97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

まず1ページに林道大崎線地すべりに関する経過を記載しております。  2ページをお開きください。2ページに中段の表になりますけれども、委託内容につきまして記載しております。その下に掘削方法の比較表ということで表を記載しております。  3ページになりますけれども、11月補正の委員会資料を参考として添付しております。  

長崎市議会 2020-02-14 2020-02-14 長崎市:令和2年議会運営委員会 本文

第60号議案「工事請負契約の一部変更について」は、林道大崎線地すべり災害復旧工事請負契約について、崩壊部分の掘削作業に係る安全性を確保するため、施工方法の変更を行う必要が生じたこと等により工事設計を変更したことに伴い、契約の金額及び工期を変更するものでございます。  第61号議案「製造の請負契約締結について」は、(仮称)長崎恐竜博物館展示物製造の請負契約締結するものでございます。  

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

あわせて、今回のボーリング調査の結果、企業立地用地として建物等を支える地盤、いわゆる支持層となる安山岩の層の傾斜が想定よりも大きく、地すべり危険もあることが報告されました。10月9日に元地権者に現地の状況を確認したところ、かつて長崎水害発生時に土砂が流出し耕作不能となったため、外部から土を搬入し、畑として造成したとの経緯が判明いたしました。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

このうち、赤丸で表示した神浦下大中尾町の被災箇所におきまして、平成25年の豪雨により道路側溝に地すべり性の挙動が確認されました。しかしながら、地すべり災害として国から認められるためには数年間の観測調査が必要となり、平成25年度から観測してきたところでございますが、平成30年7月豪雨において、地すべり災害を満たす挙動が確認されました。

長崎市議会 2019-09-13 2019-09-13 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

(2)土砂災害の種類につきましては、ア.土石流、イ.がけ崩れ、ウ.地すべりがございます。(3)区域指定の効果でございますが、区域指定には警戒区域と特別警戒区域がございます。警戒区域は通常イエローゾーンと言われまして、急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住宅等に危害が生じるおそれがある区域でございます。

長崎市議会 2019-03-08 2019-03-08 長崎市:平成31年環境経済委員会 本文

平成25年8月1日から平成30年7月13日までの地すべり災により被災した林道大崎線の災害復旧工事平成30年度から3カ年で実施するものでございます。2.事業内容につきましては、工事延長96.6メートル土工一式、のり面保護工2,976.7平方メートル、アンカー工109本などを予定しております。3.財源内訳は表に記載のとおりでございます。  20ページをお開きください。

長崎市議会 2019-03-05 2019-03-05 長崎市:平成31年総務委員会 本文

事業の目的ですが、平成25年8月1日から平成30年7月13日までの地すべり災により、被災した林道大崎線の災害復旧工事を実施するものでございます。図面林道大崎線の位置図になります。国道499号の三和町から鹿尾町をとおり、大崎線へ抜ける青色の線が林道大崎線で、赤色で示している箇所が、地すべりによる崩壊箇所となります。  7ページをお開きください。林道大崎線地すべり災害復旧工事平面図となります。

長崎市議会 2019-02-21 2019-02-21 長崎市:平成31年第1回定例会(1日目) 本文

第52号議案から第54号議案までの「工事請負契約締結について」は、重要文化財長崎英国領事館本館ほか保存修理第2期工事林道大崎線地すべり災害復旧工事及び伊良林小学校改築主体工事(2)についてそれぞれ請負契約締結するものでございます。  第55号議案「市道路線の認定及び廃止について」は、道路の移管等に伴い市道路線を認定し、及び廃止するものでございます。  

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第52号議案から第54号議案までの「工事請負契約締結について」は、それぞれ重要文化財長崎英国領事館本館ほか保存修理第2期工事林道大崎線地すべり災害復旧工事、伊良林小学校改築主体工事(2)の請負契約締結するものでございます。  第55号議案「市道路線の認定及び廃止について」は、道路の移管等に伴い、市道路線の認定と廃止をするものでございます。  

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

1【単独】林業施設災害復旧費の(1)現年度災害分でございますが、林道西彼杵半島線ほか3件の修繕及び林道西彼杵半島線の地すべり調査観測委託を行っております。  次に、主な不用額の説明でございます。569ページをお開きいただきたいと思います。第1目農業施設災害復旧費及び第2目林業施設災害復旧費のいずれも台風時期の降雨などによる施設への影響が少なかったことによるものでございます。  

松浦市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日

それから、崩土、倒木、落石等除去並びに農道地すべり実態調査に係る手数料を計上しております。  地すべり調査、観測業務委託料に係るもので、農道1カ所分の予算でございます。  それから、災害査定設計書作成業務委託料で農地17カ所、農業施設19カ所分を見込んで予算措置をしております。  次に、災害応急対策工事農道1カ所、林道1カ所分を予算計上しているところでございます。  

長崎市議会 2018-06-26 2018-06-26 長崎市:平成30年第2回定例会(8日目) 本文

まず、民生費において、地すべり等の危険がある高齢者施設基礎部擁壁に係る防災改修に対して助成するための高齢者福祉施設整備事業費補助金が計上されております。  委員会におきましては、補助対象となる市内の全施設に照会を行った結果、応募が1者のみだった理由について質すなど、内容を検討した次第であります。  

松浦市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年06月12日

現在までに地すべり危険箇所、炭鉱跡による地盤の緩み、地下水への影響などの問題点を調査分析され、平成29年3月には詳細設計の結果をもとに計画説明会が実施されております。  世知原側につきましては、昨年度に用地買収が完了し、知見寺側につきましては、さらなる地下水影響の解析が行われ、現在、用地の取得を行われていると聞いております。