09-04 09月04日-01号

これは、五島市内子供たちホームゲームに招待し、応援とあわせて本市のPRを行う事業で、五島市内の小中学校及び高校サッカー部員67名とともに参加しました。 参加した子供たちは、選手と一緒に手をつないで入場するエスコートキッズや、フィールドから出たボールを戻すボールパーソンなどの役割を担い、応援だけでなくゲームに参加することができ、貴重な体験になったものと思っております。 

平戸市議会 2020-08-26 09月02日-01号

このイベントは、中国で音楽を学ぶ子供達90名が世界各国音楽家から指導を受けるサマーキャンプとして行われたインバウンド事業で、日本初開催地として、多くの観光地の中から平戸市を選定していただき実現したものです。期間中は、世界で活躍する音楽界の巨匠によるコンサートも開催され、卓越した技術で観客を魅了しました。 

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

市内保育所及び認定こども園は、私立保育所が12カ所、公立保育所が4カ所、私立認定こども園が3カ所、公立認定こども園が1カ所あり、平成30年4月1日では1,096人の子供が利用しているところでございます。 以上でございます。 ◆8番(小山田輔雄君)  部長、済みません、その中に障害を持たれた子供さんたちはどのくらいおられますでしょうか。

五島市議会 2020-07-08 07月08日-06号

本請願の趣旨でありますが、解決すべき課題の山積する学校現場において、子供たちの豊かな学びを実現するためには、教材研究授業準備の時間を十分に確保することが不可欠であり、また、長時間労働是正に向けて教職員の働き方改革是正が必要であることから、計画的な教職員定数改善と、教育機会均等と水準の維持向上を図るために義務教育費国庫負担制度負担割合を2分の1に復元することについて、国の関係機関意見書を提出

五島市議会 2020-06-19 06月19日-01号

これは、市内子供たちホームゲームに招待し、応援とあわせて本市のPRを行う事業であります。子供たちにとっては、ふだん目にすることのない熱気あふれる試合を観戦することで、夢や憧れを抱き、また、子供たち競技力向上につながるものと期待しております。 観戦チケットについては、昨年11月、五島市に設立された五島椿株式会社から提供されることとなっており、官民一体となった取り組みとしております。 

雲仙市議会 2020-06-18 06月18日-03号

地域振興部長尾上美徳君) 厚生年金加入者の場合の免除制度につきましては、今回の国民年金制度に相当する制度としまして、従来から、子供が産前産後14週間の免除制度平成24年度に導入をされております。 ○副議長(浦川康二君) 上田篤議員。 ◆12番(上田篤君) このことしの保険料は、月額1万6,410円ということです。