運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-03-20 佐世保市議会 平成26年  3月定例会 総務委員会-03月20日−07号 ◎松尾市民生活部副理事[人権男女共同参画課長]   DVがもともとは事実も含めた配偶者間の暴力だった。DV対策法が変わったことにより、同棲という形でもDV対策法の対象になったのだが、それより若い人たちの、いわゆる恋人間の暴力というものについてはデートDVという言い方で総称をしている。   もっと読む
2013-12-01 諫早市議会 平成25年第6回(12月)定例会(第1日目)  本文 このDV法の改正につきましては、配偶者からの暴力の対象となる被害者の範囲について、これまでは結婚や事実などの婚姻関係がある場合がその対象とされていましたが、今回の改正により、婚姻関係がない場合でも、生活をともにする交際関係にある者からDVを受けた場合について、新たに被害者の範囲に加えるという改正がなされております。   もっと読む
2013-06-26 佐世保市議会 平成25年  6月定例会 文教厚生委員会-06月26日−01号 父子家庭の父については、その配偶者が「婚姻の届けを出していないが、事実の同様の事情にある者を含む」と書いてあるが、母の場合、その辺の規定はどうなっているのか。事実と法律婚の規定があるか。 もっと読む
2012-06-20 佐世保市議会 平成24年  6月定例会 文教厚生委員会-06月20日−01号 例えば、日本国籍の方と外国籍の方が事実状態であったなどということが、住民票ではわかってくると。 もっと読む
2011-10-12 佐世保市議会 平成23年 10月開催 文教厚生委員会-10月12日−03号 ◎林子ども支援課副主幹[子ども支援課係長]   自宅への男性の出入りがあるということになると、私どもの言い方で事実の状況になるということになり、当然中には、それを知った方からの通報などということがあり、受給者の方にも改めて状況をお尋ねする場合や、こちらに来て申立書を書いていただく場合がある。 もっと読む
2010-09-01 島原市議会 平成22年9月定例会(第6号) 本文 条文の中に事実上婚姻関係と同様の事情のあるもの含むとあるが、事実とはどういう規定なのかとの質疑には、内縁関係も含まれるという形であるとの答弁。  事実解消の認定方法はどうするのかとの質疑には、解消する前の事実については確認をとらないが、児童扶養手当の申請の際、その時点で生活実態についての聞き取り調査を行い、本人の申し出により、事実解消に関する調書をとり、総合的に判断して決定している。 もっと読む
2010-03-24 大村市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月24日−08号 夫の姓を名乗らされることを嫌って、ペーパー離婚や事実が存在することも知りました。しかし、いろいろ不便や差別を受けています。  世界で夫婦同姓を法律で強制しているのは日本だけで、国連の女性差別撤廃委員会は、09年、昨年の8月、民法改正の実施を日本政府に勧告しています。1996年には法務省の法制審議会が選択的夫婦別姓制度を含む答申をしています。 もっと読む
2009-08-06 佐世保市議会 平成21年  8月臨時会 文教厚生委員会-08月06日−01号 ◎池田人権男女共同参画課長   12階の人権男女共同参画課に女性相談室を設けて、常駐している2名の婦人相談員が相談を受けているが、ほとんどの方が、御家庭で、御主人や内縁の夫など--同じ住所に住民票を持っている世帯の方、配偶者または配偶者と同等の事実がある方から、相当ひどい言葉でなじられたり、殴られたり、物を投げられたりするという相談がよくあっている。 もっと読む
2006-06-01 諫早市議会 平成18年第2回(6月)定例会(第6日目)  本文 フランスを代表に欧州では、結婚の形態が日本とは違い、事実、トライアル婚とも言いますが、その制度があり、婚外子が多く、特殊出生率も1.5から1.8を超えています。日本ではそういう制度はありません。少子化を私のような晩婚化、未婚率の上昇に向けるのではなく、夫婦の出生率の低下に目を向けて支援していくことを考えたいと思います。   もっと読む
2005-07-01 諫早市議会 平成17年第3回(7月)定例会(第8日目)  本文 DVとはということでございますけれども、配偶者からの暴力を言うもので、配偶者には男性、女性を問わず、事実や元配偶者も含まれており、暴力には身体的な暴力に限らず、精神的、性的暴力も含むと法に規定をされているところでございます。  被害の実態でございますけれども、平成17年版の男女共同参画白書を見てみました。 もっと読む
2001-03-13 長崎市議会 2001.03.13 長崎市:平成13年厚生委員会 本文 林田児童福祉課母子児童係長 緒方委員が言われる受給資格の調査につきましては、これは県と連携をとりながらやっているという方がいいかと思いますけども、基本的には、進達した後に、いろんな事実の疑いがあるんじゃなかろうかというふうなものにつきましては、県の方から、またこちらの方にいろいろ問い合わせがあります。 もっと読む
2001-03-03 長崎市議会 2001-03-13 長崎市:平成13年厚生委員会 本文 49 林田児童福祉課母子児童係長 緒方委員が言われる受給資格の調査につきましては、これは県と連携をとりながらやっているという方がいいかと思いますけども、基本的には、進達した後に、いろんな事実の疑いがあるんじゃなかろうかというふうなものにつきましては、県の方から、またこちらの方にいろいろ問い合わせがあります。 もっと読む
1997-03-01 島原市議会 平成9年3月定例会(第5号) 本文 それから、今度は平成元年の8月の「夫婦別姓はいかが」というような雑誌があるそうでございますが、この中には、「外から見ると事実なのか法律婚なのか、全くわからなくした方がいい」と、こういうふうな文言がございます。そして、なおかつ平成元年の1月に「結婚と家庭、家族」、こういう雑誌の中には、非嫡出子が1人でも伏せていくことが今の日本は必要であると。 もっと読む
  • 1