3662件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

消費税率引き上げ分につきましては、全ての世代対象として、年金介護、医療及び子ども子育て等社会保障のために使われることになっております。 市民皆様に身近な部分という意味では、年金生活者支援給付金の支給、介護保険料の軽減、介護職員処遇改善幼児教育保育及び高等教育無償化などに充てられることになっております。 

平戸市議会 2023-06-11 06月20日-05号

次に、来る8月7日、平戸市議会議場におきまして、平戸子ども議会を開催いたします。昨年度から毎年開催することとし、市内9中学校を2つのグループに分け、隔年で参加していただくようにしております。 今年度は、4校から子ども議員が出席いたします。議員各位におかれましては傍聴いただき、御激励賜れば幸いに存じます。 次に、渇水の状況について御報告いたします。 

雲仙市議会 2021-12-02 12月02日-02号

特に子どもたちには、命の大切さ、また自ら非行を起こさない力、また犯罪の誘因を断ち切る力、このようなものを育てていこうという活動が行われております。 特に、犯罪を認識できる力というものは、命の大切さとともに、悪いことは決してしてはならないということを認識できることでもあります。 

雲仙市議会 2020-12-20 12月20日-05号

田 義 雄 君       会計管理者          松 田   究 君       次長地域づくり推進課長   金 子 悦 治 君       次長下水道課長       竹 田 義 則 君       次長人事課長        前 田 孝 章 君       財政課長           三 宅 隆 浩 君       福祉課長           牛 嶋 幸 也 君       子ども

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

人口ビジョンについては、2060年における目標人口を2万人とし、総合戦略においては、現行の「五島の恵みを活かし、雇用を生み出す“しま”をつくる」「五島の魅力を発信し、世界に誇れる“しま”をつくる」「安全・安心で住みやすさ日本一の“しま”をつくる」「五島の宝・子どもが育ち、輝く“しま”をつくる」の4つを基本目標としております。 

雲仙市議会 2020-11-28 11月28日-01号

田 義 雄 君       会計管理者          松 田   究 君       次長地域づくり推進課長   金 子 悦 治 君       次長下水道課長       竹 田 義 則 君       次長人事課長        前 田 孝 章 君       財政課長           三 宅 隆 浩 君       福祉課長           牛 嶋 幸 也 君       子ども

平戸市議会 2020-11-25 12月02日-01号

また、同課の「わくわくドキドキ子どもジョブチャレンジ事業」に関し、事業の目指す目的は子供の職業体験を行う教育なのか、平戸市に呼び込むことによる誘客であるのか、また何につなげようとしているのかとの質問に対し、観光課で取り組んでいる事業であることから、観光誘客につなげ、リピーターの獲得となるよう事業実施を行いたいとの答弁がありました。 

五島市議会 2020-09-27 09月27日-05号

次に、議案第66号 五島特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営に関する基準を定める条例等の一部改正について 本案は、子ども子育て支援法等の一部改正により、関係する3つ条例において、幼児教育保育無償化など所要規定整理を行う必要があることから提案されております。 本案につきましても、異議なく原案を可決すべきものと決定いたしました。 

雲仙市議会 2020-09-27 09月05日-05号

児童生徒サポートセンター事業効果検証において、訪間指導員がスクールソーシャルワーカーと連携して支援を行ったと検証されてあるが、具体的にはどのようなことを実施したのかとの質疑には、児童生徒サポートセンター事業には、訪間指導員1人を配置しているが、主な業務として、不登校児童生徒家庭訪間学校を拠点として保健室登校子ども支援、公民館などの社会教育施設における個別指導を実施しケアに努めている。 

五島市議会 2020-09-06 09月06日-02号

また、病児保育事業及びファミリー・サポートセンター事業につきましては、現在、地域子ども子育て支援事業を行う際に求めている基準と同様の内容を満たしていることとされていることから、この基準を満たして、現在、事業を実施している施設を想定しております。 続きまして、デイサービスセンターのほうでございます。どのような形で民間移譲するのか、その移譲先はということでございました。 

平戸市議会 2020-08-26 09月02日-01号

次に、来る10月1日から幼児教育保育無償化により、幼稚園、保育所、認定子ども園などの保育料無償となります。内容は、3歳から5歳の子ども及び0歳から2歳の市民税非課税世帯子どもについて、保育料が無料となります。また、無償化に伴い、保護者負担となる副食費については、本市独自の取り組みとして無償としたいと考えております。

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

なお、以上の文化財保護法改正取り組み計画となっている文化財保護法活用地域計画内容及び状況等について、2の子ども子育て支援について、(1)の保育の現状と課題、少子化への対応について、最後に、今回の条例案にもなっている制度改正に伴う臨時・非常勤職員等処遇改善につながる3の会計年度任用制度職員については、質問席より再質問させていただきますので、議長の計らいをよろしくお願い申し上げます。

佐世保市議会 2020-06-19 06月19日-05号

教育長答弁にもございましたように、子ども対象とした道徳教育については、学校現場で進んできております。今後は、特に、徳育における大人の役割、例えば、模範的な大人の姿を子どもに示すことなどが大変重要だと考えております。 徳育は人の心に働きかけるものであり、日々の地道な生活や取組で培うものであることから、一朝一夕で成果が出ないことも事実でございます。

雲仙市議会 2020-06-18 06月18日-03号

この事業につきましては、県が今年度から開始した事業を活用し取り組んでおりまして、安心して子どもを産み育てることができる住まい及び居住環境の形成を促進するため、多子世帯と新たに三世代となる方に重点を置き、同居、もしくは近居するために住宅を改修、もしくは取得する方へ補助制度の創設をしたものでございます。