1344件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2023-06-11 06月20日-05号

去る6月3日に開会いたしました今期定例会におきまして、令和年度平戸一般会計補正予算を初め、条例その他各種重要案件につきまして、原案どおり可決いただき、まことにありがとうございました。 会期中、議員各位から種々賜りました御意見、御要望等につきましては、十分これを尊重し、検討いたしまして、今後の市政運営に反映させてまいりたいと考えております。 

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

議案集では、2ページになりますが、歳入歳出議案につきましては別冊で配付いたしております提出議案参考資料追加)の令和年度雲仙補正予算)資料(第6回補正)により御説明いたしますので、資料の1ページをお開きください。 一般会計の今回補正額は2万8千円の追加補正で、補正後の予算額は304億9,452万3千円となり、前年度の同期と比較しますと、率にして4.3%の減となります。 

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

定例会におきましては、条例案補正予算など重要案件の御審議をお願いするものでありますが、開会冒頭に当たりまして、市政運営概要を御報告申し上げます。 第2期五島人口ビジョン総合戦略策定について。 第2期五島人口ビジョン総合戦略策定については、産官学金労言の各分野の有識者で構成する五島まち・ひと・しごと創生推進会議に諮問し、8月6日に答申を頂きました。

雲仙市議会 2020-09-27 09月05日-05号

追加議案集では3ページになりますが、歳入歳出概要につきましては、別冊で配付いたしております提出議案参考資料追加令和年度雲仙補正予算資料(第4回補正)により御説明いたしますので、資料の1ページをお開きください。 一般会計の今回補正額は41万5千円の追加補正で、補正後の予算額は304億9,520万6千円となり、前年度の同期と比較しますと、率にして0.1%の減となります。 

雲仙市議会 2020-09-09 09月04日-04号

このゼロ予算事業、毎年、当初予算書案予算資料の中に、当初予算の主な事業とか、総合計画特別推進事業とか、事業区分別状況なんかの一覧が載せてありますね。その一つに、ゼロ予算事業一覧というページがあって、説明には、職員の創意工夫によって既存の人材や施設等をうまく活用し、特段の予算措置を必要としない事業ですというふうに書いてあります。 

平戸市議会 2020-09-06 09月13日-05号

去る9月2日に開会いたしました今期定例会におきまして、令和年度平戸一般会計補正予算を初め、条例その他各種重要案件につきまして、原案どおり可決いただき、まことにありがとうございました。 会期中、議員各位から種々賜りました御意見、御要望等につきましては、十分これを尊重し検討いたしまして、今後の市政運営に反映させてまいりたいと考えております。 

雲仙市議会 2020-08-29 08月29日-01号

議案集では5ページになりますが、歳入歳出概要につきましては、別冊で配付いたしております提出議案参考資料(その2)の令和年度雲仙補正予算)資料(第2回補正)により御説明いたしますので、資料の1ページをお開きください。なお、特別会計等補正予算説明につきましても、この資料により説明させていただきます。 

五島市議会 2020-07-08 07月08日-06号

所得者子育て世帯の負担や地域経済への影響を考えるなら、消費税の10%引き上げは中止すべきであるとの理由で、この予算に反対をいたします。 ○議長谷川等君) 討論を終結し、採決いたします。 採決は起立により行います。議案第58号に対する予算委員長報告原案可決であります。委員長報告のとおり可決することに御賛成の方は、起立願います。  〔賛成者起立〕 ○議長谷川等君) 起立多数。

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第1号) 本文

さて、今回議会に提出いたしましたのは、報告事項3件、条例案6件、その他の議案1件、予算1件の合計11件であります。  報告事項3件の内容といたしましては、平成31年度令和年度島原一般会計繰越明許費繰越計算書及び平成31年度令和年度島原水道事業会計継続費繰越計算書水道事業会計予算繰越計算書報告であります。  

諫早市議会 2020-05-01 令和2年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2020-05-01

また、いつごろ配付されるのか、との質疑に対し、本補正予算が議決されれば直ちに物品調達事務を行う。非接触型体温計など調達のめどが立っていないものもあるが、早いもので5月中、遅くとも7月を目標に配付できるようにしたいと考えている、との答弁がありました。  以上で、教育福祉分科会長報告を終わります。