1699件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

夢といえば、有名な中国の故事、逸話である邯鄲の夢の話から、アメリカはキング牧師の夢の演説、そして、我々がそれぞれ持っている世俗的、平凡な夢などさまざまです。 さて、この議場に在席する平戸市の市政にかかわる者の夢は、市民に「平戸で暮らしてよかった」と思ってもらえることに尽きると思っております。

雲仙市議会 2021-12-09 12月09日-04号

これにつきましては、近年、中国を初めとするアジアアフリカ豚コレラ流行拡大しております。本年9月に韓国での発生が確認されており、日本への侵入率が高まっているということで、侵入路につきましては定かではございませんが、野生動物等で来るのではないかということで心配をしているものでございます。 それと、アフリカ豚コレラ豚コレラの違いでございます。 

雲仙市議会 2020-09-09 09月04日-04号

内訳といたしまして、島原観光推進機構台湾現地商談会参加負担金としまして1万5千円、長崎国際テレビと長崎市とのタイアップでタイの番組長崎市、雲仙市でのロケ及び番組放送等に係る経費としまして50万円、長崎観光連盟中国富裕層向け旅行会社招聘に係る負担金として6万8千円、韓国のキリスト教の関連番組を中心に扱う放送局CBS殉教地巡礼ツアー造成に係る負担金として5万円、フィリピン司教神父招聘に係る負担金

平戸市議会 2020-08-26 09月02日-01号

このイベントは、中国音楽を学ぶ子供達90名が世界各国音楽家から指導を受けるサマーキャンプとして行われたインバウンド事業で、日本初開催地として、多くの観光地の中から平戸市を選定していただき実現したものです。期間中は、世界で活躍する音楽界の巨匠によるコンサートも開催され、卓越した技術で観客を魅了しました。 

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

その内訳が、実は韓国25万人、そして、中国韓国、香港、そしてほとんどのアジア諸国で実は77.1%を占めています。もともと実は本県の日朝親善協会が実は発着の地であります。このつながりを踏まえ、平戸としても韓国への関係改善に取り組む必要が、アクションを起こす必要があるというように思っています。 行政側、そして議会側並び平戸市民協働、行動が必要です。 実は、私事ですが、20年間。

五島市議会 2020-06-25 06月25日-03号

議員がおっしゃいますとおり、環境省からの通知がございまして、中国等外国プラスチック等輸入を禁止したということで、日本国内廃プラスチックが滞留するのではないかというようなことが懸念されるということで、産業廃棄物に該当する廃プラスチック一般廃棄物ごみ処理施設処理をすることも検討、視野に入れてほしいというような通知が来ております。 

諫早市議会 2020-06-03 令和2年第3回(6月)定例会(第3日目)  本文

危機管理って言ったら、例えば去年12月の時点中国でああいうふうな、怪しげな肺炎が、分からない肺炎が起こりました。それが蔓延し初めている。そしたらその時点で、それが日本に来て、諫早に来たらどうなるだろう、その時点からいろいろ心配性でないといけないわけです。楽観論ではなくて、最悪どうなっていくのだろうかという係数をシュミレーションしていくのが、危機管理だと思うんです。  

諫早市議会 2020-06-02 令和2年第3回(6月)定例会(第2日目)  本文

また、中国北京ではこの5日間で100名を越える感染者が出ていると。大規模な再流行への警戒を呼びかけています。国内においても、感染者は昨日の時点で44名と報道されていますし、市民の皆さんも第2波の感染心配なのです。  ネット情報では、集団免疫を獲得する以外には方法はないとうたっております。

松浦市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第2号) 本文

117 ◯ 7番(徳田詳吾君)  先日は中国液化ガスを積んだタンクローリーが爆発して多数の死傷者が出ております。福島のほうでも運転手が安全に運転はしておりますけれども、対向車が来た場合は一時停止して大型車等はかわすなどしておりますけれども、一般車が突っ込んでくるような事故が今までも何件か発生しております。

島原市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第2号) 本文

しかし、餌である穀類は、米国、あるいはオーストラリア、中国あたり輸入経路を通じて入ってきよったところが、コロナ感染者拡大船会社の船が出ない。そしたら、船が入らないと、品物の単価が高くても買うからと言っても品物が来ないと、そういう問題に今遭遇しておるわけですね、現場は。そういうことを考えれば、やはり自給率を上げることが最終的に出てくるわけです。