運営者 Bitlet 姉妹サービス
501件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 それには井戸の中からだけではなく、井戸の外から客観的に見る目が必要です。地域おこし協力隊なども考えるほうがいいと思いますが、いかがでしょうか。 ◎産業振興部長(高取和也君)   農林水産業だけでなく、あらゆる分野において外部からの視点というのは参考になるものというふうに考えております。  地域おこし協力隊の話がございましたけれども、この活用についても研究をしてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 7 ◯ 建設課長(中村桂一郎君)  今、議員からお話がありましたとおり、井戸がかれたりとか出水が減ったとか、そういう趣旨のお話は建設課のほうにも届いております。   もっと読む
2018-06-18 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号 そのことの原因は、もうとりあえずトンネルを掘ったのが原因だということで、近くに鉄道・運輸機構のほうから井戸を掘ってもらったんですが、残念ながら、もうそこに、恐らくもう水脈はそこにはなかったんでしょう。掘っても水は出ないということで、今期の稲作はあきらめたということで、これから先の不安を訴えておられました。さきに鈴田地区の新聞報道にもありました。 もっと読む
2018-06-15 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号 昔は井戸を掘っても水がすぐ出てくるような状態でありまして、この扇状地と言われる部分については、余り、地盤沈下とかというものはないわけでありまして、まさに今回16番議員が指摘いたしましたのは、埋め立てをやった、大村の海岸から言いますと新城漁港、大村市漁協、あの周辺からこの大村市役所に至る、特にここの隣は昔は海でありましたし、海水浴場でしたし、私もアサリ貝を掘りに来たり云々したことも覚えておりますし、たしか もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 私ども通常こういった工事現場では、例えば井戸が出てきたりとかいろいろなものが出てくる可能性があります。そういったものについて基本的には個別の報告は求めておりません。なので今回特にこの防空ごうについて事業者から報告をする義務というのは課しておりません。  以上でございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 103 ◯井戸環境政策課監視指導係長 算定方式ですけれども、まず平米が130平米よりも小さい場合が5人槽、そして大きい場合が7人槽、そして2世帯所帯が10人槽というふうになっております。 もっと読む
2018-03-01 島原市議会 平成30年3月定例会(第6号) 本文 市内の水道事業の普及率についての質疑には、28年度末現在で、昔から各家庭で管理されている井戸を使用されているところもあることから、普及率は99%。未普及地域であった礫石原町、立野町、広高野町も今年度末で給水できるように進めているとの答弁。   もっと読む
2017-12-05 松浦市議会 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月05日 実際に井戸もですね、私は4件ほど井戸が枯れたという話も聞きますし、田んぼであったり、いろんなところであったり、出水が出なくなったというのもありますし、相当な水があそこは流れているんだなと感じておるところでございます。 もっと読む
2017-07-01 松浦市議会 平成29年7月臨時会(第1号) 本文 3の予算概要につきましては、干害応急対策事業費補助金といたしまして、井戸の掘削、揚水ポンプの購入・リース、燃料代等24件分を、6款.農林水産業費、1項.農業費、6目.農地費の19節.負担金、補助及び交付金に520万円を計上いたしております。  説明は以上でございます。御審議いただきますよう、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-06-21 長崎市議会 2017.06.21 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 この位置図の右端、水色の四角の2カ所、H宅と井戸Fと書いてある地点でございますけれども、ここは処分場の影響を受けない飲料用河川水及び井戸水の水質調査地点でございます。その下の黄色の丸つき数字の5カ所、三方山の1から三方山の3と上流1と上流2が周辺河川の水質調査地点でございます。そしてピンク色の丸つき数字の4カ所ナンバー1からナンバー4までがボーリング箇所による地下水の水質調査地点であります。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-21 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 この位置図の右端、水色の四角の2カ所、H宅と井戸Fと書いてある地点でございますけれども、ここは処分場の影響を受けない飲料用河川水及び井戸水の水質調査地点でございます。その下の黄色の丸つき数字の5カ所、三方山の1から三方山の3と上流1と上流2が周辺河川の水質調査地点でございます。そしてピンク色の丸つき数字の4カ所ナンバー1からナンバー4までがボーリング箇所による地下水の水質調査地点であります。 もっと読む
