5498件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

総務部長岡部輝幸君)  今言われました審査基準項目でありますけれども、指定管理者選定委員会設置要綱別表審査項目として、1項目め住民の平等な利用の確保、2項目め利用者に対するサービスの向上、3項目として施設の効果的な活用、4項目管理経費の縮減、5項目運営管理体制、6項目として経営の健全性安定性、7項目として個人情報適正取り扱いの7項目を定め、またそれぞれの項目審査の視点を記載して

平戸市議会 2024-09-03 09月06日-04号

代表監査委員(戸田幾嘉君)  この大島診療所管理委託業務につきましては、ここに記載しておりますように、「建物を利用して家賃を無償とするが電気料水道料ガス代は別途計算する額を受託者が負担することになっている」というふうに書いています。一般的な委託業務とは、少し内容が違うんじゃないだろうかというふうな捉え方をしております。 

平戸市議会 2024-04-01 12月06日-04号

昨年から漁民団あわせて、地域の人とあわせて、緑の基金利用して、椿と今、松を植えておりますけども、これは地元で取り組まなければ、早急にやっぱりこの魚つき保安林ということで取り組まないかんだろうと思っているんで、ここのこの基金の援助というのは、これからもあるというふうに認識していいのかな、部長

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

実際、市民皆さん利用するわけですが、今までのつばき商品券とか、そういうものと違って、登録をしなくちゃ、商店も事業所登録をしないと利用できないんですよね。市内のそういう事業所がどれぐらいあって、何%がプレミアム付商品券取扱登録店となっているのか。そして、どういう事業所利用できるのか、その点についてお伺いをいたします。 ◎市民生活部長戸村浩志君) お答えをいたします。 

平戸市議会 2023-06-11 06月20日-05号

まず、承認第1号のうち、専決第1号「平成30年度平戸市一般会計補正予算(第7号)」中、福祉部長寿介護課所管高齢者いきいきおでかけ支援事業に関して、本事業は、昨年度から1年目の新規事業であったとはいえ、いきいきおでかけ券の申請率利用率が低いようであるが、申請率利用率の向上に向けた今後の取り組み方をどのように考えているのかとの質問に対し、現在実施しているアンケート調査の結果を十分に分析し、より使い

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

産業部長谷川裕行君) まず、県との協議で不測の日数を要した問題点でございますけれども、当初の利用計画上は緑地となっておりましたが、その全てを工業用地に用途変更することについては、県のほうで難色を示されておられました。この中で、協議を重ねる中で県からも御理解をいただきまして、現在は申請書記載内容について、最終的な協議を行っているところでございます。 

五島市議会 2021-06-26 06月26日-04号

今年度は、平成31年4月25日から令和2年2月29日までの販売予定でございまして、6月10日時点で、五島市では79人が利用しているところです。県全体では414人でございます。 引き続き、利用できる体験メニューの充実・拡大を図り、情報発信に努め、利用促進してまいります。 以上でございます。 ◆4番(明石博文君) いろんな事業のほうも、五島のほうには、30%とか、やっぱり高いのかなと思っております。

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

このプロジェクトは、磯焼けの一因ともされるアイゴやイスズミ、ブダイなどの未利用魚を加工し都市圏販売することで、漁業者所得向上や持続可能な漁業の実現を目指すものです。 開発された商品五島のフィッシュハムは、かまぼこ製造会社である株式会社浜口水産ブダイやシイラを利用して無添加の商品を開発したもので、年間2万枚の販売を予定しております。 

雲仙市議会 2020-12-03 12月03日-03号

福祉タクシー券利用促進についてお尋ねいたします。現在の利用状況をお尋ねいたします。 ○議長松尾文昭君) 東健康福祉部長。 ◎健康福祉部長福祉事務所長東裕実君) 福祉タクシー利用状況についてのお尋ねでございますけれども、交付対象者につきましては、市内在住の70歳以上の高齢者でございます。 平成29年度の実績は、交付対象者1万838人に対しまして3,942人に交付をしております。

雲仙市議会 2020-11-28 11月28日-01号

まず附則第2項は、雲仙小浜北串住民センター設置利用及び管理等に関する条例の一部改正でございます。第4条第1項及び2項におきまして、産業部から農林水産部に部の名称を変更しようとするものでございます。71ページをお開きください。次に、雲仙農業振興地域整備促進協議会設置に関する条例の一部改正でございます。