運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2016-06-22 佐世保市議会 平成28年  6月定例会 文教厚生委員会-06月22日−01号 以前、「」というテレビドラマが放送され、一緒に遺産の調査をしたが、そのときは佐世保の財産でありながら、余り盛り上がらず、非常に歯がゆい思いをしたので、今回はぜひ盛り上がるように観光と連携して行ってもらいたい。 ◎小田社会教育課長   観光という部分については、今回の補正予算の中において、観光部局の補正で合計2,000万円が計上されている。 もっと読む
2016-03-09 佐世保市議会 平成28年  3月 定例会-03月09日−06号 先日、委員会の視察で伺った松山市では、豊かな歴史と文化遺産を生かし、同市が舞台となった司馬遼太郎の小説「」をモチーフに、主人公の秋山兄弟や正岡子規らが抱いた志と努力、夢や希望をまちづくりに取り入れ、まさにストーリー性にこだわった観光振興に取り組んでおられました。 もっと読む
2011-09-26 佐世保市議会 平成23年  9月定例会 文教厚生委員会-09月26日−04号 ◆小野原委員   特に、「」といった関連で近代化遺産、佐世保市は特にそういうふうなことにかかわっているので、そういう方面でも充実していただけたらと思っている。要望である。 ○吉村委員長   資料がすぐ出るような話だったが、まだだろうか。   もっと読む
2011-06-27 長崎市議会 2011.06.27 長崎市:平成23年第3回定例会(4日目) 本文 そのような中、司馬遼太郎のの舞台である松山市が、4年前に雲の形をした松山市独自のナンバープレートをつくり、大絶賛されたことは皆さんご承知のことだと思われます。 もっと読む
2011-06-06 長崎市議会 2011-06-27 長崎市:平成23年第3回定例会(4日目) 本文 そのような中、司馬遼太郎のの舞台である松山市が、4年前に雲の形をした松山市独自のナンバープレートをつくり、大絶賛されたことは皆さんご承知のことだと思われます。 もっと読む
2009-06-11 長崎市議会 2009.06.11 長崎市:平成21年第4回定例会(3日目) 本文 そして、12月に「」という、これは司馬遼太郎さんの小説をベースにしたものですけれども、ドラマスペシャルというのが、ことしと来年、再来年、3年連続で放映されるというふうになっております。これを先取りして利用したところが松山市ですね。まちづくり構想ということで、私たち自由民主党のほうでも2年ぐらい前に現地視察をさせていただきました。 もっと読む
2009-06-10 雲仙市議会 平成 21年 第2回定例会(6月)-06月10日−04号 あの当時は本当にいろんな活況に満ちた時代でございまして、ふるさと全体が多いに盛り上がっていた時代でございますし、日本全体が、またを目指してどんどんと途上を上っていったような時代でもございます。そういった時代から考えますと、日本はもう既に昼を迎えまして、午後のやっぱり日差し、夕方の日差しになってきたのかなという気がするわけでございます。   もっと読む
2009-06-06 長崎市議会 2009-06-11 長崎市:平成21年第4回定例会(3日目) 本文 そして、12月に「」という、これは司馬遼太郎さんの小説をベースにしたものですけれども、ドラマスペシャルというのが、ことしと来年、再来年、3年連続で放映されるというふうになっております。これを先取りして利用したところが松山市ですね。まちづくり構想ということで、私たち自由民主党のほうでも2年ぐらい前に現地視察をさせていただきました。 もっと読む
2008-06-09 雲仙市議会 平成 20年 第2回定例会(6月)-06月09日−02号 それと同じようにでもございますけども、先程中村議員がおっしゃいましたけれども、かつてのやはり戦後からずっと、司馬遼太郎さんの作品に「」という小説がございますけれども、そういうふうに、ああいった焦土と化した日本で、少なくとも資源がなかった日本があの経済大国になるためには40年、50年かけてずっと今まで一つの目標を持ってやってきました。 もっと読む
2006-03-08 雲仙市議会 平成 18年 第1回定例会(3月)-03月08日−04号 現在の置かれた状況というのが大変厳しい時代でございまして、やはりこのふるさとをこれから担っていく次代の青年の方々は、明治以降日本が何度も挫折を繰り返しながら登ってきたを目指した時代とは違いまして、これからはやはり高度経済成長もなく、そしてまた少子高齢化という新たな試練を迎え、そして人口減少という初めて経験することの、教科書のない時代に突入するわけでありまして、そういう意味では、やはり未来についてたくましく もっと読む
  • 1