73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐世保市議会 2020-03-19 03月19日-07号

次に、土木関係につきましては、第2款総務費におきまして、交通安全施設等整備事業費6,600万円、第8款土木費におきまして、道路整備事業費18億6,466万円、道路環境維持管理事業費12億8,795万円、急傾斜地崩壊対策事業費5億200万円、第12款災害復旧費におきまして、土木施設災害復旧事業費5,000万円など、総額53億241万円が計上されております。 

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年防災対策特別委員会 本文

34 ◯里危機管理監 先ほど浅田委員からご指摘がありました土木関係です。ハード面ソフト面、当然ながらそういったものは、災害対策本部ということで、市も立ち上げるようにしております。防災会議メンバーにもこれまで市長部局も数名しかいなかったところをいろんな部局を交えて入れまして、防災会議メンバーに加えております。

佐世保市議会 2019-12-04 12月04日-01号

次に、土木関係につきましては、第2款総務費において、予算現額5,000万円に対し、決算額同額の5,000万円で、執行率は100%、第8款土木費においては、予算現額45億1,110万円に対し、決算額は41億9,236万円で、翌年度への繰越額を除く執行率は92.9%、第12款災害復旧費においては、予算現額1億8,590万円に対し、決算額は1億8,564万円で、執行率は99.9%となっております。 

佐世保市議会 2019-03-20 03月20日-07号

土木関係につきましては、第8款土木費、第3項河川費におきまして、雨水渠整備受託事業費950万円、急傾斜地崩壊対策事業費2,500万円の計3,450万円が計上されております。 なお、各事業においては、年度内事業完了が困難なことから、それぞれ同額繰越明許費が計上されております。 委員会といたしましては、採決の結果、全会一致で原案を可決することに決定いたしました。 以上、報告を終わります。

佐世保市議会 2018-12-03 12月03日-01号

次に、土木関係について申し上げます。 土木部における平成29年度実施の主な施策といたしましては、まず、災害危険箇所環境整備において、急傾斜地崩壊対策事業特殊地下壕対策事業河川整備事業などを計画的に実施されるとともに、相浦川における洪水ハザードマップ作成に着手され、災害緊急事態に対応できる体制の充実に取り組まれております。 

佐世保市議会 2018-09-25 09月25日-06号

まず、土木関係についてでありますが、さきの6月、7月の豪雨及び台風により被災した土木施設等災害復旧について、被災施設のうち、市民生活への影響が大きい通行どめの箇所などを早急に復旧する必要があったことから、市道など18カ所分の災害復旧費2,940万円の補正について、地方自治法第179条の規定により専決処分の承認が求められたものであります。 

佐世保市議会 2017-12-04 12月04日-01号

次に、土木関係について申し上げます。 土木部における平成28年度実施の主な施策といたしましては、まず、土木施設老朽化対策として、橋梁については、長寿命化計画をベースに、定期点検修繕作業を加速させ、また、道路施設補修計画年度末に作成し、道路施設点検修繕など、持続的なメンテナンスサイクルを確立されております。 

佐世保市議会 2016-12-21 12月21日-06号

次に、土木関係につきましては、第8款土木費におきまして、国の補正予算内示を受け、道路橋りよう費において、道路施設更新事業費など1億6,276万円、河川費において、災害関連地域防災がけ崩れ対策事業費8,800万円が計上されております。 また、着手から完了までに一定の期間を要することから、繰越明許費補正として3億8,499万円が計上されております。 

佐世保市議会 2016-12-05 12月05日-01号

まず、土木関係につきまして、第2款総務費においては、予算現額6,100万円に対し、決算額は6,099万円で、執行率は99.9%、第8款土木費においては、予算現額42億9,923万円に対し、決算額は39億9,112万円で、次年度への繰越額を含む執行率は97.7%、第12款災害復旧費においては、予算現額1億202万円に対し、決算額は9,940万円で、執行率は97.4%となっております。 

佐世保市議会 2016-03-03 03月03日-02号

次に、土木関係の第8款土木費につきましては、道路新設改良事業や、県が実施している急傾斜地崩壊対策事業県営事業負担金において、現場条件等変更が生じ、設計の見直しや地元調整等不測日数を要したことや、県の事業進捗影響により、年度内完了が困難となったため、総額3億635万円の繰越明許費補正が追加されるものであります。 

佐世保市議会 2015-11-27 11月27日-01号

まず、土木関係についてでありますが、第2款総務費においては、予算現額6,000万円に対し、決算額は5,999万円で、執行率は99.9%、第8款土木費においては、予算現額44億6,566万円に対し、決算額は40億1,512万円で、次年度への繰越額を含む執行率は96.1%、第12款災害復旧費においては、予算現額1億8,053万円に対し、決算額は1億6,427万円で、次年度への繰越額を含む執行率は98.2

佐世保市議会 2015-07-08 07月08日-06号

まず、土木関係についてでありますが、第2款総務費では、交通安全施設等整備事業費1,000万円、第8款土木費では、道路整備事業費500万円が計上されております。 このうち、道路整備事業における船越展望所駐車場整備については、当局から、「九十九島動植物園から展望所までの下り道路のうち、展望所前のカーブあたりから約70メートルにわたり道路を拡幅する。