運営者 Bitlet 姉妹サービス
549件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 そういうことを一つの仮定として考えれば、どうしてもやはり出生、あるいは子育てに対するそういった費用、いろんな医療費とか学費とかありますけれども、そういったことを もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 それでは、市長がいつもいろんな挨拶の中で特殊出生を持ち出されますけど、全国とも比べて最近の推移というか、それをお願いします。   もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第5号) 本文 まず、子供の人数と合計特殊出生についてお話をします。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 ◆7番(田中秀和君)   それでは、2025年の10万人のために、出生が2020年で1.9、25年で2.0というふうにされていると思います。 もっと読む
2018-09-06 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−01号 保育料無償化」に関する調査結果によると、回答した自治体の多くが「自治体業務が増え、対応できるかが不安」との意見であるが、本市の見解について  (2) 昨年の国内の合計特殊出生 もっと読む
2018-09-01 島原市議会 平成30年9月定例会(第4号) 本文 古川市政になって、この子育てにやさしいまちづくりが発足して、かなり子育てに対する軽減がされておると思いますが、その中で市長がよく言われる、合計特殊出生が2.07 もっと読む
2018-06-19 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号 政府は、子育て世帯の費用負担を軽くして、出生を高めることを目的に、幼児教育、そして保育の無償化を来年の2019年10月、消費税の10%への引き上げにあわせて、本格実施 もっと読む
2018-06-01 島原市議会 平成30年6月定例会(第5号) 本文 ないというふうなことで、職種次第ではそれなりの人数が応募されているような状況にもなっておるようでございますけど、やはり全体的に見たときには大変厳しいという中で、国はその対策として出生 もっと読む
2018-06-01 島原市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 まず、特殊出生についてですが、最近、市長は必ずこの数字が上向いてきたんですよということをいろんな場所で演説をされますけれども、その計算式と結果について教えてもらっていいですか もっと読む
2018-03-09 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 そこで、一つお尋ねですけど、さきに公表されておりましたけど、西海市出生というのは、現在一番新しいので何人でしたでしょうかね。 もっと読む
2018-03-08 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−04号 それだけの出産、出生がないといけないということでありますので、まずは自分の基本姿勢であります市民目線に立って、そして最重点課題としては、やはり人口減少、この対策 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 結果的に結婚率だとか出生だとか見ても、額面の給料が高いところに行ったほうが逆になっているというのも明らかで、地方のほうがよっぽど結婚率も出生も住みやすさもいいという もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 やかに育つまちをつくるという基本目標を定め、子どもの医療費助成の対象の拡大や多子世帯における保育料軽減の要件緩和など、子育て環境の充実等に取り組んでおり、合計特殊出生 もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-26 長崎市:平成30年第1回定例会(2日目) 本文 数値目標である合計特殊出生については、平成27年は1.47で、対前年プラス0.07ポイントの増となり、昭和50年以来40年ぶりに国の数値を上回り、平成28年においても もっと読む
2018-01-01 長崎市議会 2018-01-24 長崎市:平成30年雇用・人口減少対策特別委員会 まとめ そのため、自然動態における人口減少対策としては、合計特殊出生をど   のようにして上げて出生数を維持するかが重要となっている。     もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-12 長崎市:平成29年雇用・人口減少対策特別委員会 本文 その中で、自然減対策子育て環境の充実につきましては、平成28年の合計特殊出生1.48ということで40年ぶりに国の状況を上回ってきているということで、3,100 もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-07 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 そういう中で、もう20年たったら10万人減るということで、まさにそれは出生の関係とかそういう関係があるんでしょうけど、それを交流人口でカバーしていこうというのももう もっと読む
2017-12-07 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月07日−03号 そういった中において、前向きな施策を打ち出していくということが、さらなる出生の増加、人口の増加にもつながることと判断し、ここについては、極めて攻めの姿勢を持った もっと読む
2017-12-01 島原市議会 平成29年12月定例会(第2号) 本文 あるいは第2子以降保育料の無料化、中学卒業までの医療費の助成など、子供を持つ若い世代への負担軽減を実施させていただき、そのことがマックスで2.04という合計特殊出生 もっと読む
2017-11-11 長崎市議会 2017-11-30 長崎市:平成29年第5回定例会(2日目) 本文 具体的には、人口の自然動態の目標として、平成42年の合計特殊出生1.80及び平成52年の2.00を目指し、社会動態の目標としては平成52年までに転入転出の均衡に もっと読む