1025件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2020-03-19 令和2年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2020-03-19

(仮称)子ども・子育て総合センター整備事業【予算額1億5,360万円】について、駐車場マンション居住者専有分以外を店舗や施設共有するとのことだが、(仮称)子ども・子育て総合センター専用の駐車スペースはあるのか、との質疑に対し、センター専用の駐車スペースは設けず、駐車場共用部分に空き状況を見て駐車してもらうことを想定している。

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

以上、審査経過の概要を申し上げましたが、工事の工法変更に至る経緯等については、わかりやすい資料提示や説明を心がけてほしい、ふるさと納税については、新たな返礼品の追加や効果的なPRを検討し、利用者がさらにふえるようにしてほしい、旧グラバー住宅の保存修理工事は、今後も文化観光部と建築部とで工事の進捗などの情報共有し一体となって進めてほしい、各款において、継続費や入札不調等による繰越明許費が計上されていることを

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

この2つの土地はともに2名の共有名義でした。お一人が持ち分2分の1で丸尾 清、その相続人が4名ですが、この方たちにつきましては所有権移転の同意確認について文書を送付した後、地元に居住する相続人のお一人と接触することができました。お話をさせていただいた結果、長崎市への所有権移転について相続人4名の皆様から了解を得ることができましたので、長崎市への所有権移転登記が完了しております。

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

これに対し中期計画では、地域医療連携ネットワークシステムの活用を充実させるなど、患者情報共有を図ることや、一番下の行です、在宅医療や在宅介護につなげるため、連携を強化すること、これ13ページに続きますが、地域医療構想を踏まえ、地域の関係機関との協議を行い、医療需要に即した地域医療機関との役割分担、機能分化や連携に向け、診療体制の見直しや必要な病床数の検討を積極的に進めることを計画に掲げております

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

あと保護者家庭教育ということで、少人数で話し合う形式のワークショップを開催をしておりまして、そういったところで保護者が悩みを共有したりする場を通じて、家庭内の教育について振り返っていただいたり、自分だけが困っているんじゃないなという、そういう困り感の共有であったり、そういう場を設けることを主な事業としております。  

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

あわせまして、協議会ができたところに関しては、やはりこれから運営に関しての支援がとても重要になってくると考えておりまして、そちらに関しては、協議会、今、全部で17地区できてはいるところですが、先日、協議会代表者の方々にお集まりいただきまして、今後協議会同士でのネットワークの会議、情報共有の会議をしてはどうかというご提案をさせていただいたところです。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年総務委員会 本文

2.事業内容に記載のとおり、今回はエイジングをテーマに野母崎地区の歴史や記憶、歳を重ねることで見えてくる風景や後世への継承などを共有しながら、アーティストと市民が一緒に作品をつくっていくこととしており、(1)に記載のとおり、イベントのタイトルを「じかんのちそう」といたしております。  恐れ入りますが、資料の10ページをお開きください。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

これらを地域内外の市民、事業者などと共有するため、まちの機能や人々の行動を示したイメージ図を作成します。これらの調査・分析及びまちづくり計画の策定支援を委託するものでございます。  58ページをお開きください。(2)(仮称)東山手・南山手地区まちづくり協議会への助成でございます。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

地域で小中連携してどういう子どもを育てていけばいいのかというのをまずは校長が集まって協議をして、じゃ、6年間、9年間でこんな子どもを育てていこうというような共通理解をした上で新年度をスタートするというようなシステムが整っているところでございますが、それぞれいろんな部署、地域でいろいろな取り組みのやり方、方法も違いますので、さらにそれが効果的な活動になっているのかどうかということについても、しっかり共有

諫早市議会 2020-03-07 令和2年第1回(3月)定例会(第7日目)  本文

また、今月16日には諫早市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、即応体制を整備するとともに引き続き情報の収集や共有等を行ってまいりたいと存じます。今後の状況によっては、特別の措置が必要となる可能性もございますので、国、県及び関係団体等と十分に連携を図りながら、財政支援策などを含め、適切に対応してまいる所存でございます。  新型コロナウイルスによる影響は、スポーツ界にも及んでおります。

長崎市議会 2020-03-06 2020-03-06 長崎市:令和2年総務委員会 本文

また、あるいは、今長崎市内には高架橋ができてきて、高架下の有効活用というのも考えると、この辺の高架下の有効活用あたりも、ある程度スケジュールというか、もちろんこの宿泊税の導入にあわせながら、そういったところの整備についても、幾つか所管またがりますけど、そのあたりのイメージ共有というのはできるのかなというのを懸念しています。  

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

なお、計画の策定に当たりましては、DMOと協議、連携しながら国内外の観光客のほか、MICE、スポーツ文化などに係る来訪客を含め、まち全体で受け入れ、利益を享受するためDMOを初めとする民間と長崎市とが官民共有する方向性やそれを達成するための基本的な施策を策定してまいりたいと考えております。  続きまして、5ページをごらんください。

諫早市議会 2020-03-05 令和2年第1回(3月)定例会(第5日目)  本文

自治体には、基本方針を決定し、地域のあらゆる関係者に働きかけて共有する仕組みによって、地域内に分散しているフォーマル、インフォーマル資源を統合しながら取り組みを推進していく努力が求められる」というふうにあります。  少し飛びまして、この基本方針が「同一の目的の達成のために、地域内の専門職や関係者に共有される状態を、本報告書では規範的統合とよぶ。

諫早市議会 2020-03-03 令和2年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

本市におけるこれまでの対応といたしましては、各部局の次長職員を構成員とする連絡会議、それから、部局長会議を随時開催しながら、庁内における情報共有や注意喚起を行うほか、検討が必要なものについては、市全体としての方向性を調整しながら意思決定を行っているところでございます。