1811件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

5 ◯島村国民健康保険課長 私からは3点目になります。長崎市国保財政の現状と今後の対応について、右上に追加資料と記載しております資料でご説明させていただきます。  1ページをお願いします。すみません、資料がA3になっております。縦にしてごらんいただきたいと思います。まず、(1)国保の財政状況についてでございます。

長崎市議会 2019-12-04 2019-12-04 長崎市:令和元年第5回定例会(5日目) 本文

第224号議案から第230号議案までは、いずれも給与改定に伴う職員給与費に係る経費などを計上しており、一般会計に係る議案が第224号議案「令和元年度長崎市一般会計補正予算(第6号)」、特別会計に係る議案が第225号議案「令和元年度長崎市観光施設事業特別会計補正予算(第3号)」、第226号議案「令和元年度長崎市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」、第227号議案「令和元年度長崎市中央卸売市場事業特別会計補正予算

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第6号) 名簿

について 第3  議案第42号  松浦市会計年度任用職員の報酬等に関する条例の制定について 第4  議案第43号  松浦市手数料条例の一部改正について 第5  議案第44号  松浦市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について 第6  議案第46号  松浦市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正            について 第7  議案第50号  令和元年度松浦市国民健康保険特別会計補正予算

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 処理結果

                             │           │ │      │の決算認定について                    │1.12.6       │ ├──────┼─────────────────────────────┼───────────┤ │      │                             │認  定       │ │認定第7号 │平成30年度松浦市国民健康保険特別会計

長崎市議会 2019-11-26 2019-11-26 長崎市:令和元年第5回定例会(1日目) 本文

次に 日程3  第134号議案 平成30年度長崎市国民健康保険  事業特別会計歳入歳出決算 から 日程8  第144号議案 平成30年度長崎市病院機構病  院事業債管理特別会計歳入歳出決算 まで、以上6件を一括議題といたします。  教育厚生委員長の審査報告を求めます。35番久 八寸志議員。      

長崎市議会 2019-10-30 2019-10-30 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

16 ◯田邊市民健康部長 それでは、第134号議案「平成30年度長崎市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算」についてご説明いたします。  この国民健康保険事業特別会計でございますが、大きく2種類ございます。1つは国民健康保険保険者としての事業勘定、それと国民健康保険診療所として、伊王島と高島施設施設勘定の2種類がございます。

諫早市議会 2019-10-09 令和元年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-10-09

教育福祉分科会で審査を担当しました議案第63号「平成30年度諫早市一般会計歳入歳出決算の認定について」のうち歳出中関係分、議案第64号「平成30年度諫早市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、議案第65号「平成30年度諫早市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について」及び議案第66号「平成30年度諫早市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について」につきましては、図書館システム

長崎市議会 2019-09-20 2019-09-20 長崎市:令和元年第4回定例会(7日目) 本文

生活保護基準は、住民税、国民健康保険介護保険、就学援助など、生活の中のさまざまな分野の施策に連動し、最低賃金の指標にもなっています。  生活保護基準の引き下げは、市民全般の生活基準の引き下げにもつながりかねないものです。現行でも生活保護利用者からは、食事やお風呂の回数を減らしています。親戚や近所づき合いができませんとの実態が寄せられており、その生活は決して楽ではありません。

長崎市議会 2019-09-10 2019-09-10 長崎市:令和元年第4回定例会(5日目) 本文

国民健康保険税の子どもにかかる均等割の減額、廃止については、6月、我が党の代表質問でも取り上げましたが、一般会計からの繰り入れは、国保加入者以外の方に負担になるので、原則行わないということでした。しかし国保はご存じのとおり、定年、自主退職すると必ず加入しなければなりません。そういう意味では、全ての方々が加入する可能性があるということを踏まえ、国民保険制度という制度趣旨になっています。

諫早市議会 2019-09-09 令和元年第4回(9月)定例会(第9日目)  本文

10 ◯西田京子君 登壇[ 253頁]  議案第64号「平成30年度諫早市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について」、日本共産党会派代表して、反対の立場で討論をいたします。  平成30年度、諫早市国民健康保険加入世帯は1万9,576世帯、その中で、年金者や無職の方が6割を占め、年所得100万円以下の世帯も約6割という状況であります。  

諫早市議会 2019-09-09 令和元年第4回(9月)定例会(第9日目)  議事日程

1 第4回定例会議事日程 第9号       令和元年10月9日(水)午後1時10分開議   日程第1  議案第63号から議案第71号(委員長報告、質疑、討論、採決)    議案第63号 平成30年度諫早市一般会計歳入歳出決算の認定について    議案第64号 平成30年度諫早市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

諫早市議会 2019-09-08 令和元年第4回(9月)定例会(第8日目)  議事日程

1 第4回定例会議事日程 第8号       令和元年9月30日(月)午前10時開議   日程第1  議案第63号から議案第71号(議案質疑、委員会付託)    議案第63号 平成30年度諫早市一般会計歳入歳出決算の認定について    議案第64号 平成30年度諫早市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算