3516件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

後期高齢者医療に関する事業として、どのような事業を時津町では行うのか、という問いに対しまして、後期高齢者広域連合が事業の実施主体であり、市町は保険料の徴収事務を行う。本町は後期高齢者広域連合からの委託業務として、健康診査と糖尿病性腎臓病重症化予防事業を実施している、ということであります。  

長崎市議会 2019-03-11 2019-03-11 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第65号議案「工事の請負契約の一部変更について」は、駅舎の鉄骨を接合する高力ボルトの納期がおくれるため、作業工程の延長等を行う必要が生じたことにより工事の設計を変更したことに伴い、(仮称)稲佐山公園斜面輸送施設稲佐岳駅舎新築主体工事に係る契約の金額及び工期を変更するものでございます。  

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第52号議案から第54号議案までの「工事の請負契約の締結について」は、それぞれ重要文化財旧長崎英国領事館本館ほか保存修理第2期工事、林道大崎線地すべり災害復旧工事、伊良林小学校改築主体工事(2)の請負契約を締結するものでございます。  第55号議案「市道路線の認定及び廃止について」は、道路の移管等に伴い、市道路線の認定と廃止をするものでございます。  

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

このように、依存症全般について、依存症になる前の予防や回復支援は関係主体で現状把握や課題解決等に努められているところであり、取り巻く社会情勢などを分析しながら、継続した取り組みが求められていると認識しております。  以上でございます。 ◎水道局長(谷本薫治君) (登壇)  2項目めの御質問、水道施設の老朽化対策についてお答えいたします。  

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

児童生徒の必要な資質や能力を育成するために、小中学校でどのように学ぶかという基本となる学習方法や指導方法を明確にする取り組みでは、「自分で みんなで 考える 金沢型学習スタイル」と銘打って、課題の発見と解決に向けた主体的、協働的な学習、わかる喜び、できる喜びのある学習、好ましい人間関係に基づく学習を重視し、その実践に向けては、児童生徒、保護者向けの学習要領と教員向けの指導要領を作成しておられます。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

今後の県の想定では、県庁舎跡地活用に関する基本構想の策定を初め、平成32年度の整備着手に向けて検討を進めていくことになっており、長崎市が県庁舎跡地にホールを整備する際の発掘調査の実施の必要性や実施主体などを含め、詳細は、今後所有者である長崎県と協議を行い、方向性を決定する必要があると考えております。  

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

その総合計画自体が有効に機能したのかどうかというのは、正直それはわからないわけでありますけれども、数字としてこれだけ大きな減少を持っていて、それはひいていえば、地域経済の中で主体となって働いている方々にとって大きな困難に直面をしているという現状ではなかろうかというふうに思っております。  ただ反面として、市の支援の結果として、26から28年度で19件の創業があったと。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

今の目標としましては、あくまでも事業主体は組合側でございますけれども、平成33年度末の完成ということで今事業が動いておりますが、今回の繰り越しで半年程度ちょっとずれておりますので、完成時期としては、半年程度ずれて平成34年度にずれ込むというふうに組合側のほうから聞いているところでございます。

五島市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−05号

環境省の潮流発電技術実用化事業については、九電みらいエナジーを主体とし、奈留瀬戸を実験場とし、平成28年度から31年度までの4年間実施する計画で順調に進んでおりましたが、発電機メーカーであるオープンハイドロ・テクノロジー・ジャパンが7月30日に倒産となり、今現在は実証実験がストップしていると思われますが、現状についてお尋ねをいたします。  

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

県が主体となってやったんです。当時JR貨物がありました。もうすごい貨物量が。貨物の場合にはJRの高低差の関係でそんなに急勾配のものができないということからきておったんですが、いずれにしても、JR貨物の本体が移っていって、空き地になった。広大な重要な場所なんです。当然、ここをグランドデザインでどんなふうに将来つくり直していくのかというのはものすごいテーマだと思う。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

なお、前回9月議会の委員会審議の際にご答弁しましたように、この銭座防空壕群と捕虜の人々のかかわりを含む銭座地区の歴史に関する説明板の設置につきましては、9月にご説明しましたとおり設置主体、設置場所も含め、地元自治会や連合自治会のご意向も伺った上で、長崎市と陳情人の方との協議の場の設定についても検討したいと考えております。  

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

2.事業内容につきましては、事業区分は被災農業者向け経営体育成支援事業、対象範囲は市内全域、実施地区は琴海地区、川平地区、実施主体は平成30年梅雨期における豪雨及び暴風雨により農業被害を受けた農業者及び当該農業者が組織する団体でございます。実施戸数は4戸、事業内容は平成30年の梅雨期における豪雨及び暴風雨における被害を受けた農産物の生産・加工に必要な施設・機械の再建・修繕となっております。