57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-02-28 2020-02-28 長崎市:令和2年第1回定例会(3日目) 本文

被爆者被爆地の長年の願いが実を結び採択された核兵器禁止条約締約国会議長崎開催することができれば、原爆資料館視察被爆体験講話聴講などを通して、各国政府代表に直接被爆実相に触れていただく機会となります。被爆地長崎から核兵器禁止への強いメッセージ世界に発信することで、国際社会動きを加速させることも期待でき、大変意義のあるものと考えています。  

長崎市議会 2019-12-04 2019-12-04 長崎市:令和元年第5回定例会(5日目) 本文

県外原爆展については、日ごろ被爆実相に触れる機会が少ない県外において、原爆の悲惨さや平和の尊さを伝えるため、被爆写真パネル被災資料展示被爆体験講話、ビデオ上映などを内容として開催するもので、平成6年度から平成30年度までに40都道府県、延ベ71都市開催してきました。

諫早市議会 2019-12-02 令和元年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

また、子どもたち夏休み期間にあわせ、学童クラブ児童向けに、戦争被爆体験講話会を実施するとともに、市内4カ所を巡回して原爆パネル展開催しております。  このほか、戦争被爆体験談市民の皆様から募集しており、市ホームページで公開するとともに、「戦争のない未来へ~子どもたちへの伝言」として冊子にまとめ、市内の図書館や高校、小・中学校等に配布しております。  

長崎市議会 2019-09-06 2019-09-06 長崎市:令和元年第4回定例会(3日目) 本文

被爆者被爆地の長年の願いが実を結び採択された、この核兵器禁止条約締約国会議被爆地長崎開催することができれば、原爆資料館視察被爆体験講話聴講などを通して、各国政府代表に直接被爆実相に触れていただく機会となります。さらに、ここ長崎から核兵器禁止への強いメッセージ世界に発信することで、国際社会動きを加速させることも期待でき、大変意義あるものと考えます。

諫早市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目)  本文

本市といたしましても、平和都市諫早宣言理念に基づき、平和の集いや被爆体験講話会等を継続して開催することで、平和の尊さや原爆の恐ろしさ、悲惨さを若い世代に継承していきたいと考えております。  農業の振興。先月中旬から今月にかけまして、前線の停滞などの影響で天候不順が続きました。

長崎市議会 2019-06-28 2019-06-28 長崎市:令和元年第3回定例会(3日目) 本文

国際社会における核兵器のあり方を左右する重要な会議であるNPT再検討会議や、準備委員会長崎での開催が実現すれば、原爆資料館視察被爆体験講話聴講などを通して、各国政府代表に直接被爆実相に触れていただく機会となり、被爆地としては、大変意義あるものと考えます。

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

また、平和推進協会では、被爆者を中心に被爆体験講話に取り組んでいただいているところですが、被爆者のいない時代に備え、被爆者に寄り添いながら次世代育成していく必要があります。そこで、平成31年度から、これまで長崎市が行っていた次世代への継承事業について、平和推進協会へ委託し、被爆者に寄り添いながら次世代育成する体制を充実させたいと考えています。

諫早市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

さらに子どもたち夏休みにあわせまして、戦争被爆体験講話会や原爆パネル展開催しております。  平和のつどいにつきましては、戦争被爆体験者講話に加えまして、高校生平和大使取り組みの紹介や、市内小中学生平和学習発表などを行っております。今後は、平和啓発活動に取り組んでおられる学校法人鎮西学院や、市内高校生の方々とも連携した企画ができないか、研究をしてまいりたいと考えております。  

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

青少年ピースボランティア育成につきましては、フィールドワーク体験講話聴取学童クラブなどへの出前講座等を34回実施するなどしました。中学生対象とした取り組みとして、市内38校の中学生一堂に会し、平和学習成果を発表する平和学習発表会実施し、学校生徒同士交流を深める時間も設けました。

長崎市議会 2018-09-18 2018-09-18 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

次に、ウ.被爆実相プログラム実施については、賢人会議委員長崎における被爆実相理解してもらうため、平和祈念像前の献花原爆遺跡原爆資料館視察被爆体験講話または家族交流証言聴講NGO等関連団体との意見交換などの実施について、今後外務省と調整を図ってまいります。

