506件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

43 ◯中川原爆被爆対策部長 補足して説明をさせていただきます。  先ほど、文化観光部長のほうから説明がありましたように、この件に関連しまして、長崎市原爆資料館条例の一部を改正する条例につきましては、先週、教育厚生委員会においてご審議をいただいております。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

19 ◯中川原爆被爆対策部長 今、佐藤委員からご指摘を受けまして、この長崎原爆資料館条例の一部を改正する条例につきましては、先週、教育厚生委員会で木曜、金曜とご審議をいただきまして、その中で、特に、なぜ今なのかという時期的なもの、将来の展望という点についてご審議いただきまして、最終的には原爆資料館のほうは直営で残す平和の発信、平和の推進に関する部門、それから

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

9 ◯中川原爆被爆対策部長 今、この基金をいただくのが450万円を寄附金でいただくこととしております。先ほど山王神社、年間80万円と言いましたが、これ2年に1回整備すると、2年に1回80万円程度個人負担がかかるという、山王神社の部分ではですね。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

中川鳴滝3号線でございます。本路線は、国道34号から鳴滝高校を経由し、片淵中学校までの補助幹線道路として事業を進めております。今回繰り越しをお願いいたしますのは、赤丸でお示ししている箇所の建物補償でございます。繰り越しの理由といたしましては、地権者1名との用地交渉に不測の日数を要し、建物移転補償が年度内に完了しない見込みであるため、繰り越しをお願いするものでございます。

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

3 ◯中川原爆被爆対策部長 お手元の原爆被爆対策部提出資料に基づきご説明させていただきます。資料は、先にお配りしております第139号議案「長崎原爆資料館条例の一部を改正する条例」と、本日追加資料を配付させていただいております。  それでは第139号議案「長崎原爆資料館条例の一部を改正する条例」についてご説明いたします。

長崎市議会 2018-12-05 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文

その要望に対し、長崎市といたしましては、近隣の公園の配置状況や現地へのアクセス等の面から、公園整備箇所としては適地ではない状況であること、また、現在進めている市道中川鳴滝3号線の進捗を図り、地域のよりよいまちづくりに寄与する観点から、市道整備の移転補償の代がえ地として活用が適当であることを回答させていただきましたが、ご理解をいただけなかったため白紙の状態になっております。

長崎市議会 2018-12-03 2018-12-03 長崎市:平成30年第4回定例会(3日目) 本文

20 ◯原爆被爆対策部長(中川正仁君) 再質問にお答えいたします。  ただいま、平和関係の国際会議の誘致を考えてはどうかというご質問だと思いますけれども、今言われましたように、長崎市では今後、交流拠点施設の設置が今予定をされておりますので、広島市でも一昨年G8サミットが開かれたということもございます。

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

2 ◯中川原爆被爆対策部長 それでは、第3款民生費第4項原爆被爆者対策費についてご説明いたします。  白色の事項別明細書は212ページから217ページでございます。青色の主要な施策の成果説明書は123ページから124ページ、それから179ページから185ページ。主な不用額の説明は193ページから194ページでございます。

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

上のほうに記載しております2.財産管理費のうち、(4)市有財産解体費のうち987万7,680円でございますが、市道中川鳴滝3号線の地権者に代がえ地として売却するため、鳴滝2丁目に所在しておりました旧収入役公舎を解体したものでございます。  次に73ページをごらんください。下のほうに記載しております4.

長崎市議会 2018-09-18 2018-09-18 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

194 ◯中川原爆被爆対策部長 原爆被爆対策部の所管事項調査ですが、お手元の原爆被爆対策部提出の所管事項調査に関する資料の表紙をごらんください。まず初めに、ことし11月に開催予定の「第6回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」及び賢人会議についてご説明いたします。本日お手元に追加でチラシのほうをお配りさせていただいておりますので、後ほどご参照ください。  

長崎市議会 2018-09-14 2018-09-14 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

次に、中川鳴滝3号線でございます。本事業は、予算額9,600万円に対し9,100万円を執行することとし、事業内容は、用地取得の一部縮小や測量試験を皆減することとしております。残りは、土地取得特別会計の活用や次年度以降に施行する予定でございます。次に、川上町出雲線でございます。

長崎市議会 2018-09-10 2018-09-10 長崎市:平成30年第3回定例会(4日目) 本文

63 ◯原爆被爆対策部長(中川正仁君) 再質問にお答えいたします。  海外原爆展につきましては、これまで核兵器の廃絶を進めるためには、核保有国の国民に訴えることが最も重要であり、核保有国の姿勢、政策を変えさせることができるのはその国の国民であるという考えから海外原爆展につきましては核保有国を中心に開催してきました。

長崎市議会 2018-07-30 2018-07-30 長崎市:平成30年各派代表者会 本文

4 ◯中川原爆被爆対策部長 続きまして、被爆73周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の概要についてご説明いたします。  資料2ページは実施要領でございます。資料3ページを説明させていただきます。  ことしの式典の主な内容を記載しております。アンダーラインの部分が例年との変更箇所になっております。

南島原市議会 2018-07-27 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月27日−05号

同意第9号、南島原市有家町、中川繁憲氏。同意第10号、南島原市有家町、中野裕二氏。同意第11号、南島原市有家町、林田康徳氏。同意第12号、南島原市西有家町、長橋世紀氏。同意第13号、南島原市西有家町、松川正氏。同意第14号、南島原市北有馬町、寺田健蔵氏。同意第15号、南島原市北有馬町、永池弘美氏。同意第16号、南島原市北有馬町、水田勇氏。同意第17号、南島原市南有馬町、植木健太郎氏。