4042件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

討論に入りまして、反対討論として、後期高齢者医療制度は、国民を年齢で区切り、高齢者を別枠の医療保険に囲い込む負担増と差別医療を押しつける悪法である。2年ごとに保険料を改定し、制度導入以来5回にわたる保険料値上げを実施している。本制度を廃止し、以前の老人保健制度に戻すべきである。廃止すべき後期高齢者医療の予算案に賛成することができないことを述べ、反対討論とする。  賛成討論なし。  

時津町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

今、地域包括ケアシステムの構築に向けて、在宅医療、介護の連携と、こういったものも取り組む中で、年に何回か事例検討会という形で、そういうケアマネジャーだけでなく、いろいろな医療関係者、介護の関係者に集まっていただいて、そういう事例検討をしながら、それぞれの専門職のスキルアップというものを図っていくということも本町は一応取り組みとしてやっております。  以上でございます。

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 会議に付した事件

                    │    │ │      │                                        │31.3.20│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │                                        │原案可決│ │第17号議案 │平成31年度島原市後期高齢者医療特別会計予算

長崎市議会 2019-02-28 2019-02-28 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

次に、23ページの資料4-2、請願第1号「75歳以上の医療費負担の原則2割化に反対する請願について」及び25ページの資料4-3、請願第2号「「18歳未満の子どもに関わる均等割」の軽減措置を求める請願について」は、いずれも市民健康部の所管となりますので、教育厚生委員会に付託いたしたいと考えております。  

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第45号議案「長崎市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」は、国民健康保険の被保険者に対する後期高齢者医療制度の創設に伴う減免措置を見直すものでございます。  第46号議案「長崎市公民館条例の一部を改正する条例」は、利用状況等を勘案し、長崎市池島地区公民館を廃止したいのと、消費税法の一部が改正されたことに伴い、公民館の使用料を改定するものでございます。  

長崎市議会 2019-01-21 2019-01-21 長崎市:平成31年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

その中で人件費を削減するということでその分を子どもを中心とした福祉施策、ここでは大幅に財源を投入して例えば3年前までは小学校以前までの医療費についての補助しかできておりませんでしたが、小学生までの通院・入院の補助、あるいはその次の段階でしたら今度中学生についての通院または入院までの補助ということで、子ども施策については大幅に拡充をする、あるいは子育て支援センターと、あるいは学童保育こういったものについて

佐世保市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号

園、保育所型認定こども園及び地方裁量型認定こども園の認定に関する要件を定める条例制定の件 第23 第189号議案 地方独立行政法人佐世保市総合医療センター第2期中期目標の策定の件 第24 第195号議案 佐世保市福祉活動プラザの指定管理者の指定の件 第25 第212号議案 工事請負契約締結の件(吉井地区公民館等・福井洞窟ガイダンス施設(仮称)建設(建築)工事) 第26 第213号議案 佐世保市介護医療

五島市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

具体的には、医療費窓口負担を現行の原則1割から2割にする議論が始まっている。  年金収入も減るなか、後期高齢者の窓口負担の原則2割化は、治療が長期にわたる高齢者の生活を圧迫し、必要な医療が受けられない事態が深刻化する。  長崎県保険医協会も取り組んだ「2015年受診実態調査」の全国集計では、回答した医療機関の73%が、後期高齢者の窓口負担の原則2割引き上げは受診抑制につながると回答している。  

長崎市議会 2018-12-14 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文

次に 日程11  第121号議案 平成30年度長崎市国民健康保険  事業特別会計補正予算(第2号) から 日程21  第159号議案 長崎市介護医療院の人員、施設  及び設備並びに運営に関する基準を定める条例  の一部を改正する条例 まで、以上11件を一括議題といたします。  教育厚生委員長の審査報告を求めます。22番山本信幸議員。     

時津町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日12月12日)

増大の一途をたどる社会保障費に対して、その制度の安定した維持を図るため、医療、介護の分野における個人負担の見直しも進んでいるところでございます。  こうした社会情勢を的確に捉えながら、効率的な行財政の執行に努め、必要な事業について積極的に取り組んでまいります。  とりわけ、地域活性化の核となる区画整理事業、国道206号線の渋滞解消については、最重要課題と思っております。  

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文

特に立地適正化計画では、長与町及び時津町と締結をしました連携中枢都市圏形成に係る連携協約におきまして、医療や教育等に係る高次な都市機能の集約・強化を、お互いに協力する分野に掲げておりますので、このことを踏まえまして、救急医療施設や交流拠点施設、大学、専修学校を誘導施設に位置づけし、住民が安心して快適な暮らしを営むことができるよう、長与町や時津町も含めた都市圏の形成に向けて都市機能の維持・増進を図る方針

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日

なお、子育て支援として取り組んでおります高校生までの医療費助成や、2人目以降の保育料減額制度、小中学校給食費補助金事業、お子さんの人数に応じて家賃を減額いたします定住促進住宅家賃減額制度等につきましても、移住、定住につながる施策として捉えておるところでございます。

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

高齢化社会の現代において、高齢者への虐待は重大な社会問題の一つであり、平成18年4月には、高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律が施行され、国、地方公共団体、国民、保健福祉医療関係者が高齢者虐待防止のための責務を負うことになったものの、虐待の認知件数は年々増加傾向にあり、厚生労働省の調べによれば、2016年度の在宅における養護者による高齢者虐待は1万6,384件と、前年度比較で2.6

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

後は、行政としては、いろんな税制からの負担を軽減するとか、それから、医療費の補助をするとか、いろんな方法もあろうと思いますけども、今回自分がこれを質問するのは、松浦市で取っておきの制度、よく松浦でこのことを考えたなと、いい制度だなという制度をひとつ知恵を出し合って編み出して、ほかの自治体がこの松浦市の制度を模範とする、そういう制度というものはないのかなというのが今回自分が質問をする主でございます。