284件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

少し寂しい気持ちもありましたけども、そこでこのくんち祭りは、私は、その、例えば1カ所で文化センターだったり、また交流広場っていう、1カ所でするんじゃなくて、この改修事業まちなみ景観改修事業もしましたし、電柱地中化もしましたし、美装化もしましたし、道のですね、そういった城下町を舞台に、食の祭りをする、参加をさせていただいた側とすれば、本当ににぎわった祭りであったというふうには評価しているところでありますけども

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

この会には、商工会議所観光協会、旧城下町代表者商店街代表者などに御参加いただき、これまで無料だったこと、また、観光施設を回るには二、三時間を要することなどから「2時間は無料観光施設利用者は3時間無料」との意見をいただきました。 これをもとに収支の試算をしたところ、駐車場維持費を賄うだけの見通しがついたことから2時間を無料にしたものでございます。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第5号) 本文

さらには、オリンピックもパラリンピックもせっかく海外から来られるので、城下町島原湧水まち島原観光散策の時間も御提供したいということを言ってまいりましたし、当然大人の方ですから、例えば、ドイツは夜、パブ文化ですから、島原市のパブというか、居酒屋といいますか、社交的なところも含めて、体は不自由だけれども、そういった人たちの受入れが可能なところを見つけてでも、そういった民間交流も楽しみにしているということを

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

をキャッチフレーズに、市民機運醸成を図るとともに、島原城及び周辺の整備事業推進し、島原城城下町歴史湧水温泉など豊かな自然の恵みを活用した観光振興を図ってまいります。  また、映画ドラマなどの誘致を契機とし、ロケ地観光素材として地域振興につなげていくロケツーリズムの推進築城400年記念事業一つとして取り組んでまいります。  

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

そして、このオルレ島原コースに加え、今後は島原城城下町、武家屋敷温泉、海の幸、山の幸、そういった魅力を感じていただけるために、様々なイベントを企画をし、国の内外から観光客の方に来ていただく、いわゆる交流人口増加を図っていきたいと思っています。  なお、現在、九州オルレコースは、年間平均すると3,000人程度が歩きに来ていただいています。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

ただ、島原市には、議員がおっしゃいますように湧水巡りや城下巡り、寺巡り、また、九十九島から昇る朝日、それから夕暮れウオーキング、さらには健康的ないろんな民間団体もされているようなこともありますので、ぜひ島原に来たら、九州オルレ島原ユネスコジオパークコースも楽しんでいただきながら、ほかの散策地として市内風情を、城下町風情であったり、ぜひ温泉に入っていただいたり、そこがやっぱり一つの狙いであります。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

104 市長(古川隆三郎君)  きのうも御質問がありましたので、お答えしましたけれども、今回まちづくりのいろんな講座等議員も出席されて開催されたようでありますが、いろんな方からの御提言として受けとめさせていただきますが、市の我々の所有する貴重な財産でありますので、最終的には我々のほうで方針を固めた上で、地域の発展、あるいは城下町としての形成のたたずまい

長崎市議会 2019-11-06 2019-11-06 長崎市:令和元年周辺地区まちづくり対策特別委員会 本文

次の4ページ目の上段、これは深堀地区ですが、皆さんご存じのとおり、この地区城下町でして、道幅が狭いというところがあります。そのため、一方通行を対応しながら、生活道路を確保しているのですが、どうしても緊急車両等の進入ができないということで、深堀公園の一部あるいは水路を利用しながら緊急車両が入らないかという要望がございます。次に下段の田上地区です。

平戸市議会 2019-09-17 03月07日-03号

世界遺産登録等の今後の観光政策は、点から線、面へとの広がりとしての今後の構成資産2つだけでなく、物理的な景観文化遺産でいうところは、田平教会宝亀教会紐差教会根獅子町のおろくにん様、切支丹資料館や時間、年代の広がり方では、先ほど出ていますけれども、オランダ商館平戸松浦史料館平戸城、地理的には北部の城下町、平戸の海峡、生月の瀬戸、人津久の浜、根獅子の浜、飯良の浜、草積、紐差、田崎、神鳥、木場

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第5号) 本文

その原点に返りましても、今回、このような遺跡が消失したことで文化課をつくる必要よりも、そもそもやっぱり文化財的なものの価値観がある我が市としては、そういったセクションがふさわしいのではないかということを私は思っておりますので、今後、今回のことも踏まえ、将来にわたって、そういったものの設置を含め、十分いいものになる、いい市であることを、いい城下町であることを、お城以外の文化のことも含めて検討させていただきたいと

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第5号) 本文

選挙期間中は正直が一番の基本理念もと情報発信、歩いて楽しい城下町にしたい、格差是正、本物の歴史と真の教育文化と4つのマニフェストを中心に訴えました。  私が当選した16年前の選挙から選挙公報が登場し、今回からは選挙ビラ、(現物を示す)こういう感じの選挙ビラの配布が認められるようになりました。政策をきちんと訴える選挙に変わりつつあるのだと思います。  

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

137 産業部長(西村 栄君)  平成30年度におきます観光パンフレットについて申し上げますと、本市の観光地温泉湧水、自然、グルメ情報などを掲載した「しまばら観光おでかけナビ」でございますとか、城下町しまばらの散策コースなどを掲載いたしました「島原まち歩きマップ」を作成いたしまして、印刷経費が約240万円となってございます。  

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第4号) 本文

若者チャレンジ事業として、平成29年度は城下町本陣酒蔵ですね、これは単発なんですよね。今現在、3年続いたのは玉乃舎ですかね。平成30年度を見ますと、島原アミューズメントカフェズが結局189万3,000円ほど補助金をいただいるんですが、これはまず申請者の方は帰られたと聞いているんですけど、その辺についてはどうなんですか。  

島原市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 目次

…………………………………………………………………  116 開議  …………………………………………………………………………………………………………………  117 市政一般質問  ………………………………………………………………………………………………………  117 ◇松坂昌應議員質問  ………………………………………………………………………………………………  117   1 歩いて楽しい城下町

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

また、築城400年に当たる2024年までの期間には、映画ドラマなどロケ地観光素材として活用し、地域振興につなげるロケーションツーリズムの推進にも取り組むとともに、記念式典を初め、イベント等の開催、城下町にふさわしい景観整備などを実施し、これを契機として市民皆様が長く郷土への愛着と誇りを持ち、新しい時代へ引き継いでいくための基盤づくりにしたいと考えております。

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

そして、目指すべきまちの姿として、垂れ幕がかかっていますけれども、湧水あふれる城下町ですね。有明海にひらくですか、湧水あふれる城下町というのには僕は大賛成なんです。言わば、これしかないなと、まちの姿がですね。そういうふうに思っています。  島原に来れば、垂れ幕に書いていなくても、それが感じられるのか、そこがポイントなんですよね。