3166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐世保市議会 2031-06-25 06月25日-05号

市内の状況については把握しておりませんが、長崎県では毎年、常用労働者を5人以上雇用する1,300事業者を対象として、「労働条件等実態調査」を実施しています。 平成30年度版によりますと、平成28年7月1日から平成29年6月末までの間で出産した女性229人のうち、育児休業を取得した方は199人で、取得率は86.9%となっています。 

平戸市議会 2024-09-03 09月06日-04号

〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(大久保堅太君)  歳出、1款議会費から5款労働費まで、85ページから196ページまでの質疑を行います。 よろしいですか。いいですね。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(大久保堅太君)  6款農林水産業費から8款土木費まで、195ページから278ページまでの質疑を行います。 よろしいですか。  

佐世保市議会 2023-09-11 09月11日-03号

厚生労働省によりますと、支援を必要としている人の60%は二つ以上の問題を抱え、34%は三つ以上抱えて悩んでおられ、その問題の内容は、さきに述べた8050問題や、親の介護をしながら子育てをするダブルケアなどであります。 

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

◆14番(草野久幸君) 確かに、私も労働者の立場で考えれば、雇用条件というのがよくなってきているとは思います。でも、ある反面、そこで苦しんでいる地場の企業も多くなっているということも1つです。 そこで、一番どの業種が人が足らないのか、五島市で。7月の産業求人数を見てみますと、求人数が819名、そのうち医療福祉の部門、要するに介護関係ですよね、これが262名で最も多いんです。

佐世保市議会 2023-06-24 06月24日-04号

労働人口が今後も減少する中、性別や年齢国籍を問わず、多様な人材の活躍推進が企業成長戦略にとって重要となっております。中でも高齢者については、公的年金の支給開始年齢の引き上げに伴って60歳以降の就業率が高くなっている中、定年前後の処遇や役割の変化に対応できず、モチベーションが低下している社員への対応がさらなる活躍推進の課題となっております。

雲仙市議会 2022-09-03 09月03日-03号

厚生労働省の推計によりますと、国民の二人に一人が生涯のうちにがんにかかるとされており、がんは国民生命健康にとって重要な問題であると言えると思います。 国においては、平成18年、2006年にがん対策基本法成立し、この基本法に基づき対策が進められていると思いますが、まずは、国及び長崎県並びに雲仙市における行政側の取り組み状況といいますか、現状について説明を求めたいと思います。 

佐世保市議会 2021-12-11 12月11日-04号

評価に当たりましては、原則として、学識経験者等の第三者から意見を聴取することとされており、その意見を踏まえて私どもが評価の内容を取りまとめ、厚生労働省に報告する必要がございます。 最終的には、報告を受けた厚生労働省が内容を確認し、必要に応じて修正等を行った上で、国庫補助継続の必要性の有無を判断されることとなってございます。 

佐世保市議会 2021-12-04 12月04日-01号

エコスパ佐世保指定管理者の指定の件第50 第242号議案 佐世保市立浅子保育所指定管理者の指定の件第51 第243号議案 佐世保市高島保育所指定管理者の指定の件第52 第244号議案 佐世保市児童館指定管理者の指定の件第53 第245号議案 佐世保市児童交流センターの指定管理者の指定の件第54 第246号議案 佐世保市鹿町地区体育施設指定管理者の指定の件第55 第247号議案 佐世保市労働福祉

雲仙市議会 2021-12-02 12月02日-02号

国民健康保険保健事業実施計画につきましては、平成26年3月に厚生労働省から示された「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」の一部改正において、保険者である地方自治体は、健康医療情報を活用して、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保険事業の実施を図るための計画を策定し、保険事業の実施及び評価を行うこととされております。 

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

◆4番(明石博文君) もう時間も残りわずかになってきて、最後、市長に答弁をいただき、一般質問を終わりたいと思っているんですけど、ことしの4月から働き方改革ということで施行されて、長時間労働是正、そして時間外労働上限規制とか、有給休暇取得の義務化が盛り込まれてきたと、改正されたと思っております。 

佐世保市議会 2021-07-03 07月03日-06号

請願第2号 国に対し「国民健康保険料(税)の国庫負担割合の引き上げ及び子どもの均等割軽減を求める意見書」提出を求める請願第60 請願第3号 「安心して生活できる年金制度政府に求める請願」第61 第103号議案 佐世保市基金条例の一部改正の件第62 第142号議案 佐世保市産業支援センター条例の一部改正の件第63 第143号議案 三川内焼伝統産業会館条例の一部改正の件第64 第144号議案 佐世保市労働福祉

五島市議会 2021-06-26 06月26日-04号

働き方改革については、長時間労働の是正、年次有給休暇を取得しやすくすること等によって、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指す取り組みなどが上げられておりますが、五島市におきましても、毎週水曜日のノー残業デーの実施や時間外勤務が多い部署へのヒアリングを実施するなどして、職員の時間外勤務の縮減に取り組んでおります。 

佐世保市議会 2021-06-20 06月20日-02号

このような状況の中にあって、地域経済の維持・発展を図るためには、企業において労働生産性の向上、つまり従業員一人一人の稼ぐ力を上げるための取り組みや、域外需要の獲得に向けた取り組みが課題になるものと考えております。 

平戸市議会 2021-02-28 12月05日-03号

その一つに、労働者の賃金が減り続けている現状があります。特に、貧困化がますます進んでいる状況にあります。非正規労働者の雇用率は、1997年度が23.2%であったものが、2018年には37.8%、約4割の方が非正規労働者になっている現状があります。特に厳しいのは、1時間当たりの賃金が1997年度と比較してマイナス8%、そして実質賃金でも10%減少しているということです。 

五島市議会 2020-12-25 12月25日-05号

長崎県富江病院の存続を求める意見書 厚生労働省は、令和元年9月26日、全国の公立・公的病院の約3割にあたる424の病院について、再編・統合の議論が必要として病院名を公表した。その中に当市富江町にある長崎県富江病院の名前が挙がったことに対して、地域の命と健康を守る最後のとりでである公立・公的医療機関が、機械的に再編統合されるのではないかと住民の不安を招いている。 

雲仙市議会 2020-12-20 12月20日-05号

12月6日、雲仙市民生委員児童委員の任期満了による一斉改選に伴い、民生委員推薦会等関係機関の御尽力をいただき、136名の方に対し厚生労働大臣委嘱状の伝達並びに県知事からの雲仙市担当委嘱状交付を行いました。さまざまな福祉課題が生じる中、委員の皆様におかれましては市民お一人お一人が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、身近な相談役として御協力をお願い申し上げたところでございます。 

佐世保市議会 2020-12-12 12月12日-05号

し上げた国の総合戦略の中では、まち・ひと・しごとの創生に向けた政策5原則として、「自立性」、「将来性」、「地域性」、「直接性」、「結果重視」の五つを挙げていますが、この中の自立性、直接性という項目の中において、対症療法的なものにとどまらず、構造的な問題に対処し、地方公共団体、民間事業者、個人等の自立につながるようなものであること、また、地方公共団体に限らず、住民代表に加え、産業界・大学金融機関労働団体