31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

それ以外の分は、この今上下水道が計画されている側溝または雨水渠に全て落とし込むというところで、つなぎの作業としては上下水道局と協議をしておりますので、その全体の流れのほうは、ここの21ページの図面のほうで下水道の流量で先ほどの30年確率の量に出島メッセ長崎のところに入る雨も入っていると。

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

9 ◯笈木上下水道総務課長 災害救助法が適用されるされないにかかわらず、水道事業体が加盟しております日本水道協会のほうで統一的なルールが決まっておりまして、その中では、派遣した場合の職員基本給の部分は応援に行ったほうが負担するけれども、時間外ですとか旅費とか、今回災害救助法で適用されるのと同じ経費について応援されたほうが負担しましょうというルールを決

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

ちょっとハード面からですけれども浄水場の統合ということもお話があっておりましたが、私が聞きたいのは、その浄水場にも関連する上下水道が持ち合わせているいわゆる塩漬けの土地とか広場とか市内にあろうかと思うんですね。それが何箇所どんな感じで今管理をしているのかちょっと教えてください。

長崎市議会 2017-12-08 2017-12-08 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文

113 ◯笈木上下水道総務課長 第123号議案のほうの経過措置の件だと思いますけれども、経過措置の内容自体は市長部局と同じようにしておりますので、ちょっとうちのは文章で少しわかりにくいのかもしれませんけど、意味合いとしては、これ平均的に言いますと、2万7,000円とか2万8,000円下がる職員がおりますので、平均するとそのくらい下がりますので、それを最終的

長崎市議会 2017-03-13 2017-03-13 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文

211 笈木上下水道総務課長 議案書の13ページの職員1人当たりの給与のところですけれども、技能労務職いわゆる現業職員のほうになりますけれども、平均年齢は1歳上がるんですけれども、給与制度平成21年1月に大幅な見直しをしまして、その時点で約20%ぐらい減するような給与制度の見直しをしたんですが、現給補償をずっとしております。

長崎市議会 2016-12-07 2016-12-07 長崎市:平成28年建設水道委員会 本文

条例の改正案の提案理由でございますが、今回の条例改正は平成28年人事院勧告に基づき国の関係法律が改正されたことに伴い、本市の一般職に関する関係条例の改正が予定されていることから一般職職員との均衡を勘案し、扶養手当を支給する上下水道企業職員の範囲を見直すとともに介護時間が新設されたこと等に伴う関係条文の整理をしたいのと、その他所要の整備を行おうとするものでございます。  

長崎市議会 2016-12-05 2016-12-05 長崎市:平成28年第5回定例会(5日目) 本文

次に、第194号議案「長崎市下水道局企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」は、本市の一般職職員との均衡を勘案し扶養手当を支給する上下水道企業職員の範囲を見直すとともに介護時間が新設されたこと等に伴う関係条文の整理をするものでございます。  以上で提案理由の説明を終わります。  よろしくご審議のほど、お願いいたします。

長崎市議会 2016-10-27 2016-10-27 長崎市:平成28年建設水道委員会 本文

262 笈木上下水道総務課長 それでは、平成27年度長崎市生活排水事業特別会計歳入歳出決算につきまして、上下水道局から提出しております委員会資料に基づきましてご説明させていただきます。  委員会資料の1ページをお開きください。1ページには、集落排水処理施設の概要を記載しております。

長崎市議会 2016-10-26 2016-10-26 長崎市:平成28年建設水道委員会 本文

58 笈木上下水道総務課長 14ページの職員数の比較で、技術職員の数が、平成28年3月31日現在で90名。平成27年3月31日、1年前が88名ということで2名増しておりますが、この2名の増の内訳は、一時的といいますか、派遣職員が1名増したことなどによる増の部分でございます。技術職員に関しては、現状の体制の中でやっていくべきだろうと考えています。

長崎市議会 2016-03-03 2016-03-03 長崎市:平成28年総務委員会 本文

物件番号6、泉2丁目の物件につきましては、用地課所管の道路残地であったもので、隣接する上下水道所管の土地と一画地として、一体として売却するものでございます。これにつきましては、平成24年度に一旦売却しておりましたが、当該地が市街化調整区域であることが判明し、平成25年12月に買い戻しておりました。このたび用途地域が変更になりまして、売却することにいたしたものでございます。  

長崎市議会 2015-09-11 2015-09-11 長崎市:平成27年建設水道委員会 本文

それから、責任はどうあるのかということでございますが、まず原因について、今、過去もさかのぼって、どこに原因があったのかというのは、今、検証作業をさせていただいておりますので、その検証結果によって、またご報告をしたいと思いますが、現時点におきましては、まず雨水渠の復旧というのは、雨水渠を管理する上下水道責任を持って復旧をするというのがまず1番でございますので、雨水渠の復旧については上下水道局責任

  • 1
  • 2