243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

(2)負担金でございますけれども、124万2,000円でございまして、市内の幹線道路の整備推進と、市が行う事業の主な財源となる社会資本整備総合交付金等の国庫補助金予算確保を図るため国、県及び国会議員等に対し、協議会を中心に要望活動を行っておるんですけれども、市及び市議会、地元自治会経済会・交通運輸団体等で構成いたしております。

長崎市議会 2020-02-28 2020-02-28 長崎市:令和2年第1回定例会(3日目) 本文

最低賃金につきましては、決定方法は先ほど申し上げましたように、地方最低賃金審議会での審議を経て決定されるというものでございますけれども、私どもといたしましては、例えば全国市長会におきまして、雇用就業対策に対する提言として賃金・待遇改善策に対する支援措置の拡充を国会議員並びに関係省庁等に要請しておりまして、これは、最低賃金を1,000円に近づける努力ということでさせていただいているところでございます。

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

裁判のほうは、科学的・合理的なものは、最高裁の判決も出て非常に厳しい状況になっているということではございますが、引き続き救済という観点で、また市議会と一緒になって国会議員の先生方のお力をかりながら少しでも前に進むようにということで、これは本会議でも答弁したとおり、何とか問題の解決に向けて努力していきたいということでございます。  

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年総務委員会 本文

また、顧問として長崎市ゆかりの国会議員長崎市選出の県議会議員、そして長崎市議会議員の皆様にもご就任いただいているところです。幹事会については、総会を構成する団体から、海に関係する官公庁や経済観光関係、海運事業所、教育研究機関など、記念事業の2つの基本方針に密接に関係する22団体から参加いただいております。

長崎市議会 2019-12-02 2019-12-02 長崎市:令和元年第5回定例会(3日目) 本文

まず、1点目の旧ロシア領事館跡地問題についてですが、この土地の問題の解決は地域住民にとっては念願であり、秋野国会議員も、実は現地に何度も訪れ調査した結果の国会質問でした。今回、外務省も一緒に取り組んでいくということになったことは、大きな一歩前進だと感じています。どうか本市におかれましても、この解決に向けてさらに進んでいっていただきたいと思う次第であります。  

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

この問題については、国会議員の先生も七、八名回りました。御案内のとおり、佐賀県の今村代議士とか、それから、参議院議員秋野公造先生とか、衛藤征士郎先生とか、金子先生とか、北村先生とか回りました。  そのときに、非常に力のおありになる、衆議院副議長までやられた、また、防衛庁長官までやられた衛藤征士郎先生と参議院議員秋野公造先生がこういうことをおっしゃったんですね。

松浦市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

町制施行後すぐに、昭和27年に福島町大橋建設期成会を立ち上げて、官民一丸となって関係省庁国会議員などに町長が先頭に立って陳情活動を繰り返し、昭和39年着工の運びとなっています。14年間の長い間の御苦労、困難を乗り越えて4年間の工事を経て、昭和42年10月12日に今の橋がかかっております。  ちなみに、工事費は3億2,000万円と記してあります。昭和30年代の設計です。

長崎市議会 2019-11-29 2019-11-29 長崎市:令和元年第5回定例会(2日目) 本文

このように、原告であります被爆体験者の皆様にとって非常に厳しい判断が下され、問題解決は依然として厳しい状況ではありますが、今後とも地元国会議員、関係国会議員のお力もおかりしながら市議会と一体となって被爆体験者の皆様がおかれている厳しい状況を国に粘り強く訴えることにより、被爆体験者の救済という観点から被爆地域の是正、せめて対象合併症の大幅な拡充、ひいては医療費の無料化を実現できるよう努力していきたいと

長崎市議会 2019-10-29 2019-10-29 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

被爆体験者の問題につきましては、今課長からも説明がありましたが、原援協初め国会議員の先生方に個別に当たったり、8月9日は公明党山口代表が来られたときも個別にお願いをしたり、いろんなコネクションを私どももやっておりますが、なかなか今の科学的知見というものを乗り越えるものが、国、厚生労働省の考え方、今も第2陣のほう裁判が続いておりますが、なかなか厚生労働省、第1陣の最高裁の判断も出ているということで、

長崎市議会 2019-09-13 2019-09-13 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

今後事業を円滑に進めていくためには予算確保が必要不可欠であり、本年度も7月と8月に本委員会の委員の皆様とともに、国や関係国会議員に対し、予算確保のための要望活動を行ったところですが、今後とも議会のお力添えをいただきながら予算確保に努めてまいりたいと考えております。  説明は以上でございます。

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

長崎市におきましては、市議会のお力添えもいただきながら、国や県並びに関係の国会議員に対し、南北幹線道路の早期事業化について要望活動を行っているところですが、事業化された暁には、整備促進のための安定した事業予算の確保について、関係者一丸となって要望を行ってまいりたいと考えております。  

長崎市議会 2019-08-26 2019-08-26 長崎市:令和元年交通対策特別委員会 本文

長崎選出の国会議員がその話をしに行って、箸にも棒にもかからないことを言われていますよ。まず、やはり地方国会議員を通してまた政党を通して国から言われたものを、きちんと吟味してそれをどう政策的にこなしていくのかというようなことを裏づけをきちんとしないと、誰も加勢してやろうという気にならんよ。これも時間がない話でしょう。これきちんと把握してるの。

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

その中で、県選出の国会議員の先生方には個別にお会いしてお願いしたり、そういうなんとか救済という観点でお願いしたいということは、もうこの1年間もまたやってきておりますし、その中で、いわゆるPTSDとがんの関係ということについては、第二種健康診断特例区域の審議会というのがございますが、この中でも先生方に情報提供をお願いしながらやっておりますが、まだその確たるものは出ていないと、そちらも、そういうことでございますので

長崎市議会 2019-06-28 2019-06-28 長崎市:令和元年第3回定例会(3日目) 本文

今後も科学的、合理的根拠につながる糸口を見出す努力を引き続き行うとともに、地元国会議員、関係国会議員の力もお借りしながら、市議会と一体となって被爆体験者が置かれている厳しい状況を国に粘り強く訴えることにより、被爆体験者の救済のため努力していきたいと考えております。  以上でございます。

長崎市議会 2019-06-27 2019-06-27 長崎市:令和元年第3回定例会(2日目) 本文

そこで、長崎市では、市長はもとより市議会議長を初め、市議会建設水道委員会正副委員長、関係議員の皆様のお力添えのもと、国の予算編成に合わせて、これまで経済界、運輸団体、地元の皆様など、関係者とも力を合わせて国や政府関係機関、県選出国会議員に対し、たゆまぬ要望活動を実施しているところであり、昨年度におきましても、延べ7回、上京いたしまして要望を行ったところでございます。