運営者 Bitlet 姉妹サービス
22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2015-09-18 佐世保市議会 平成27年  9月定例会 都市整備委員会-09月18日−04号 その後、警察の捜索が続いていたが、再犯の見込みがないとの理由などにより、起訴の処分の通知を受けている。   もっと読む
2014-12-03 雲仙市議会 平成 26年 第4回定例会(12月)-12月03日−04号 告発後の取り扱いにつきましては、警察による捜査を経て、検察庁へ送付され、また検察庁による捜査の後、起訴及び起訴というふうな判断になるようにお聞きをしてるところです。 ○議長(大久保正美君) 11番、上田篤議員。 ◆11番(上田篤君) 5月の時点では、警察は告発状を受け取らなかったですね。 もっと読む
2014-12-01 島原市議会 平成26年12月定例会(第6号) 本文 出張中に職員が中部国際空港内において、盗撮という不祥事を起こし、愛知県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検され、その後、起訴処分となりました。  市議会及び市民皆様に大変御迷惑をおかけしましたことを反省し、今回の不祥事に対し、その管理監督責任者として、教育長の平成27年1月の給料につきまして、さらに100分の10を減額しようとするものであります。   もっと読む
2013-12-05 雲仙市議会 平成 25年 第4回定例会(12月)-12月05日−01号 昨年12月に発生した市道脇にある個人所有の松の木の枝を切るという窃盗被疑事件で、島原区検察庁に書類送検され、起訴となった職員の処分を今月2日に行いました。処分内容につきましては、本人を懲戒処分の減給10分の1、1か月としたところでございます。   もっと読む
2012-09-20 長崎市議会 2012-09-20 長崎市:平成24年環境経済委員会 本文 29 佐藤廃棄物対策課長 緑ナンバーといいますか、青ナンバーで貨物運送法の許可が要るんじゃないかというご指摘だと思うんですけれども、国土交通省と環境省のほうで、国の見解が若干違っている部分がございまして、結局、青ナンバーを全部とらなければならないというところまでの指導というか、そこは明確な考えがないということで、東北のほうで検察庁のほうが起訴処分にしたという もっと読む
2012-03-23 佐世保市議会 平成24年  3月 定例会-03月23日−10号 また、その交渉時、日米合同委員会の刑事部会における日本側代表の『日本側にとって実質的に重要と認める事件以外については、第一次裁判権を行使する意図を通常有しない』との発言に基づく『密約』があったかどうかについては、日本政府として、『起訴、起訴についての日本側の運用方針を説明したにとどまるものであって、日米両政府間で、何らかの合意を行ったものではない。 もっと読む
2012-03-21 佐世保市議会 平成24年  3月定例会 基地対策特別委員会-03月21日−02号 平成23年8月26日、「日米合同委員会の刑事部会において、日本側代表の法務省課長が、日本側にとって実質的に重要と認める事件以外については、第1次裁判権を行使する意図を有しないという日本側の運用方針を米側に対して説明することとし、同年10月28日の同部会において、日本側代表がこのような発言を行ったということであります」ということをその当時の松本外務大臣が述べて、その後に、「日本側代表の発言は、起訴、起訴 もっと読む
2012-03-15 佐世保市議会 平成24年  3月定例会 基地対策特別委員会-03月15日−01号 昨年1月、沖縄で米軍属の運転する車が19歳の日本人青年の車に正面衝突し、その青年の命を奪ったが、米軍属は米軍によって帰宅途中−−すなわち公務執行中と認定され、日米地位協定に基づき那覇地検は起訴処分とした。このことは米軍基地が置かれている佐世保市の市民にとっても切実な問題である。 もっと読む
2011-12-12 佐世保市議会 平成23年 12月定例会 基地対策特別委員会-12月12日−01号 いままでそういうきちんとした文書での取り決めがなかったので、公務中と言えば、すべてアメリカ側が裁判権を持つということで、先ほど申し上げたように、起訴にする可能性が高かったということだったが、こういったものがあることによって、地位協定そのものの見直しではないが、重要な判断については、おそらくこれが足かせとなって、公務中の犯罪行為についても、日本側に第1次裁判権を譲らざるを得ないということになるのではないかと もっと読む
2011-02-28 長崎市議会 2011-02-28 長崎市:平成23年第1回定例会(3日目) 本文 長崎市が一昨年9月に補助金不正受給による詐欺事件で告発したバイオラボ社の元社長に対する長崎地検の処分が1月21日付で、嫌疑不十分として起訴処分としたと発表をされました。この件について田上市長はどのように考えておられるのか。また、今後どのように対応されるお考えなのか、お伺いいたします。  私は100条委員会の委員長をさせていただきました。 もっと読む
