2583件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2024-04-01 12月06日-04号

また、ICT教育推進整備事業では、教育現場におけるタブレット端末の導入により、児童生徒理解力の向上を図るための教育環境整備してまいりました。 基本目標4「定住移住の促進、まちをつくるプロジェクト」においては、移住定住環境整備事業では、本市移住定住を希望する方に対し、住宅取得費中古住宅改修費に対する支援を行ってまいりました。

雲仙市議会 2022-09-03 09月03日-03号

教育委員会といたしましては、従来から小規模校の早急な統廃合を進めないながらも、児童生徒数の推移を注視し、個別の学校の実態を考慮しながら、保護者地域住民理解を得て対応していくという考えのもと児童生徒学級数などの数的ラインを設けないまでも、その状況を把握しながら、継続的に検討していくことが必要であると考えております。 以上です。 ○議長元村康一君) 浦川康二議員

雲仙市議会 2021-07-05 07月05日-05号

へき地児童生徒援助費等国庫補助金について、統廃合後5年間、国庫補助金を受けることができ、6年目からは補助を受けられないと説明があったが、事業自体は続くのかとの質疑には、続けていきたいと考えているとの答弁がありました。 別に異議はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 議案第17号動産の買入れについて。 

雲仙市議会 2020-12-20 12月20日-05号

青少年健全育成につきましては、12月7日、雲仙青少年健全育成協議会の主催による第14回雲仙市少年の主張大会が開催され、市内各町の代表として14名の児童生徒の皆さんが出場し、学校家庭で感じたこと、社会に対しての提言などの発表が行われました。各部門の最優秀賞を受賞された愛野小学校6年の中島晃永さん、瑞穂中学校2年の本多満世留さんに心からお祝い申し上げます。 

五島市議会 2020-12-10 12月10日-04号

現在、学校による雑がみ拠点回収推進をしておりまして、まずは拠点回収を強化して、児童生徒、子供さんから各家庭に意識の普及を図っていきたいというふうに考えております。 また、事業所ごみ減量化につきましてですが、過剰包装の抑制や資源ごみ回収推進などの協力を要請することとし、事業所におけるごみ適正分別及び減量化推進体制整備推進してまいりたいというふうに思います。 以上でございます。

平戸市議会 2020-11-25 12月02日-01号

教育委員会教育総務課学校教育課所管では、スクールバスや学校管理経費に関連する「平戸市立小・中学校児童生徒数の推移」に関し、1学級当たり児童生徒数が10人未満の学校が、小学校で6校、中学校で4校あるが、今後の学校統廃合方向性はどのように考えているのかとの質問に対し、平成28年3月に平戸市立学校等適正規模適正配置基本方針を策定し、これをもと適正規模適正配置を進めている。

雲仙市議会 2020-09-27 09月05日-05号

児童生徒サポートセンター事業効果検証において、訪間指導員がスクールソーシャルワーカーと連携して支援を行ったと検証されてあるが、具体的にはどのようなことを実施したのかとの質疑には、児童生徒サポートセンター事業には、訪間指導員1人を配置しているが、主な業務として、不登校児童生徒家庭訪間学校拠点として保健室登校子ども支援、公民館などの社会教育施設における個別指導を実施しケアに努めている。 

五島市議会 2020-09-06 09月06日-02号

次に、同じく補正予算資料11ページ、危険ブロック塀等除却支援事業について、これは、通学路に面した危険ブロック撤去補助ができるようになったということですが、通学路とは、その年の児童生徒の通学する地域がどうなるかということで変わると思うんですけども、その点、現在は通学路ではなくっても、子供たちが通常利用する道路についてはどのような補助が、その2にもかかわるんですけど、そういうところでも補助対象になるのかどうかということでお

平戸市議会 2020-08-26 09月02日-01号

児童生徒が郷土への理解を深め、食に関する正しい知識と判断力を身につけることができるよう、今後ますますの御活躍を御祈念申し上げます。 次に、去る7月24日から26日までの3日間、文化庁が主催する文化財保存活用地域計画研修会が開催されました。全国の自治体から約140名が参加し、計画策定の要点を学ぶとともに、平戸市街地に点在する多様な文化遺産活用をテーマとしたフィールドワークが行われました。 

五島市議会 2020-06-19 06月19日-01号

令和年度学校数は、併設校4校を含む小中合わせて21校、学級数は、特別支援学級29学級を含む小中合わせて152学級児童生徒数2,476名でスタートしました。前年度と比較しますと、学級数は同数、児童生徒数は48名の減となっています。 なお、小学校において複式学級を有する学校は、14校中7校、小学校通常学級83学級のうち14.5%に当たる12学級複式学級となっています。

佐世保市議会 2020-06-18 06月18日-04号

実施に当たりましては、新しい学校生活様式に基づきながら、整備された学校空調設備を十分に活用した熱中症対策など、児童生徒の健康、安全に一層留意してまいります。 また続きまして、再度臨時休業になった場合の対応でございますが、委員会といたしましては、たとえ臨時休業中であったとしても、児童生徒の学びを決して止めてはいけないという強い認識の下、文部科学省が示す方針に基づき必要な措置を講じてまいります。

佐世保市議会 2020-06-08 06月08日-01号

今回の補正予算は、その第3段階計画的支援段階)として、本市経済の回復・活性化のため、国の令和年度補正予算(第1号)などの活用と併せ財政調整基金を取り崩して事業規模約55億円の経済対策を実施することとし、プレミアム分15%を含む過去最大規模となるプレミアム付商品券「させぼ振興券」の発行などを行うとともに、Society5.0時代を生きる児童生徒に必要となる資質・能力を育み、また、家庭での学習支援

諫早市議会 2020-06-04 令和2年第3回(6月)定例会(第4日目)  本文

の手元に届くよう様々な処置を優先する児童生徒の設定とか、調達行為等早期着手、可能な限りの納品の前倒し、中学校3年生とか小学校6年生という意味だと思いますけども、優先する児童生徒分の納期分割選考などとか、あとセット等作業工程簡略化というふうな指示が出ております。