977件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐世保市議会 2035-09-13 09月13日-05号

今後、ますます県道俵ヶ浦日野線では観光バス交通が大幅に増加していくものと考えられます。そのことを踏まえ、市として、県道俵ヶ浦日野線をどのような方針で取り組んでいくのか、また、県として、今後どのような方向性で進んでいく考えなのか、お尋ねします。 4点目に、弓張岳の現状と今後の受け入れについてお伺いします。 

平戸市議会 2023-06-11 06月20日-05号

また、これに関連し、交通等も考えながら、災害が起こる前に補修工事を行うことが必要ではないかとの質問に対し、橋梁長寿命化事業は災害を起こさないことも目的であり、災害が起こってからでは市民に多大な迷惑をかける上に、費用も大きくなるため、定期的な点検を行い、必要に応じ補修しながら、少額で長寿命化を図っていく方針であるとの答弁がありました。 

雲仙市議会 2021-12-02 12月02日-02号

そして、通りやすくなった結果、また車のナビでの表示も出るようになって、最近では、長崎方面から雲仙温泉に行くのには、小浜を経由するよりも多いのではないかと思われるような交通となってきています。特に、紅葉時期やツツジの開花時期には相当な交通だと思いますが、1日当たり、どれくらい交通があるのかをお伺いします。 ○議長(松尾文昭君) 荒木建設部長

五島市議会 2020-12-09 12月09日-03号

基本的に地域による区分とかというのは行っておりませんで、交通や利用頻度が少ない現場の場合は、ちょっと優先順位が低くなるという傾向はございますけれども、支所地区だからといって、取扱いが違うということではなくて、あくまでも緊急性とか、そのようなことを基準に判断しているということでございます。

佐世保市議会 2020-09-10 09月10日-02号

また、IR誘致に伴い新たな交通の増加が想定されます。地域住民は現状の交通環境のさらなる悪化を非常に危惧しています。IR誘致に伴う交通環境の影響と、その対策についてお伺いします。 次に、国道202号の整備状況についてお尋ねします。 今後ふえ続けるクルーズ船の新たな拠点となる浦頭地区へのアクセス道路である国道202号浦頭拡張工事が現在集中的に進められておりますが、その進捗状況についてお伺いします。 

五島市議会 2020-06-25 06月25日-03号

これは、地元から要望をいただいているという部分もございまして、ただ、余りにもこの側溝がない、あるいはガードレールがないといったところについては箇所が多いものですから、これについては、一応、通学に使っているとか、あるいは交通、こういったことを見ながら、順次、整備はさせていただいているというふうに思っております。 いずれにしても問題点があったら、いろんなチャンネルでもって市役所に働きかける。

大村市議会 2020-03-19 03月19日-08号

まず、都市計画道路見直し事業において、未着手路線の整備方針の決定方法について説明を求め、理事者からは、今年度は、将来交通の推計を行っており、今後この推計をもとに、路線ごとに評価カルテを作成する。都市計画決定後、相当な期間が経過しているのにもかかわらず整備に着手していない路線があるため、丁寧に評価等を行い、あわせて市民の皆様から御意見を伺いながら整備方針を決定していきたいとの答弁がありました。 

長崎市議会 2020-03-11 2020-03-11 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

しかしながら、駅前国道の交通が多いことからさまざまなものがなかなか難しいということで、新しい長崎駅と路線バス路面電車の結節機能にまだ少し課題が残っていると考えているところでございます。また、松が枝地区におきましては、ご案内のとおり2バース化に伴って訪日外国人等を長崎県内・市内へ円滑に回遊させるための施策が必要になっているというような、きょう時点の課題の認識でございます。

諫早市議会 2020-03-05 令和2年第1回(3月)定例会(第5日目)  本文

昨年12月の一般質問で、警察協力していただいた久山化屋線や赤島線の交通測定結果を示した質問をしましたが、その交通測定の結果を名切地域代表の方に公表し、地域のアンケート調査を依頼いたしました。  今から、ちょっとそのアンケートの分を送信いたします。  名切地区の方々は、アンケート調査を快諾してくださり、自治会長のもとで実行していただきました。

佐世保市議会 2020-03-05 03月05日-05号

当路線周辺の道路状況ですが、並行する県道佐世保日野松浦線が4車線で、さらに西九州自動車道の相浦中里インターが開通している状況でございまして、交通の観点から将来交通を見ましても、現在の県道の道路幅員で十分供用できると推測され、廃止の方向性を視野に入れながら必要性及び実現性の検証を行ってまいります。 ◆24番(大村哲史君) (登壇) 今答弁いただいたように、西九州自動車道が4車線になります。

諫早市議会 2020-03-04 令和2年第1回(3月)定例会(第4日目)  本文

そこが非常に交通が多いと、また、ダム関係者もたまには本明本野線を通って市内に行かれるということでございます。  では、建設部長質問をいたしますけれども、このまま橋、継続ということですか。一級河川でございます。すぐ当局の方、特例はと言ったら、特例はございませんと言われます。

諫早市議会 2020-03-02 令和2年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

御指摘の交通の問題につきましては、平成27年度に全国道路・街路交通情勢調査、一般的には道路交通センサスと呼ばれていますけれども、一般交通調査が小長井地域では漁協の近くの井崎バス停前で実施されて、この地点における国道207号の昼間12時間交通は、上下線合わせて5,603台、1分当たりに換算しますと約8台という結果でございました。  

雲仙市議会 2020-03-02 03月02日-02号

市といたしましては、市役所本庁舎へのアクセス向上に加え、民間開発による交通の増加が想定されましたことから、平成25年度において道路改良に向けた測量設計を実施いたしまして、この中で交差点の一体化改良についても検討を行いましたけれども、道路のつけ替えなど、大きな現状の変化を伴うことから、事業に対する関係者の御理解、御協力など、解決しなければならない問題も多かったため、まずは市役所前の市道吾妻高辻線の拡幅改良

諫早市議会 2020-03-01 令和2年第1回(3月)定例会(第1日目)  本文

また、「諫早北バイパス」の4車線化については、周辺環境の変化により交通の増加も見込まれるため、早期整備に向け国等関係機関に働きかけてまいります。  「国道207号」の「佐瀬拡幅」につきましては、来年度の完成を目指し、継続して整備が進められており、また、長与町岡郷までの区間についても早期事業化を今後も要望してまいります。  

大村市議会 2020-02-27 02月27日-01号

今年度から実施している都市計画道路の見直しについては、将来交通の推計結果に基づく評価を行い、市民ニーズや交通体系の変化に即した都市基盤の整備に必要な路線を抽出し、整備方針を決定します。 水道事業については、安全で強靭な水道を維持するため、令和3年度から10年間を計画期間とする大村市水道ビジョンを策定します。