2690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-10-09 令和元年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-10-09

栄町東西街区市街地再開発支援事業について、再開発事業の総事業費と財源内訳は、との質疑に対し、平成30年8月10日事業計画変更時点では、総事業費が68億6,000万円、財源内訳は国庫補助金15億8,900万円、県補助金5億2,000万円、市補助金13億2,100万円、保留床処分金34億800万円、その他に県道用地分2,200万円である、との答弁がありました。  

長崎市議会 2019-09-13 2019-09-13 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

(1)令和元年度主な補助事業の変更内容についてでございますが、国庫補助金の内示が予定を下回ったことから、令和元年度に予定していた主な補助事業の内容を変更する必要が生じたため、ご報告するものでございます。表の項目でございますが、左側から区分、事業実施箇所、予算額、執行予定額、差引額、事業内容、変更予定内容を記載しております。

長崎市議会 2019-09-12 2019-09-12 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

このうち、3番の土地区画整理事業におきましては、予算額と執行予定額との差額が減となっておりますけれども、これは国庫補助の内示減に伴うものでございます。この内示減に伴いまして、右側の欄に記載のとおり、建物補償の一部を翌年度へ先送りすることとしております。次に、2つ目の再開発では、新大工町地区市街地再開発事業への支援を引き続き実施しております。

長崎市議会 2019-09-12 2019-09-12 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図るため、国庫補助金という限られた財源を有効活用して、くみ取り便槽や単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換を促進し、汚水処理の未普及解消を加速化するというものでございます。その下の参考といたしまして、し尿及び生活雑排水の主な処理方法について表に示しております。

長崎市議会 2019-09-11 2019-09-11 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

補助道路新設改良事業費(地方創生道整備推進交付金)、1.虹が丘町西町1号線につきまして、国庫補助事業の内示配分の見直しに伴い、2,000万円の増額補正をお願いするものでございます。  次に、繰越明許費の補正について、ご説明をいたします。予算説明書は32ページから33ページでございます。

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

これは、現地の立ち会い調査を行うに先立ちまして、法務局に備えてある登記資料等をもとに、現地に境界の位置を復元する手法でございますが、これは現在、国庫補助の対象外とされております。  しかしながら、筆界未定抑制の有効な方策の1つと考えておりますので、今後その実施につきまして検討してまいりたいと考えております。

時津町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3日 9月 5日)

それと、これは歳入のほうですけれども、国庫支出金の14番に幼児教育保育無償化実施円滑化事業補助金で251万あるのですが、この円滑化事業の内容を教えてください。  以上です。 ○議長(山脇 博君)  学校教育課長。 ○学校教育課長(岡由紀子君)  お答えいたします。  小学校教育支援員配置事業の研修の件でお答えいたします。  毎年必ず研修については実施をしておるところでございます。

諫早市議会 2019-09-04 令和元年第4回(9月)定例会(第4日目)  本文

幼児教育保育の無償化は、10月からの消費税の引き上げに伴います増収分を、その財源に充てることによりまして、制度設計がなされておりますが、今年度におきましては、課税時期の都合により十分な増収が見込めないことから、地方負担分については、全額国庫負担、臨時交付金によることとなっております。  しかしながら、国からの交付金は来年3月に交付されるということになっております。

長崎市議会 2019-09-02 2019-09-02 長崎市:令和元年第4回定例会(1日目) 本文

次に、第106号議案「令和元年度長崎市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)」につきましては、国庫支出金等過年度分返還金などを計上しております。  以上が、令和元年度9月補正予算に係る議案でございます。  次に、条例、その他の議案のうち、まず、条例議案をご説明いたします。  

諫早市議会 2019-09-02 令和元年第4回(9月)定例会(第2日目)  本文

35 ◯農林水産部長(毎熊正美君)[30頁]  ことしの3月議会におきまして、川崎議員からの質問に、県への要望等を検討するという答弁をいたしておりましたけれども、まず経過を説明しますと、平成29年度と平成30年度の2カ年で、各地域の果樹産地協議会におきましては、国庫補助事業でございます産地パワーアップ事業を活用して、マルチ資材等の導入が実施されておりました

島原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 会議に付した事件

                                        │原案可決│ │第65号議案 │平成30年度島原市水道事業会計剰余金の処分及び決算                │及び認定│ │      │                                        │元.9.26│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │教職員定数の改善及び義務教育国庫負担制度拡充