928件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

3つ目に、本市の地方について。 地方とは、平成26年に安倍内閣において東京一極集中を是正し、地方人口減少に歯どめをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策であります。本市における地方に係る取り組みについて尋ねます。 この3つとなっております。 1項目めの今回、指定管理の選定について、各施設の議案が提出されており、その多くは市の外郭団体と思われます。

平戸市議会 2024-04-01 12月06日-04号

きょう、大体、本命は次のこの地方にしていたんですけど、ちょっと時間が流れましたけど、地方。先ほど市長からもろもろ戦略についての説明がありました。私はここで、一つだけ提案というか、地方の推進交付金というものの中で、地方の整備推進交付金というのがあるんです。

佐世保市議会 2023-09-11 09月11日-03号

我が国の食品ロスの削減や環境衛生への取り組みなど、世界に先駆けたSDGsの普及や実践は、世界を牽引するものであり、同時にそれは地方に資するものであるとも思います。当局のお考えをお尋ねいたします。 次に、地方自治体の取り組みを見てみますと、例えば徳島県では、新時代の消費者のあり方として注目されているエシカ消費に取り組んでおられます。

佐世保市議会 2023-06-24 06月24日-04号

財務部長(橋口昌浩君) (登壇) 現物支給制度を採用できない理由は何かという御質問でございましたが、小中学生までの対象拡大は、地方の観点から、人口減少、特に少子化問題が喫緊の課題となっていることから、市全体で対応するための施策の一つとして、財政規律を保ちつつ持続可能な制度として導入されたものです。

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

雲仙市が地方の目玉である事業として企業誘致用地を整備して、企業を誘致し雇用していただいて人口の定住化を図ると、その一本だけで弱いという県の意図がわからないです。それに8回も、4月から12月3日までの間、8回も協議をしなければ県が用途変更の意図を理解しないというのは、非常に問題であるかと思います。 少し時間をとりますけども、公有水面埋立法第27条は埋立地の利用制限であります。

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

この誓約は、再生可能エネルギーの地産池消、あるいは気候変動への適応に積極的に取り組むといった活動を通して地域の活性化、あるいは雇用の創出、こういったことで、その地方をしていこうということが主な目的でありまして、この目的自体が我々の総合戦略なり、あるいは五島市のエネルギー基本構想なりに掲げている目標と合致するねということもありまして、署名をさせていただいたということでございます。

佐世保市議会 2021-07-03 07月03日-06号

今回の補正予算は、朝長市長4期目のスタートに当たり、「次なるステージ」として「進化しつづける市政」を目指し、これまでの第6次総合計画重点プロジェクトの成果を礎に、さらに地方を実現し、明日の佐世保をつくり出す重要項目として位置づけている八つのリーディングプロジェクトや西九州させぼ広域都市圏ビジョンに基づく事業のほか、進化し続ける市政のための新たな取り組みを進めるため、新規事業を中心に、関連予算の追加

佐世保市議会 2020-12-12 12月12日-05号

本市には、「産・官・学・金・労・言・民・福」で構成する地方推進協議会があります。今後も地方の取り組みを進める中で、官民連携について強化を図っていくべきだと思いますが、私はこの協議会主体性という意味においては物足りないものがあり、大きな課題だと考えていますが、この点についてどう評価しているのか説明をお願いいたします。 

五島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

この改修工事に要した経費としては、設計監理及び工事費の合計約2億5,500万円でございまして、これについては国の地方拠点整備交付金及び過疎債を活用することといたしておりまして、この交付税措置等を別途控除した市の実質的な負担金としては3,842万円というふうに試算をいたしております。 

五島市議会 2020-09-27 09月27日-05号

初めに、9月11日に発足した安倍改造内閣におきまして、地方、規制改革、まち・ひと・しごと創生を担当する内閣府特命担当大臣に就任されました本県選出の北村誠吾衆議院議員に対し心からお祝いを申し上げます。今後ますますの御活躍を衷心より御祈念申し上げるとともに、今後とも五島市の発展のため、お力添えを賜りますようお願いしたいと存じます。 

佐世保市議会 2020-09-26 09月26日-06号

なお、当局からは、「長崎県佐世保市IR推進協議会が策定を進めている「九州長崎IR基本構想(案)」の説明において、IR誘致は、本市にとって、成長傾向にある観光のさらなる振興や、良質かつ多様な雇用の創出など、地方の起爆剤となるプロジェクトであり、実現すれば、佐世保市をハブとして、海外からの多くの観光客を九州各県、そして全国に向けて送客することができ、九州の発展、さらには政府が掲げる観光戦略の目標達成

平戸市議会 2020-09-06 09月13日-05号

初めに、皆様も御承知のとおり、9月11日の内閣改造において、地元選出の北村誠吾衆議院議員地方兼規制改革担当大臣として入閣されました。市民とともに心からお祝い申し上げます。今後とも健康に御留意いただき、県北地域の発展に御尽力いただきますようお願い申し上げます。 次に、去る8月30日、株式会社中瀬草原キャンプ場と平戸市との間で中瀬草原整備・運営管理事業の基本協定締結いたしました。

五島市議会 2020-09-04 09月04日-01号

なお、8ページ以降に記載しております令和元年度の事業計画及び損益予測につきましては説明を省略させていただきますが、今後も地元発電事業者として再生可能エネルギーの普及及び関連産業育成に取り組むとともに、関係者、関係団体等と連携し、再生可能エネルギーによる地方に寄与していきます。 以上で説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いいたします。

五島市議会 2020-07-08 07月08日-06号

塩川部長は、国の地方人材支援制度により、平成29年7月から地域振興部長として勤務しておりますが、間もなく派遣期間の2年が経過しようとしております。 塩川部長の市議会定例会への出席は、本議会をもって最後になろうかと思いますが、この2年間という限られた期間で、人口減少対策あるいは地方を着実に推進すべく、さまざまな政策を講じてくれました。