運営者 Bitlet 姉妹サービス
45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 検討の結果、市による直接の活用の見込みがない場合には、積極的に売却や貸し付けを行うこととしており、その際は他の施策との関連性の検討、活用方法の指定や入札参加条件を設けるなど、処分後の一定の行政関与を担保することの必要性、公募型プロポーザル方式による売却や事業用定期借地権を設定した貸し付けといった公民連携の手法の可能性など、庁内の関係部局の連携のもとでさまざまな可能性を検討いたします。 もっと読む
2017-12-06 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月06日−02号 これは本当、見てわかったのは、公民連携が行われている。市民が協働ですごくお手伝いをしているというのが肌で感じられました。これは私も感動しました。これは私だけじゃなかったと思います。ほかの4人も見ていて、あの人もボランティア、あの人もボランティア。高校生、大学生、お年寄り、すごい方が至るところにいらっしゃいました。  私も問い合わせてみました。ボランティアの数は何名でしたかと聞いたんです。 もっと読む
2017-11-11 長崎市議会 2017-11-30 長崎市:平成29年第5回定例会(2日目) 本文 1.市長の政治姿勢についての(1)民間との共創についてですが、共創とは、横浜市で使われている公民連携を意味する言葉で、企業、NPO、大学、市民団体などの多様な民間の皆様と行政とが対話を通じて連携を進め、それぞれの持つアイデアやノウハウ、資源などを活用することで社会的課題や地域課題に対し、新たな価値や解決策をともに見出し、つくり上げていくことを意味します。 もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-19 長崎市:平成29年総務委員会 本文 それから、公民連携と言われますけれども、そのPPP手法の優先的検討方針をまとめること。それと、職員向けの啓発研修を行うという4つの大きな取り組みを考えておったところなんですが、そのうちの最初に申し上げました地区別計画につきましては、庁内でその事前の準備となります配置基準の協議というのが結構時間がかかった結果、着手にまだ至らなかったということで、これについては取り組めなかった。 もっと読む
2017-06-22 長崎市議会 2017.06.22 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 それともう1点は、施設の規模の話も委員からありましたけれども、やはり今のいわゆる公民連携手法の中で、一旦この民間の皆さんに考え方を聞くっていうのは有効ではないかなと思います。確かに今の規模はかなり限られた施設でありますし、利用料金制をとっていますけれども、料金も500円程度ですのでそんなに高くありません。 もっと読む
2017-06-21 長崎市議会 2017.06.21 長崎市:平成29年総務委員会 本文 長崎市が、公共施設マネジメントを推進するに当たりましては、3つの取り組み方針、施設整備の選択と集中、保有床面積の削減、新たな財源の確保、この3つを取り組み方針として定めておりまして、このうち新たな財源の確保というところの具体的な取り組み方針として、PPP(公民連携)の導入というものを掲げまして、民間活力の積極的な活用を進めていくこととしております。 もっと読む
2017-06-19 長崎市議会 2017.06.19 長崎市:平成29年第2回定例会(5日目) 本文 その中の、当時の山口理財部長の答弁ですけれども、「十八銀行と長崎市とで協議を行い、この移転建て替えを機会に民間資金に施設整備など公民連携手法の導入を検討することにしました」と。「具体的には、民間のアイデア等を積極的に活用し、行政機能と金融の機能に新たな価値を加えることで、地域住民の快適な暮らしに寄与し、地域のにぎわいに資する土地活用プランの検討を行うこととした」と。 もっと読む
2017-06-16 長崎市議会 2017.06.16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文 また、私は以前よりホテル税の導入を、同僚議員からは公民連携型包括施設管理による支出削減、事務作業の低減を訴えてきました。その進捗状況をお聞かせください。  6.労務管理について。  長崎市正規職員のうち、メンタル不調が原因で病休や休職されている方が年間約80人ほどと聞いています。例えば、メンタル不調で休職になった人数はどれくらいなのか。10年前、5年前、直近の数字をお示しください。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-21 長崎市:平成29年総務委員会 本文 長崎市が、公共施設マネジメントを推進するに当たりましては、3つの取り組み方針、施設整備の選択と集中、保有床面積の削減、新たな財源の確保、この3つを取り組み方針として定めておりまして、このうち新たな財源の確保というところの具体的な取り組み方針として、PPP(公民連携)の導入というものを掲げまして、民間活力の積極的な活用を進めていくこととしております。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文 また、私は以前よりホテル税の導入を、同僚議員からは公民連携型包括施設管理による支出削減、事務作業の低減を訴えてきました。その進捗状況をお聞かせください。  6.労務管理について。  長崎市正規職員のうち、メンタル不調が原因で病休や休職されている方が年間約80人ほどと聞いています。例えば、メンタル不調で休職になった人数はどれくらいなのか。10年前、5年前、直近の数字をお示しください。