運営者 Bitlet 姉妹サービス
1622件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 中小企業において2019年度は5日間の有給休暇取得の義務化、2020年度は残業時間の罰則付き上限規制、2021年度は同一労働・同一賃金の原則を中心として法文化されていきます。  バイト、パートなど非正規雇用で働く人々の数が全体の4割を占めます。労働条件を改善しなければ事業所の継続も厳しくなります。 もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第6号) 本文 あわせて、これまで免税業者である中小企業は一段と複雑化し、混乱が本当に心配されてきます。経済を6割が個人消費で回しております。個人消費が一段と冷え込むことと、中小企業を守っていくためにも、消費税10%への引き上げ中止を求める請願に賛成します。 もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第1号) 本文 第3条の債務負担行為は、7ページの第3表に示したとおり、島原市土地開発公社の借り入れに対する損失補償金の限度額を借入額7億円とこれに対する利子の合計額とするもの、市内の中小企業者を対象に事業資金を貸し付け、その利子の一部を助成する中小企業振興利子補給補助金の限度額を701万9,000円と定めるもの、県営事業である港湾整備事業費負担金の限度額を1,220万円と定めるものであります。   もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第5号) 本文 そして、補助金の申請でございますが、補助金の申請は、申請者自身がするか、またはレジスターを購入する販売店が代理申請と両方の方法がございまして、申請先が、これは国のほうの独立行政法人中小企業基盤整備機構が設置いたします軽減税率対策補助金事務局というのがございます。そちらのほうに直接申請をしていただくということになるところでございます。 もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 一般的に島原市は中小企業ですので、今、最低賃金が上がったりして、中小企業者の経営も非常に厳しいという話もあります。 もっと読む
2018-12-14 長崎市議会 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文 委員会におきましては、施設等整備奨励金及び建物等賃借奨励金について、固定資産の投下金額にかかわらず、市民要件を1人としたことの妥当性、雇用奨励金について、正規雇用従業員の要件に地域限定の有無を設定しなかった理由、長期で安定的な雇用を促進するための制度のあり方と今後のチェック体制、奨励金交付要件を緩和し、市内の中小企業への支援を拡大する考えの有無について質すなど、内容検討の結果、異議なく原案を可決すべきものと もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 このような中、下請の地元中小企業は、大手企業の受注状況に左右されることから、事業の多角化や生産性向上を進めることで、経営基盤の安定・強化を図る必要がございます。現在、国におきましては、中小企業の生産性の向上を進めるため、今後3年間を集中投資期間として、中小企業の機械設備等の更新に対し、財政・金融支援を行うこととしております。 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 これをもっと支えてやるとか、まちなかのいわゆる中小企業の製造業を支えてやる。これが今必要な経済政策だと私は思うんです。ですから、そこらも含めて市長が言われるように、長崎の経済活性化をどうしていくのかといったときに、選択肢として今何を選ぶかというのが非常に大事だと思うし、もう市長がここまで前のめりになって走ってきた。 もっと読む
2018-12-06 長崎市議会 2018-12-06 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 例えば、表の上側、施設等整備奨励金と記載している部分の新設の2番目、中小企業の場合では、投下固定資産総額が3,000万円以上で新規雇用者数が5人以上の場合に指定を行っております。 もっと読む
2018-12-04 長崎市議会 2018-12-04 長崎市:平成30年第4回定例会(4日目) 本文 やはり条例というのは大事だなと思うのは、群馬県の高崎市が中小企業支援で全国的に知られていると思うんですけれども、高崎市商工業振興条例を1984年につくり、その条例の中に中小企業の育成強化とその従事者の経済的・社会的地位の向上を図ると明確に位置づけ、その都度改正され、中小企業にお金をかけることがまちの活性化につながるという考えのもと、店舗リニューアルや事業税の軽減、展示会開催補助などさまざまな施策が展開 もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 働き方改革関連法案が民間事業的には成立して、来年、また、中小企業は再来年のおくれて労働法が変わってスタートしていくわけですが、公務員は関係ないという形じゃなくて、一つの大きな参考として今回決まったことを中心に仕事の関係を確立していただきたいという質問です。   もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 監理団体はあくまで許認可制の仕事なので、現在は受け手側の監理団体は中小企業の団体とか、先ほど言われた組合とか、そういうのが多いみたいですけれども、先ほどおっしゃられた生活支援、日本語学習、こういったものの登録支援のお話も聞きました。   もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第5号) 本文 国の試算でも中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という数字がございます。  また、東京23区に住む給与年収400万円の4人世帯が協会けんぽに加入した場合、保険料の本人負担分は19万8,000円だそうです。しかし、同じ年収、同じ家族構成の世帯が国保加入だと保険料は42万6,000円、実に2倍以上の差が生じるということになります。   もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第6号) 本文 これについては、私は特に中小企業の人たちをたくさん知っていますので、そこから出てきている声もあるんです。非常にわかりにくい今回の増税のやり方。8%を一部残したり、8%と10%を分けたりみたいな、そういう複雑なやり方であって、しかも一時金として、また低所得者にはお金をばらまくというようなことまでセットになりそうな勢いでございます。非常にわかりにくい。本当に中小の店は、この消費税の処理だけで頭が痛い。 もっと読む
2018-11-12 長崎市議会 2018-11-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 そういう意味では、それぞれの中小企業、ずっと連携とられていると思いますので、そういう課題をいかに改善してやるのか、もっと1人でも多く長崎で働ける環境をつくってやるのかは、ぜひ頑張っていただきたいということで、要望にかえておきたいと思います。  以上です。 もっと読む
2018-10-23 長崎市議会 2018-10-23 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 この第2目は、商店街や商業者等に対する商業振興対策費、製造業や企業誘致のための工業振興対策費、中小企業対策及び中小企業金融対策、さらには物産振興、貿易振興などの費用が主な事業内容となっております。次に、行番号の8、第3目市場費をごらんいただきたいと思います。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 先日の中小企業振興会議の提言等でも、外国人の雇用に関する調査研究を進めるとされておりますが、現在の状況がわかれば教えていただきたいと思います。 ◎産業振興部長(高取和也君)   まず、今の外国人の雇用の状況でございますけれども、長崎労働局によりますと、平成29年10月現在です。大村管内、大村市と東彼3町になりますけれども、全部で65事業者、雇用者数が242名となっております。   もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 188 ◯ 商工振興課長(福守尚美君)  まず、志佐町商店街の空き店舗についてでございますけれども、今年度、松浦市中小企業振興会議におきまして、志佐町商店街を対象に空き店舗の利活用対策に係る検討を行っているところでございまして、本年4月に現地調査を実施いたしまして状況を把握しております。その時点で46戸の空き店舗を確認いたしております。   もっと読む
2018-09-01 島原市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 要するに、これからは中小企業を守っていくためにも、地元に若者の雇用という形を考えていかなければならない時代に入ってきたと思っております。残念ながら、10代から60代は本当に人手不足が今後心配されます。その辺では、この労働力不足という問題について本市としてどういう見解をお持ちでしょうか。 もっと読む
2018-06-26 長崎市議会 2018-06-26 長崎市:平成30年第2回定例会(8日目) 本文 今回の改正は、地方税法の一部が改正され、中小企業者の先端設備等に係る固定資産税の課税標準の特例措置が講じられたこと等に伴い、当該課税標準の特例割合等を定めたいのと、市たばこ税の税率が引き上げられたこと、加熱式たばこの課税方式が見直されたこと等に伴い、本市においても同様の措置を講じようとするものであります。   もっと読む