599件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

また、まちづくり運営協議会中心に各ごと協議体を設置し、生活支援コーディネーターを核として地域の特性や実情に応じた買い物支援などへの取り組みに対する支援検討を行っております。さらに、地域包括ケアシステム庁内推進会議を設置し、買い物などの生活支援を初めとした高齢者施策関係部署との連携もと、情報の共有や組織横断的な協議検討を行っているところです。 

五島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

私の理解も、最初はこの地域医療構想というのは、いやいや2025年の、要は後期高齢者の方が全員75歳に突入した時点で、それぞれのでどれぐらいの機能が必要かなということをちょっとお示ししただけですよみたいな感じで、これをもって再編・統合するという話には至らないという理解をしておりましたし、そういった旨、この議会でもお答えをさせていただきました。 

五島市議会 2020-06-21 06月21日-02号

この生活支援体制整備事業に取り組む上で、旧1市5町の各で活動をし、地域ニーズに応じた各種サービス創出する役割を果たすのが生活支援コーディネーターでございまして、配置の済んでおりませんでした福江地区生活支援コーディネーターを配置したいということで補正予算に計上をいたしております。 以上でございます。 ◎総務企画部長久保実君) お答えいたします。 

佐世保市議会 2020-06-19 06月19日-05号

また、当該路線は、松浦市から本市高度医療機関への救急搬送や、玄海原子力発電所での事故が起こった場合の避難路として位置づけられておりますことから、椋呂路トンネル計画は命を守る道としての重要性はもちろんのこと、西九州させぼ広域都市圏の観点からも、地域振興連携を図る上で必要不可欠であると認識しているところでございます。 

平戸市議会 2020-04-24 06月06日-03号

福祉部長桝田俊介君)  生活支援といたしましては、今、地域包括支援センター及び各7生活支援コーディネーターを配置いたしまして、各地域まちづくり運営協議会中心とした協議会を設置して、各地域課題の抽出、解決に向けたコーディネートを行う体制整備いたしております。その中で出てくる課題などについて、その分のコーディネートを行い、解決をしておるとこでございます。 

佐世保市議会 2020-03-19 03月19日-07号

次に、農水産物等特産品販路拡大事業費に係る西九州連携によるブランド創出及びプロモーション業務において当局から、「この事業は、広域連携事業の一環としての取組であり、広域圏における特産品販路拡大生産性向上・担い手の確保に結びつけていくものである。現在、本市のほかに、松浦市、川棚町、新上五島町、伊万里市が参加しており佐々町も参加予定で、令和元年からの継続事業である。

西海市議会 2020-03-05 03月05日-04号

道路マップ進捗状況は、西海市を6に分け、ごとに8分類による78項目において40点満点で評価を行い、平成30年度末現在で西海市団体の平均は25.1点であり、進捗度は62.8%となっております。 8分類の中で医療に関する分野が低い状態となっている状況でございますが、目標年度令和2年度末までに目標とする80%を目指してまいります。 以上で答弁とさせていただきます。

平戸市議会 2020-03-05 03月04日-02号

平戸市は高齢化率全国平均を大きく上回っており、市民病院及び生月病院医療である平戸市中南部及び生月地区、離島である大島、度島地区においては、中でも高齢化が進んでいる地域でもあります。 両病院は、医療圏域内唯一病院として、地域住民健康維持、増進を図るため、行政及び住民連携して地域医療を実践してきました。

諫早市議会 2020-03-05 令和2年第1回(3月)定例会(第5日目)  本文

1、行政による役割として、諫早市地域福祉計画に基づく第6階層における規範的統合をより推進すべきではないかという質問をしていきたいと思います。  まず、質問の前に、地域包括ケアシステム構築における行政役割地域包括ケアシステムを構築する上で重要な機能とされている規範的統合という概念について整理と確認をしておきたいと思います。  

諫早市議会 2020-03-04 令和2年第1回(3月)定例会(第4日目)  本文

お尋ねの新型ウイルス感染症に関する相談窓口でございますけれども、厚生労働省のほうに電話相談窓口、これはコールセンターだそうですけど、設置されまして、長崎県でも各保健所相談窓口が設置されておりまして、諫早市の方については県央保健所ということになっております。  

大村市議会 2020-03-03 03月03日-03号

こども未来部長山中さと子君)  今回第2期プランの策定におきましては、市内を北、中、南と3地区に分けまして、ごとニーズを把握して、そのの中でしっかりと定員を確保していくというようなプランにしております。 また、おっしゃったスペースなどの質の問題につきましても、開設しようとする事業者とはしっかり話をしながら進めていきたいというふうに考えます。

佐世保市議会 2020-02-25 02月25日-01号

持続的成長を見据え、農水産物等特産品販路拡大広域圏サポーターによる関係人口創出などをはじめ、連携協約に基づく役割を自覚と責任を持って確実に果たし、未来を切り開く上での重要な成長の礎にしていきたいと思っております。 その上で、協約締結に至らなかった佐々町との連携も十分に確認できたことから、新たに連携協約締結に向けて進めてまいりたいと考えております。 

南島原市議会 2020-02-20 02月20日-01号

このように、確実に効果は出てきていると思われますので、引き続き、令和2年度は九州にも拡大し、さらなる消費拡大販路拡大を図ります。 また、素麺産業を真に足腰の強い産業とするため、島原手延べ素麺認証制度を確立し、品質向上を図るとともに、ハサップの導入を支援することによって生産性向上衛生面の強化を図ってまいります。

佐世保市議会 2019-12-11 12月11日-04号

保健福祉部長(塚元勝君) (登壇) 現時点における今後の流れについてでございますが、長崎県によりますと、国からの正式通知に先立って、各協議に向けた対応準備を進めたい考えであり、今後、対象病院に対する今後の方向性等に関するヒアリングを行った後、佐世保県北区域地域医療構想調整会議等関係機関参加による会議において協議が行われる予定とお聞きいたしております。 

大村市議会 2019-12-10 12月10日-06号

福祉保健部長川下隆治君)  地域生活支援拠点整備ですが、先ほど議員おっしゃったとおり、国は令和2年度末までに全国の各市町村、または各に少なくとも一つ整備を目指すこととしております。 本市では、大村障害者自立支援協議会の中に本年7月、地域生活拠点事業検討会を設置いたしまして、令和2年度からの体制整備に向けた協議を既に進めているところでございます。 以上です。