120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-11-26 2019-11-26 長崎市:令和元年第5回定例会(1日目) 本文

市民が求める公共サービスの充実が図れなくなることから、公共施設削減ありきの進め方は見直すべきです。  次に、三方山環境対策費については、市民の水がめである神浦ダムの上に位置する三方山に、大量の廃棄物が不法に投棄され、埋めてある事実をこのまま放置している現状を認めるわけにはいきません。国や県とも協議し、早急に抜本的な改善策を講じることを求めます。  

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

そういう適正な公共サービスを受けられる生活環境の維持ということが重要であると考えておりますので、この点につきましては各分野との連携も、それぞれのところが認識しておられることと思っておりますので、私どももそこと連携して、今後もまちづくりに取り組んでまいりたいと考えております。  

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年環境経済委員会 本文

140 ◯大石史生委員 1つだけちょっと意見というか、それに対する見解をお聞かせいただきたいんですが、これは国の方針のもとで一定の公共サービスをずっと民間に委託していくという大きな流れの中での1つの行革だという形で私は思っています。民間委託に関し、私たちはこれを認めていません。

松浦市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月19日

働く場があり、暮らしていける所得が得られ、かつ、保育教育などの子育て高齢者福祉などの公共サービスが受けられる環境があるかどうかです。人口の動態はその結果としてあらわれるものです。今、松浦市は第2次総合計画を策定しようとしています。これをもって、どういう連携を目指すのかが検討されるべきと考えます。  そして2点目に、基本方針です。

諫早市議会 2018-12-03 平成30年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

個々の状況で言いますと、例えば道路にしてはどうかとか、公共施設はどうかとかいうことになりますと、随分と時間はかかってしまいますので、そこはもうこれまでの実績を評価していただくしかないのですけれども、土地政策それから私、「為・職・住」と呼んでいるのですけれども、要するにサービスの向上、福祉サービスをはじめ、住みやすいまち、そこに住みたいまちにするためには、どうすればいいのかということは、やはり公共サービス

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会 通告一覧

  4 地域おこし協力隊の実績と今後について   5 外海地区について    (1) 光ケーブルの敷設    (2) 池島地区への支援    (3) 外海中学校建設の進捗状況と開校までのスケジュール  ○ 中西敦信議員[平成30年12月4日]   1 地域循環型経済に向けた取り組みについて    (1) 小規模企業振興条例の制定    (2) シュタットベルケ(地域自治体出資のエネルギー公共

長崎市議会 2018-06-12 2018-06-12 長崎市:平成30年第2回定例会(2日目) 本文

その中の市民の視点からのマネジメントの方針の1つとして、市民、民間事業者との連携・協力を掲げ、行政と民間が連携し、お互いの強みを生かしながら行政と民間の適切な役割分担のもと、両者が連携して公共サービスの提供を行うスキームである公民連携による施設の管理運営の推進を図ることとしております。

諫早市議会 2018-06-05 平成30年第2回(6月)定例会(第5日目)  本文

市は、諫早市公共施設等総合管理計画の中で、公民が連携して公共サービスの提供を行うPPP手法の活用をうたっております。  PPP手法の一つであるPark─PFIを活用することは、公園に来園された市民の皆様に対するサービスの向上と市の管理コストを削減する効果があります。  

諫早市議会 2017-12-04 平成29年第6回(12月)定例会(第4日目)  本文

郷土芸能を伝承し、未来へつなげていくように、諫早市諫早市であり続けるために、私たち議員も未来を託せるよう健全な財政状況で必要な公共サービス、受益者負担を心がけ、市民生命財産を守り、福祉の向上を考え、議会活動を行っていきたいと思います。  本日は、諫早高校1年生、270名の生徒さんが授業の一環で傍聴に来られています。背中に感じる熱い視線を力に質問をさせていただきました。  

長崎市議会 2017-06-21 2017-06-21 長崎市:平成29年総務委員会 本文

PPPですけれども、公民連携あるいは官民連携などとも言われまして、公共と民間が連携して互いの強みを生かして適切な役割分担の中で、公共サービスの提供を行うという事業手法のことでございます。これからの公共施設の整備や運営の手法として、積極的に取り入れていく必要があると思っております。

長崎市議会 2017-06-19 2017-06-19 長崎市:平成29年第2回定例会(5日目) 本文

低未利用資産の利活用に当たっては、民間の活力やアイデアを取り入れる観点から、行政と民間が連携し公共サービスの提供を行う公民連携の手法についても取り入れていきたいと考えております。議員ご指摘のように、全国的には福祉施設企業のサテライトオフィス、宿泊施設などへの活用や、広く民間に活用方法のアイデアを募集し、民間の事業提案により再整備を行い、地域のまちづくりに貢献している事例もございます。  

長崎市議会 2017-06-16 2017-06-16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文

果たしてこれが、公共サービス行政サービス、また、長崎に訪れる観光客の方々におもてなしをする、そういう気持ちを持って行わなければならない業務を、全く最低賃金に近い単価で、労務費で働いてくださいと、これじゃモチベーション上がりませんよ。だから、あなたたちはもう、1回そういうふうにして契約を結んでしまえば、発注すればは知りません。

長崎市議会 2017-03-16 2017-03-16 長崎市:平成29年第1回定例会(6日目) 本文

公共施設マネジメント計画は、今後15年で公共施設の床面積25%の削減を推し進めようとするもので、市民が求める公共サービスの充実が図れなくなることから削減ありきの進め方は見直すよう求めます。  次に、旧公会堂解体費が計上されていますが、旧公会堂については、この間、二度の住民投票を求める直接請求が行われました。

長崎市議会 2017-03-13 2017-03-13 長崎市:平成29年総務委員会 本文

それから、税の証明窓口を委託することについてということでございますけれども、公共サービスに関する国の指針、民間委託の指針というのが示されておりまして、窓口業務でございますので、業務の繁閑というのがかなりございます。そういう部分もございまして、国でも、民間の活力、ノウハウを活用するようにという考え方を示されておりますので、その示された範囲の中で委託を実施してまいりたいと思います。  

諫早市議会 2017-02-02 平成29年第1回(2月)定例会(第2日目)  本文

としたときに、限られた財源で公共サービスのリストラというのは当然必要になってまいります。その中で出てくるのが自治体業務の絞り込みの重要性、これはもう当然考えられることだと思います。  それからまた、人口の増減に関係なく、道路河川の整備費や環境対策費などは、人口が変動してもこれらが変動することは余りないと。ということは、これはどうせしないといけないという形になるわけで固定になるのですね。