1160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

第8款土木費第2項道路橋りょう費第4目交通安全施設費の中で、交通安全施設整備事業費、園児等移動経路緊急安全対策に6,000万円が補正予算として計上されております。その質疑の中で、こども部より187施設に対して、アンケートをとっているが、6月末時点で回答は148施設で残り39施設からは無回答であるという答弁があっております。

長崎市議会 2019-07-05 2019-07-05 長崎市:令和元年総務委員会 本文

1の全体概要ですが、自治振興課は、自治会等の住民組織との連携・支援のほか、災害被災者に対する援護、戦没者遺族等に対する援護などの事務、防犯、交通安全、市民相談、行政対象暴力に係る事務などを所管いたしております。2の住民組織との連携・支援のところ、(1)自治会の状況でございますが、平成31年4月1日現在で、自治会数が976団体、自治会加入率は68.7%となっております。

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

【補助】道路新設改良事業費(社会資本整備総合交付金)の1.新市庁舎周辺道路及び第4目交通安全施設費において、1.【単独】交通安全施設整備事業費、1.園児等移動経路緊急安全対策について、増額補正をお願いするものでございます。  なお、詳細につきましては、総合事務所提出の委員会資料及び追加資料に基づき、担当課長から説明させていただきます。  

諫早市議会 2019-03-20 平成31年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-03-20

3目交通安全施設費、5目街路費については、国・県からの来年度の補助事業の内示があり次第、補正予算を計上する予定である、との答弁がありました。  道路橋りょう整備事業、【予算額3億6,793万円】について、上宇土橋公園線道路改良事業で実施する雨水排水ポンプ場の移設先はどこか。

長崎市議会 2019-03-08 2019-03-08 長崎市:平成31年総務委員会 本文

ツール・ド・ちゃんぽんって何っていうネーミングまで浸透していないし、途中途中の交通安全対策も含めて、地域からそのあたり、課題点とか上がってきていないかどうか、来たのかどうか、そのあたり、2年間でどういった課題が上がってきたのか、その点わかれば教えていただけますか。

諫早市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目)  本文

市民生活に密着した道路や水路、交通安全施設等の迅速な整備・補修を行う「生活基盤整備事業」及び「地域リフレッシュ事業」につきましては、引き続き実施し、より安全で快適な生活環境づくりに努める所存でございます。  幹線道路網の整備につきましては、地域高規格道路「島原道路」における本市の整備区間「国道57号森山拡幅」及び「諫早南バイパス線」の進捗が国・県により順調に図られております。  

諫早市議会 2018-12-04 平成30年第5回(12月)定例会(第4日目)  本文

また、周辺事業といたしまして、アクセス道路や上下水道等のインフラ整備に加え、交通安全や消防・防災対策関連などについて関係機関との調整も必要となることから、商工振興部を中心とする、先ほど申しあげたとおり、8部局20課による調整会議の開催や個別協議を実施しており、緊密な連携に努めてきておりますので、現在のところ、プロジェクトチームの設立は予定いたしておりません。

諫早市議会 2018-12-02 平成30年第5回(12月)定例会(第2日目)  本文

この場所は学校敷地に囲まれるように隣接しているという場所でございまして、騒音、異臭等の問題と、交通安全面に配慮して適切に利用することが不可欠であり、また土地購入時の経緯もございますので、地元の方々の御意見もお伺いしながら、教育的活用について引き続き検討してまいりたいと考えております。

長崎市議会 2018-10-29 2018-10-29 長崎市:平成30年総務委員会 本文

第1項総務管理費のうち、ご審議いただきました第1目を除く市民生活部所管分につきましては、第2目広報広聴費、第13目男女共同参画推進費、第15目交通安全対策費、第23目スポーツキャンプ等誘致費で、その合計は、予算現額6,532万1,000円、支出済額6,118万5,678円で、不用額413万5,322円、執行率は93.7%となっております。  

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

次に、下段に記載の第4目交通安全施設費でございます。1.【単独】交通安全施設整備事業費の(1)交通安全施設につきましては、歩行者の安全と車両交通の円滑化を図るため、404ページ上段の表に記載しております区画線やカーブミラーなどの設置工事を行ったものでございます。  次に、翌年度繰越額についてご説明させていただきます。主要な施策の成果説明書631ページをお開きください。

南島原市議会 2018-10-17 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月17日−05号

これは、地元要望の維持補修工事、交通安全施設工事、交付金事業の舗装、法面、橋梁の補修工事や自治会主体の生活環境整備事業補助金を実施したものです。  市道改良事業は9億2,508万8,852円を支出しており、これは、住民の利便性と安全性の確保を図るため、市道川原新切線ほか35路線の市道改良を行いました。  同じく、市道改良事業(繰越明許)として3億1,196万3,045円を支出。