2010-12-24 長崎市議会 2010-12-24 長崎市:平成22年文教経済委員会 本文 次の審査に入ります前に、商工部よりバイオラボ株式会社に係る告訴案件の起訴処分について報告したい旨の申し出があっておりますので、この際、報告を受けることにいたします。  なお、各委員のお手元には、本件に関する資料を配付しておりますので、ご確認ください。   もっと読む
2008-03-11 佐世保市議会 平成20年  3月開催 基地対策特別委員会-03月11日−01号 2月29日、この事件は起訴処分になったが、これは被害者及び家族の方々が起訴を取り下げたということにある。しかし、本人、家族はいたたまれない気持ちだと思う。このような事件が再び起こらないように、この決議案を提出させてもらった。このことに対して皆さんの賛同をぜひお願いしたい。 ○永山委員長   この決議案あるいは案文の内容について皆さんの意見を聞きたい。 もっと読む
2007-12-17 佐世保市議会 平成19年 12月開催 基地対策特別委員会-12月17日−01号 ただ、起訴されるのか起訴になるのか、起訴猶予になるのかというのは、警察庁として一定の判断のもとで行われるので、現段階で私の方から委員会で答弁することは筋違いだと思っている。  全体的な流れとして、漁業補償問題が絡んでいるということもあるが、制限水域における漁業補償の申請に係り、いろいろな添付書類が必要になると聞いている。 もっと読む
2007-12-03 雲仙市議会 平成 19年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号 平成19年7月4日に長崎地方検察庁が、株式会社浦野建設を競売入札妨害の罪で長崎簡易裁判所に略式起訴を行うと同時に、他の9業者への起訴処分を行ったことを確認し、入札審査委員会を開催いたしました。   もっと読む
2006-09-22 西海市議会 平成18年  9月 定例会(第3回)-09月22日−05号 いわゆる起訴をされた場合は、これは一時差止めという表現が正しいんでしょうかね、起訴をされた時点で、例えば逮捕をされて、いわゆる飲酒運転でも何でもそうですよね、刑事訴訟法に基づく内容でもいいと思うんですけれども、逮捕されて起訴される、そして当然公判が続くと思うんですよね、この間はもう一時差止めなんですかね、そして、もう1つ続けて聞きますけども、裁判の結果有罪になった場合、或いは起訴になった場合、ここらの もっと読む
2002-12-16 長崎市議会 2002-12-16 長崎市:平成14年政治倫理検討特別委員会 本文 幸い、長崎市の場合は、逮捕された議員がみんな自主的に辞職ということで今のところありますけれども、これが辞職せずに、起訴になって私はやっぱ議員を続けますというふうなことだって十分にあり得るわけだから、そういう意味で最高、失職ということも含めて検討すべきじゃないかという議論をしております。 もっと読む
1999-07-01 長崎市議会 1999-07-01 長崎市:平成11年第3回定例会(3日目) 本文 関係者全員が起訴処分になったとはいえ、この事件に関連して、議員ご指摘のように2名の職員が退職という形で責任を取り、「市政に対する市民の信頼を大きく損なわせた」として5人の被処分者を出したことを私としても厳粛に受けとめたい思います。   もっと読む
1999-03-02 長崎市議会 1999-03-02 長崎市:平成11年第1回定例会(1日目) 本文 なお、水道局長が告発された件については、有印公文書偽造、同行使被疑事件として関係書類が検察官に送付されていたが、平成10年10月30日に前助役、前環境部長及び他の職員については公訴を提起しない処分いわゆる起訴猶予処分、水道局長については嫌疑不十分ということで起訴処分となったとの報告を理事者から受けたところであります。 もっと読む
1998-12-09 長崎市議会 1998-12-09 長崎市:平成10年第7回定例会(4日目) 本文 前助役と環境部長は「起訴猶予」、他6名職員は「起訴」、水道局長は「嫌疑不十分」というものでした。この判断に対して市長の所見を伺いたいと思います。わかりやすくご答弁いただきたいと思います。  2.井戸水について伺います。11月6日付の市の報告では、6本の井戸のうち、井戸Bから0.0005/、12月1日報告では井戸Bから0.0014/検出、ほかは異常なしとのことでした。 もっと読む
1998-10-26 長崎市議会 1998-10-26 長崎市:平成10年議会運営委員会 本文 51 ◯三浦福祉保健部理事 当初、そういうことで警察に行って説明し、弁護士とも話をしながらやっていたが、基本的には、地方公共団体が出して起訴になるおそれがあるものより、より確実なものということでザビエルになった。 もっと読む
  • 1
  • 2