運営者 Bitlet 姉妹サービス
111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-07-07 長崎市議会 2017-07-14 長崎市:平成29年各派代表者会 本文 これにつきましては、過去の例を見ますと、平成21年度分については監査結果が出た後に返還、平成22年度分については住民訴訟の判決が出た後に返還という流れでこれまで進んできております。今回の議会の対応といたしましては、現在、既に監査が実施されておりますので、監査の結果を踏まえて、早急に、対応について協議をお願いしたいと考えておりますがよろしいでしょうか。      もっと読む
2016-06-22 長崎市議会 2016.06.22 長崎市:平成28年総務委員会 本文 平成22年度政務調査費の返還請求住民訴訟について、平成28年2月18日に第1審判決が確定したことを受けまして、地方自治法第242条の3第1項の規定に基づき、4月18日を期限として目的外の支出とされた政務調査費の返還を求めておりましたところ、返還がなされなかった2名の方につきまして、同条第2項の規定に基づき、当該政務調査費の返還を求める訴えを提起したものでございます。   もっと読む
2016-06-06 長崎市議会 2016-06-22 長崎市:平成28年総務委員会 本文 平成22年度政務調査費の返還請求住民訴訟について、平成28年2月18日に第1審判決が確定したことを受けまして、地方自治法第242条の3第1項の規定に基づき、4月18日を期限として目的外の支出とされた政務調査費の返還を求めておりましたところ、返還がなされなかった2名の方につきまして、同条第2項の規定に基づき、当該政務調査費の返還を求める訴えを提起したものでございます。   もっと読む
2016-03-03 長崎市議会 2016-03-02 長崎市:平成28年総務委員会 本文 事件名は、平成27年(行コ)第51号政務調査費返還請求住民訴訟控訴事件でございます。  相手方は、記載のとおり4名でございます。  提訴年月日は、第1審が平成24年9月7日で、控訴審が平成27年8月25日でございます。  資料の2ページをごらんください。   もっと読む
2016-03-02 長崎市議会 2016.03.02 長崎市:平成28年総務委員会 本文 事件名は、平成27年(行コ)第51号政務調査費返還請求住民訴訟控訴事件でございます。  相手方は、記載のとおり4名でございます。  提訴年月日は、第1審が平成24年9月7日で、控訴審が平成27年8月25日でございます。  資料の2ページをごらんください。   もっと読む
2016-02-29 雲仙市議会 平成 28年 第1回定例会(3月)-02月29日−02号 それで、住民訴訟が起きて自治体が敗訴したという事例がたくさんあるわけです。その根本的なことは、国が今度法案を作っても、私は根本的なことはあんまり変わってないという認識なのです。   もっと読む
2015-09-29 雲仙市議会 平成 27年 第3回定例会(9月)-09月29日−06号 それをしないということであれば、住民訴訟などに発展していくことも想定される。まだ他のこともあるかもしれない。しっかり検討されて、やってもらいたいとの意見がありました。  このような理由から、総務常任委員会の総意として、全会一致で十分な調査を実施し、刑事訴訟法の規定に当たる場合は、相応の対応をすることを市へ要請するものであります。  全会一致で原案どおり認定すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2015-09-15 長崎市議会 2015.09.15 長崎市:平成27年総務委員会 本文 内田隆英委員 法律上どうしても難しいというような考えだろうけれども、先ほど判例と言ったけれども、全国的な判例で、こうした長崎市のミスによって20年以上かけて、それでも住民訴訟を起こされて、判決が、いやそれは法律上決まっているから却下するという判例なんかも含まれているんですか。市のミスによって、20年以上は時効だということで払い戻しはしないという判例があるのかどうか。いかがですか。 もっと読む
2015-09-10 長崎市議会 2015.09.10 長崎市:平成27年総務委員会 本文 事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。相手方は、記載の6名でございます。  提訴年月日は、平成24年9月7日で、請求の趣旨及び事件の概要については、下のほうに記載していますが、資料記載のとおりでございます。   もっと読む
2015-09-09 長崎市議会 2015-09-15 長崎市:平成27年総務委員会 本文 7 内田隆英委員 法律上どうしても難しいというような考えだろうけれども、先ほど判例と言ったけれども、全国的な判例で、こうした長崎市のミスによって20年以上かけて、それでも住民訴訟を起こされて、判決が、いやそれは法律上決まっているから却下するという判例なんかも含まれているんですか。 もっと読む
