6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諫早市議会 2014-09-05 平成26年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文

また、自民党幹事長だった加藤紘一さんは、日本の平和を守ってきたのは中央だけではない。全国津々浦々の保守系地方議員だったのではないかと、保守政党こそが平和主義を支えてきたと自負されています。  同じく、自民党幹事長だった野中広務氏も自衛隊を海外に派遣することは間違いであると明快に言っておられます。

諫早市議会 2014-09-04 平成26年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文

これは元自民党幹事長加藤紘一氏、同じく野中広務氏が述べていることと全く同じです。  政府は、憲法第18条の、「何人も」、略して「その意に反する苦役に服されない」とあります、憲法上認められないと徴兵制を否定しますが、平和憲法解釈改憲でねじ曲げる政権が憲法を盾に何を言っても説得力はありません。まさに今、戦争か平和かの大きな曲がり角に立っています。  

平戸市議会 2014-06-01 06月09日-02号

野中広務さん、古賀誠さん、加藤紘一さんといった歴代自民党幹事長が、次々に新聞赤旗の一面トップに大きな写真で登場して反対を表明しております。歴代内閣法制局長官改憲派の学者などからも、立憲主義の否定だとの厳しい批判が上がっています。 五月十五日、安倍首相が行った記者会見は確信を隠し、架空の事例で必要性を訴えるものでした。

五島市議会 2006-09-14 09月14日-03号

委員長加藤紘一さんのようでございますけれども、この中に今までの経過と、これは8月31日にこの漂流漂着物対策特別委員会が設置されておるようでございます。 この中で、経過説明の中で、長崎県対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町から外国由来漂流漂着ごみ処理責任明確化、これは多分焼却を含めた特区の申請がなされておりますね。まず、このことをちょっとお尋ねします。

大村市議会 2002-03-22 03月22日-09号

◆24番(丸谷捷治君)  いまだかつて経験したことのないデフレスパイラル春闘回答もゼロ、政治鈴木宗男加藤紘一議員が党に迷惑をかけたということで自民党を離党するだけで、国民に何ら責任をとろうとしない無責任さが横行しています。そのけじめのない自民党政治国民生活を守ることはできません。大村市の場合はどうか。

平戸市議会 2002-03-01 03月08日-02号

かつて村山総理のときに自民党議員加藤紘一氏が、日本国将来を思い、代表質問で、暗闇の中にある日本の将来に明るい光が来るのか。今の時代を時刻に例えるならば何時であるかという質問をされたのを思い起こし、油屋市長平戸時刻は何時に考えるかと聞いたことがございます。白浜市長は、今の平戸市の状況を何時ぐらいと考えておられますか。

  • 1