8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長崎市議会 2016-12-05 2016-12-05 長崎市:平成28年第5回定例会(5日目) 本文

この樹木を剪定し、7つの資産を表示する案内板を立てるべきだし、このグラバー園の伝統芸能館を2つの世界遺産センターとして整備し、大型映像でそれぞれの施設の価値を紹介するべきであり、日本産業革命に中心的にかかわった長崎の先人たちや岩崎弥太郎、坂本龍馬、海舟高島秋帆、グラバーなどの活躍も明らかにすべきではないでしょうか。国も産業革命のそれぞれの価値を証明するビデオを持っております。

長崎市議会 2015-09-16 2015-09-16 長崎市:平成27年世界遺産・観光客受入対策特別委員会 本文

海軍伝習所まで入れると、結構、キラーコンテンツである海舟とか、そこに弟子入りしていた坂本龍馬とか、そういったところまで広げることができると思いますし、もうちょっとさかのぼると、もともと海軍伝習所ができているということは、長崎警備をそこでやっていたということですし、これが長崎警備のところまで見てみれば、野母崎だとか、伊王島だとか、いろんな長崎合併町まで含めて広がりを持ってPRができるというふうに見

長崎市議会 2011-07-04 2011-07-04 長崎市:平成23年文教経済委員会 本文

ところが、二宮尊徳とか、海舟とか、高杉晋作とか、乃木希典なんかは人物が登場していないんですよ。例えば、二宮尊徳については、江戸時代の後期の農政家で、農業生産が向上した背景に、いわゆる二宮尊徳の勤勉の倫理があったことは事実なんですが、そうしたことについての教え方はどうするんだろうかと。

長崎市議会 2011-06-29 2011-06-29 長崎市:平成23年文教経済委員会 本文

本事業は、幕末勝海舟と坂本龍馬が大分から熊本を通って長崎に訪れたという歴史的な背景を生かしまして、長崎市亀山社中記念館・名誉館長の武田鉄矢氏を主役とした特別記念番組を制作し、福岡熊本大分長崎、各県において放送し、誘客宣伝を図るとともに、番組制作とあわせて、海舟ゆかりの観光丸を活用し、長崎市大分市において入出港セレモニー等を実施し、長崎大分との連携によるPRを積極的に図っていくものでございます

長崎市議会 2010-12-03 2010-12-03 長崎市:平成22年文教経済委員会 本文

テーマはここにありますとおり、龍馬と長崎ということで、海舟、龍馬らが初めて見た長崎、それから亀山社中、それから後藤象二郎と手を結んだ海援隊の結成、最終的に岩崎弥太郎に夢を引き継ぐというふうなムービーサイト、これをつくるということでございます。  そのほかの展示物200万円につきましては、ここの左側のアンダーラインを引いたところ、この部分の展示を変えていくということでございます。  

松浦市議会 2010-06-07 平成22年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2010年06月07日

といいますか、威力というのは、それは大変大きなものがあるということは、今述べられたとおりでございまして、いろいろやはり坂本龍馬ブームに乗って活性化、あるいはいろいろな面での取り組みがなされているということについては、私も十分承知しておるわけでございますが、ただ残念に思うのは、司馬遼太郎さんの「龍馬が行く」については、先ほど言われましたように日比水道という記述があるわけでございますが、この地域が坂本龍馬や海舟

長崎市議会 2006-09-12 2006-09-12 長崎市:平成18年第4回定例会(5日目) 本文

長崎に入港した船の甲板で、腕を組み、仁王立ちに立った坂本龍馬は、二度、三度と大きくうなずき、口を真一文字に結び、瞳を輝かせた龍馬は、幕臣、海舟先生のもとで航海術を学び長崎に自分たちの理想を実現させるための結社をつくりました。これが日本最初の総合商社亀山社中、後の海援隊で、慶応元年、1865年のことです。  

  • 1