2015-09-09 長崎市議会 2015-09-10 長崎市:平成27年総務委員会 本文 事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。相手方は、記載の6名でございます。  提訴年月日は、平成24年9月7日で、請求の趣旨及び事件の概要については、下のほうに記載していますが、資料記載のとおりでございます。   もっと読む
2015-07-07 長崎市議会 2015-07-01 長崎市:平成27年総務委員会 本文 事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。  相手方は記載のとおり、6人でございます。  提訴年月日は平成24年9月7日で、同年11月6日に第1回口頭弁論、平成27年4月21日までに12回の弁論準備手続が開かれ、同日の第2回口頭弁論で終結し、本年8月11日に判決予定でございます。   もっと読む
2015-07-01 長崎市議会 2015.07.01 長崎市:平成27年総務委員会 本文 事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。  相手方は記載のとおり、6人でございます。  提訴年月日は平成24年9月7日で、同年11月6日に第1回口頭弁論、平成27年4月21日までに12回の弁論準備手続が開かれ、同日の第2回口頭弁論で終結し、本年8月11日に判決予定でございます。   もっと読む
2015-03-04 長崎市議会 2015.03.04 長崎市:平成27年総務委員会 本文 この要因としましては、実は昨年も一部見直しをさせていただいてこういう形で条例化をさせていただいたんですが、各都市で住民訴訟等が行われておりまして、地方自治法によって法令、あるいは条例で附属機関については定めなさいというような形で、長崎市と同じように、他都市においても、それと別に要綱という形で設置をしている、この手の会議体が数多く存在しております。 もっと読む
2015-03-03 長崎市議会 2015-03-04 長崎市:平成27年総務委員会 本文 この要因としましては、実は昨年も一部見直しをさせていただいてこういう形で条例化をさせていただいたんですが、各都市で住民訴訟等が行われておりまして、地方自治法によって法令、あるいは条例で附属機関については定めなさいというような形で、長崎市と同じように、他都市においても、それと別に要綱という形で設置をしている、この手の会議体が数多く存在しております。 もっと読む
2014-12-08 雲仙市議会 平成 26年 第4回定例会(12月)-12月08日−05号 でありますから、これは後々住民監査請求とか、住民訴訟とか、そういったことにならないように、議会といたしましても本予算書は十分に議会審議を行い、結論を出さなければいけない問題であろうというように私は認識をいたしておきます。  でありますから、市は関係幹部職員や担当職員に対してどのような処遇をこの問題に対して考えておられるのかということをお尋ねして、私の質疑を終わります。 もっと読む
2014-06-09 雲仙市議会 平成 26年 第2回定例会(6月)-06月09日−02号 先程の私、勉強不足でありまして、新聞の切り抜きばかりで質問をしておりますけれども、東日本のあの大震災の中で、今年度から大川小学校ですね、行政の怠慢ではないのかということで、県、または石巻市等を住民訴訟で賠償が裁判が始まっておるわけであります。 もっと読む
2014-03-05 長崎市議会 2014.03.05 長崎市:平成26年総務委員会 本文 1点目の事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。  相手方は、記載のとおり6人でございます。  提訴年月日は平成24年9月7日で、同年11月6日に第1回口頭弁論が開催され、平成26年1月21日までに6回の弁論準備手続が開かれております。   もっと読む
2014-03-03 長崎市議会 2014-03-05 長崎市:平成26年総務委員会 本文 1点目の事件名は、平成24年(行ウ)第12号政務調査費返還請求住民訴訟事件でございます。  相手方は、記載のとおり6人でございます。  提訴年月日は平成24年9月7日で、同年11月6日に第1回口頭弁論が開催され、平成26年1月21日までに6回の弁論準備手続が開かれております。   もっと読む
2013-12-10 南島原市議会 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月10日−05号 一つ目は、史跡等買い上げ事業に係る損害賠償請求等行為請求の住民訴訟でございます。  二つ目は、個人の財産相続に係る所有権移転登記、抹消登記、手続請求の民事訴訟で、先月13日に裁判所から訴状などの送付を受けており、第1回口頭弁論期日は今月の19日となっております。   もっと読む