運営者 Bitlet 姉妹サービス
3335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日 市内の小学生や、その保護の方々に、そういったことで演劇に興味を持ってもらうというふうな取り組みを行ってきたという実績がございます。 もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第6号) 本文 生活保護費の生活保護事務費について、生活保護の推移と返還金が生じた理由についての質疑には、生活保護の平均人数が、平成25年度は560名、26年度は587名、27年度は602名と徐々に増加し、27年度では、生活保護費の扶助費が約10億円近い決算となった。28年度も横ばいであったため、29年度では平均人数を600人程度とし、10億円近い予算を立てていた。 もっと読む
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号 そのほか、高齢者施設等防火防犯対策・耐震化事業における国の補助金が不採択となった理由や被保護就労支援事業における就労を開始した被保護の動向について確認するなど、内容を検討した次第であります。  最後に、教育委員会におきましては、奨学金事業において、給付型奨学金の採用人数を確認し、理事者からは、平成29年度は、応募者がいなかったとの答弁があっております。   もっと読む
2018-09-14 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 何かあると保護から学校に対する不信というものが表面化して問題化することがあるわけでございますが、対策として、普段から保護、親との情報共有というものが大変大事だろうと思っております。そのあたりの連携について、お尋ねをいたします。 ◎教育政策監(丸山克彦君)   大村市の学校におきましては、不登校については、どの子供にも起こり得ることということを前提に対応しています。   もっと読む
2018-09-13 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 私としては、一日でも早く、保護や子供の、また教職員の気持ちを酌みたいとは思っております。  以上です。 ◆11番(城幸太郎君)   中学校が先行していると、よく今議会で言われていますけど、大村市民としては、中学校が先行することに皆さん疑問を持っているんです。なぜ中学校が先なんだと。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 ◎こども未来部長(川下隆治君)   現在、双子の保護さんに特化したサービスというものは、特に設けているところではございませんが、近くに頼れる方がいない、または家事とか育児で困っている方向けに、子育てサポーター、事業者の方がいらっしゃるということがございますので、そういった紹介を市の子育てガイドブックのほうで御紹介しているところでございます。 もっと読む
2018-09-11 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−03号 そういったところの首長がそういう認識では、非常に保護、子供たちがかわいそうだと思いますけれども、早く小学校の設置については明言をすべきと思いますけど、いかがでしょうか。 ◎市長(園田裕史君)   済みませんけど、交付税のことについてですか、それとも設置することについて。設置について、では交付税の分は御理解いただいてよろしいですか。   もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 市の要綱で補助金が全国大会は小学生2万円、中学生2万円、高校生1万円と一般1万円となっておりますが、中学生とした場合には7万円から8万円かかって、補助金が2万円とすれば、5万円から6万円が保護負担となっています。 もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 ただし、教職員につきましては、生徒指導や保護の相談など教科指導以外の業務が多々あり、単に出勤から退勤までを時間から時間で片づけられない実態もあることから、こうした把握は難しい状況もございます。  現在、3学期制準備委員会におきまして、教職員の働き方改革にかかわって、自己申告方式ではなく、ICTやタイムカード等による勤務時間の把握について検討を行っているところでございます。  以上です。 もっと読む
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日 放課後児童健全育成事業(学童保育)については、8月1日現在、市内7カ所で281人が利用されており、放課後児童の健全育成を図るとともに、保護の子育てと仕事の両立に向けた支援に取り組んでおります。なお、放課後児童支援員の基礎資格などについては、基準省令の改正によって対象が拡大されるため、関係議案を今議会に提案しております。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 この安全確保については、保護、警察、自治会など関連団体の連携が必要と思いますけども、その辺の対策はどうなのですか。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 保護会にお聞きしますと、15分前に集合し、出欠やお皿配りをした後、6年生が中心となって整列をさせているそうです。  この学校は、6年生は1年生のときからの指導で、6年目に入っておりますので、継続は力なりとは言いますが、保護会や児童の自主性と指導を受ける姿勢のあらわれだと思います。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 ただし、受診していただくのは最終的に保護の方ですので、何か事情があっておくれたりとかいうことも多分あるのかなと。 もっと読む
2018-06-20 松浦市議会 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年06月20日 この請願は請願の趣旨にございますように、松浦市直営で行われている療育支援サービスを7月からは親子教室と親子相談だけを行い、これまでの良質な児童発達支援と放課後デイサービスを6月末で行わないと伝えられたために、保護が中心になって、げんきっこひろばの、これまでと同様の療育支援をと請願されています。   もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 でも、足がないからなかなか行けないやというようなときがあれば、もちろん、保護の皆さんとお話をして、そのバスを使って来ていただくとか、いろんなことを研究されると、されたほうが、いろんないいものが生まれていくというふうに思いますし、そのようなバスの事業というのが、やはりこれからの公共交通の下支えになって、またいろんなアイデアが生まれていくと思うんですよね。   もっと読む
2018-03-22 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−08号 27年度の決算状況を見て、示してある評価によりますと、この事業の妥当性--第3子の出産祝金の必要性については、全国が人口減少局面に入った中で、本市が現状の人口規模以上の人口を目指すに当たり、出生数の増加を促すことはとても効果的であり、第3子以降の子供を望む保護に対して経済的支援を実施することは、必要性が高いと--必要性は一番高いというところに赤い印がついております。   もっと読む
2018-03-20 諫早市議会 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-03-20 ブックスタート事業【予算額207万7,000円】について、今後は聾唖者など、障害のある子どもたちもブックスタートに参加できるように取り組みができないか、との質疑に対し、これまでも聴覚に障害のある保護が子どもと一緒にブックスタートを行っており、障害のある子どもについても通常と同様に対応していきたい、との答弁がありました。   もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 そして、大村市の状況を、幼稚園なり保育所が無償化になりますと、保護の立場に立って考えてみますと、預かっていただいて当然というふうに思われる親御さんがものすごくふえてきますよね。働きたいなというふうに思われている方は、今、就職活動時点から保育所に預けられますから。   もっと読む
2018-03-09 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 例えば、来年度からは、これまで保護が受検料を負担し希望者が受検していた英語検定と漢字検定について、受検料を市が負担するよう、来年度の予算に所要額を計上しております。  具体的には、小学校において、5年生、6年生の全児童を対象に漢字検定を、中学校において全生徒を対象に英語検定を、それぞれ年2回受検できるようにし、児童・生徒の学ぶ意欲を高め、基礎的・基本的な学力の定着を図りたいと考えております。   もっと読む
2018-03-08 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号 また、夏は暑い、冬は寒いというのが小学校のときに理解できたほうがいいですよと言われる保護も一部いらっしゃいます。2月に回ったまちのこトークという保護を対象とした意見交換の中でもそういった御意見がありましたので、そこを総合的に勘案していきたいというところが1つです。  そして、最後にもう一つ、今回の議会でもすごく活発に議論がなされている、先生方の働き方改革、いわゆる負担軽減の部分です。 もっと読む