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-22 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 それともう1点は、施設の規模の話も委員からありましたけれども、やはり今のいわゆる公民連携手法の中で、一旦この民間の皆さんに考え方を聞くっていうのは有効ではないかなと思います。確かに今の規模はかなり限られた施設でありますし、利用料金制をとっていますけれども、料金も500円程度ですのでそんなに高くありません。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-19 長崎市:平成29年第2回定例会(5日目) 本文 その中の、当時の山口理財部長の答弁ですけれども、「十八銀行と長崎市とで協議を行い、この移転建て替えを機会に民間資金に施設整備など公民連携手法の導入を検討することにしました」と。「具体的には、民間のアイデア等を積極的に活用し、行政機能と金融の機能に新たな価値を加えることで、地域住民の快適な暮らしに寄与し、地域のにぎわいに資する土地活用プランの検討を行うこととした」と。 もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016.09.09 長崎市:平成28年第4回定例会(5日目) 本文 次に、大きな2点目、公民連携型包括施設管理についてお伺いいたします。  地方自治体の財政状況が厳しさを増す中、公共施設マネジメントの観点から、インフラの老朽化対策、維持更新費用の縮減が課題となっており、住民にとって必要なサービスの質を確保しつつ、公共施設の整備、維持更新と財政健全化を両立させるためには、より一層、維持管理のコスト縮減を図るとともに、民間のノウハウを最大限活用することが重要です。 もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016-09-09 長崎市:平成28年第4回定例会(5日目) 本文 本市においても公民連携の手法で、施設の維持管理コストの縮減、事務量の低減を目標に包括的施設管理の手法を用いた取り組みはできないか、市の見解をお伺いいたします。  次に、大きな3点目、防災・減災対策についての(1)被災者支援システムの活用についてお尋ねいたします。   もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016-09-07 長崎市:平成28年第4回定例会(3日目) 本文 横断する都市計画道路滑石町線(県道28号線)は、現在長崎県が道路拡幅を進めており、本年10月に滑石支所となる予定の滑石事務所については、県から滑石3丁目9番街区への移転を打診されており、同じく株式会社十八銀行滑石支店も県から同街区の支所移転予定地の隣接エリアに移転を打診されていたため、株式会社十八銀行と本市とで協議を行い、この移転建て替えを機会に、両者の敷地を一体利用した民間資金による施設整備など公民連携手法 もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016-09-01 長崎市:平成28年第4回定例会 通告一覧 防災行政について    (1) 中島川流域の防災     ア 7.23長崎大水害後の事業成果     イ 銅座川とシシトキ川の対策   2 福祉行政について    (1) 生活保護制度     ア 不正受給対策     イ 各種支援事業  ○ 林 広文議員[平成28年9月9日(金)]   1 地方創生総合戦略について    (1) 「生涯活躍のまち」構想    (2) 広域連携の推進   2 公民連携型包括施設管理 もっと読む
2016-09-07 長崎市議会 2016.09.07 長崎市:平成28年第4回定例会(3日目) 本文 横断する都市計画道路滑石町線(県道28号線)は、現在長崎県が道路拡幅を進めており、本年10月に滑石支所となる予定の滑石事務所については、県から滑石3丁目9番街区への移転を打診されており、同じく株式会社十八銀行滑石支店も県から同街区の支所移転予定地の隣接エリアに移転を打診されていたため、株式会社十八銀行と本市とで協議を行い、この移転建て替えを機会に、両者の敷地を一体利用した民間資金による施設整備など公民連携手法 もっと読む
2016-09-05 雲仙市議会 平成 28年 第3回定例会(9月)-09月05日−02号 次に、先月29日、衆議院会館にて、公民連携定住対策推進自治体連絡会講習会があり、勉強させてもらいました。私が関心を持ったのはPFI・PPPへの取り組みであります。内閣府民間資金等活用事業推進室が支援をしている事業であり、PFIとはプライベート・ファイナンス・イニシアティブ、公共施設等の建設、維持管理、運営を民間の資金、運営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。   もっと読む
2016-06-27 西海市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月27日−資料 西海市の有機農業振興のため、公民連携で取組むことができないか、伺う。 質問事項3  地域おこし協力隊について 質問の要旨 (1) 地域おこし協力隊について、これまでの事業をどう評価して、今後どのように事業を展開していくつもりか、伺う。 (2) 地域が抱える課題解決型として、より地域に根差した活動にすべきではないか。 もっと読む
2016-06-22 長崎市議会 2016.06.22 長崎市:平成28年総務委員会 本文 平成28年度は、新たに公共施設マネジメントの一環として、民間資金による施設整備など公民連携の導入の検討等、公民連携手法の実践へ向けて取り組んでいるところでございます。  本日は、公民連携手法の導入による建て替えの可能性の検討を行っております滑石支所共同建て替えの検討及び市場調査の実施について、現状をご説明させていただきます。   もっと読む