長崎市議会 2018-09-10 2018-09-10 長崎市:平成30年第3回定例会(4日目) 本文

海外原爆展におきましては、これまで被爆実相を伝える写真パネル被爆資料展示被爆者体験講話に加えまして、今後は被爆者体験と平和の願いを継承し、世界的規模核兵器廃絶活動取り組み、今回の核兵器禁止条約の採択に大きく貢献しノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の活動や若い人の活動高校生平和大使やナガサキ・ユース代表団など若者の活動海外原爆展の中でも紹介することで、

諫早市議会 2018-09-06 平成30年第3回(9月)定例会(第6日目)  本文

また、平成23年度から、これも毎年開催いたしております、児童対象にした原爆体験された方のお話を直接伺う被爆体験講話会を7月31日に実施しまして、市内学童クラブから多くの子どもたち参加をいただいたところでございます。  本市といたしましては、平和行政について今後もこのような取り組みを継続していくことが重要であると考えております。  

諫早市議会 2018-09-01 平成30年第3回(9月)定例会(第1日目)  本文

本市といたしましても、平和都市諫早宣言理念に基づき、平和のつどいや被爆体験講話会等開催を通じて、平和の尊さと原爆の恐ろしさ、悲惨さを次世代に継承していきたいと存じます。  なお、核の惨禍を知る被爆国の声を世界に伝える活動実施する高校生平和大使に、本市から初めて諫早高校2年生の山西咲和さんが選出され、今月26日から本日まで、スイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪問されております。

長崎市議会 2018-03-09 2018-03-09 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

もうガイドに支払う、もちろん、被爆体験講話を聞きにきても、一学年で聞いても1万円ぐらい払って、割にしたら100円とかは払っているはずなんです。だから、ガイドの分、150円とかだったら理解の範囲。でも、その手数料から何から人件費まで込みで500円取りましょうって、これはちょっとするべきじゃないと思います。観光旅行に来ているわけじゃないんですよね。

長崎市議会 2018-03-09 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

2の事業内容ですが、(1)の被爆体験講話(2)の平和教育講演会など、例年に引き続き実施するとともに、(4)の平和教育に係る体験学習は、平成29年度までながさき子ども体験推進費として実施しておりました平和フィールドワークを本事業に移管し、平和教育の一環として実施することとしております。3.財源内訳は記載のとおりでございます。  

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

一つイタリア開催する平和教育や、被爆証言イタリア語版の作成など、もう一つはメキシコで開催される原爆に関連する展示被爆体験講話などを支援したいと考えています。  次に、資料4ページ平和推進活動費897万円についてご説明します。これは、平和祈念式典における長崎平和宣言の発信や、各種平和行事への出席などを通じて平和アピール活動を行うものでございます。

長崎市議会 2017-10-16 2017-10-16 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文

青少年ピースボランティア育成につきましては、フィールドワーク体験講話聴取学童クラブ等への出前講座等を31回実施するなどしました。中学生対象とした取り組みとして、市内37校の中学生一堂に会し、平和学習成果を発表する平和学習発表会実施しました。青少年ピースフォーラム開催につきましては、全国から639人が参加し、平和学習被爆遺構めぐり、意見交換を行いました。  

長崎市議会 2017-09-12 2017-09-12 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文

また、参加者には、原爆資料館の見学、被爆者体験講話聴講平和祈念式典への参列、NGOによる原爆パネル展示などにより、被爆実相への理解を深めていただいたと考えております。総会には、小学生から大学生を含む、多くの市民の皆さんからご協力をいただきましたが、会議運営ボランティアへの参加を通して、私たちにもできることが何かないかと考えるきっかけになったのではないかと思います。

長崎市議会 2017-06-22 2017-06-22 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文

というのは、被爆体験講話この中の作文の中に、今の状況は、戦争をする前に似ているというような形での話がされとるみたいなんですね。私も、もうそれ読んでから大分なりますんで、記憶がちょっと薄いところがありますけれども、そういうふうな主観的な、特に今、非常に国会を含めて機微な状況ですよね。子どもにとったらそれはもうそのままインパクトとして強く残るわけなんですよ。ある程度植えつけになってしまいますよね。