2017-03-13 佐世保市議会 平成29年  3月定例会 文教厚生委員会-03月13日−03号 ◎上山食肉衛生検査所長   ⑦と畜場の井戸水がかれつつある件についてであるが、現在、食肉センターは干尽の敷地内に場所をかえながら井戸を掘り、出てきた水を浄水し使用していた。ただ、くみ上げ量が徐々に減ってきており、しかももう掘る場所がないため、今までも水道水は使っていたが、水道水の比重が今後は大きくなるものと思っている。 もっと読む
2017-03-13 五島市議会 平成29年  3月 定例会-03月13日−04号 あの施設につきましては、先ほど申したとおり、平成七、八年ごろつくられた施設であると認識していますけども、その前の、恐らく平成5年ぐらいになるかと思いますけども、施設の水源、水全て中央公園の水を利用するために、井戸ポンプを引いております。 もっと読む
2016-10-04 佐世保市議会 平成28年 10月開催 都市整備委員会-10月04日−02号 今お尋ねがあった測定数5というのは、西部クリーンセンターの周りで地下水を採取する井戸が5カ所あるという意味である。  それの測定数の集計が145件あるということで、実際にはこの1ピコグラムという部分については、数字的には0.0何がし−−データ的には測定できない程度の検出である。 ◆崎山委員   5カ所で測定したということか。 ◎森田環境部次長[施設課長]   そうである。 もっと読む
2016-09-12 雲仙市議会 平成 28年 第3回定例会(9月)-09月12日−04号 このスケール対策の中で、一番取り組んだのが管工事、配管のスケール対策ということで、まずは源泉を運ぶ配管を短くしようじゃないか、それと配管の掃除ってもうばらしてしまうものですから、何日もかかるし、金がかかったものですから、開放型、ばらさないで掃除ができるように、漢字で井戸の井の字みたいに真っすぐ縦が全部突き抜けるような形で、キャップさえ外せば掃除ができるというものに、この補助事業では取り組みました。 もっと読む
2016-06-21 大村市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月21日−06号 土木一式工事98.8%、建築一式工事95.2%、管工事84%、塗装工事60%、水道施設工事42.9%、電気工事46.5%、機械器具工事30.0%、清掃施設工事、削井工事−−これは井戸の工事ですけれども、電気通信工事は0%となっております。  なお、市内業者の受注率が低い工種は、市内業者では施工困難な専門工事を含んでいるためでございます。  以上です。 ◆13番(朝長英美君)   わかりました。 もっと読む
2016-06-21 長崎市議会 2016.06.21 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文 現在の指定管理者は、1年を通して利用しやすい施設となるよう、平成15年度に約1億円をかけまして温泉井戸の掘削及び施設整備を行い、天然温泉の供用を開始しております。また、魅力的な商品造成やマーケティング分析による効率的な広告・宣伝を積極的に行い、着実に利用者数や収益を確保しております。  次に、(4)移譲条件等のア.財産の取り扱いにつきましては、土地、建物いずれとも現状引き渡しとしております。 もっと読む
2016-06-15 大村市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号 井戸の水がなくなったなと。湧き水が出なくなったと。それからしばらくすると、多くの方から、ちょっと私のところに苦情も来たんですけど、井戸水や湧き水、これが多くは農業用水に使われていると、こういった状況になっております。6月に入りましたら、田植えができないと。 もっと読む
2016-06-06 長崎市議会 2016-06-21 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文 現在の指定管理者は、1年を通して利用しやすい施設となるよう、平成15年度に約1億円をかけまして温泉井戸の掘削及び施設整備を行い、天然温泉の供用を開始しております。また、魅力的な商品造成やマーケティング分析による効率的な広告・宣伝を積極的に行い、着実に利用者数や収益を確保しております。  次に、(4)移譲条件等のア.財産の取り扱いにつきましては、土地、建物いずれとも現状引き渡しとしております。 もっと読む
2016-03-23 雲仙市議会 平成 28年 第1回定例会(3月)-03月23日−06号 企業誘致推進事業において多比良港埋立地の井戸の試掘が予定されているが、当該地は県の土地であり、試掘をする前に雲仙市がそこで企業誘致をすることができるのか確認して取り組むべきではないかとの質疑には、土地の売却などの条件については、島原振興局と協議中である。県内の同様な事例を参考にしながら、早急に結論を出したいとの答弁がありました。   もっと読む