運営者 Bitlet 姉妹サービス
31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-06-21 長崎市議会 2017.06.21 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 議会として、一事再議といいますか、一旦一定の方向が出たら、それについてはもう時間が短い間においては、前の議決を尊重するというような慣例になってると思うんですが、過去3回の陳情にしてこの4回目の陳情、どの点が新たな陳情報告になってるのか、そのあたりについて、また、それに関して行政としての判断があればお示しいただきたいと思います。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-21 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 議会として、一事再議といいますか、一旦一定の方向が出たら、それについてはもう時間が短い間においては、前の議決を尊重するというような慣例になってると思うんですが、過去3回の陳情にしてこの4回目の陳情、どの点が新たな陳情報告になってるのか、そのあたりについて、また、それに関して行政としての判断があればお示しいただきたいと思います。 もっと読む
2014-12-12 長崎市議会 2014-12-02 長崎市:平成26年第5回定例会(4日目) 本文 長崎市議会は、いや、議員諸君がそのことを果たして許容するのか、一事再議の縛りを避けて、いわゆる二度まで、いや、今回、三度までも議会軽視の暴挙に出た田上市長の暴走をそのまま受け入れるのか、その品性と品質が問われている重大問題であるだけに、議員各位にも問いかけるつもりで時間をかけたいと思います。特に、けさの報道に見られる審査所管がえのこそくさには怒りが込み上げます。   もっと読む
2014-12-02 長崎市議会 2014.12.02 長崎市:平成26年第5回定例会(4日目) 本文 長崎市議会は、いや、議員諸君がそのことを果たして許容するのか、一事再議の縛りを避けて、いわゆる二度まで、いや、今回、三度までも議会軽視の暴挙に出た田上市長の暴走をそのまま受け入れるのか、その品性と品質が問われている重大問題であるだけに、議員各位にも問いかけるつもりで時間をかけたいと思います。特に、けさの報道に見られる審査所管がえのこそくさには怒りが込み上げます。   もっと読む
2014-09-24 長崎市議会 2014.09.24 長崎市:平成26年環境経済委員会 本文 一事再議の規定がございますが、一事再議の原則を破るものとして、事情変更の原則の適用がある場合というものがございます。  この事情変更とは、議会の意思の変更を是認しなければならない程度に十分な客観的情勢の変更があった場合というものです。   もっと読む
2014-09-09 長崎市議会 2014-09-24 長崎市:平成26年環境経済委員会 本文 一事再議の規定がございますが、一事再議の原則を破るものとして、事情変更の原則の適用がある場合というものがございます。  この事情変更とは、議会の意思の変更を是認しなければならない程度に十分な客観的情勢の変更があった場合というものです。   もっと読む
2014-03-28 長崎市議会 2014.03.28 長崎市:平成26年議会運営委員会 本文 長崎市議会では例のないことだと思いますけど、国会ではしょっちゅうありますけれども、やっぱり今のような状況の中で何の変化もないときに半月もたたんような今の状況の中で同じ議案を、これは一事再議じゃない、議会は違いますから、なりませんが、それに近いようなことで議会の権能を損なうということについては、全く納得できない。 もっと読む
2014-03-03 長崎市議会 2014-03-28 長崎市:平成26年議会運営委員会 本文 長崎市議会では例のないことだと思いますけど、国会ではしょっちゅうありますけれども、やっぱり今のような状況の中で何の変化もないときに半月もたたんような今の状況の中で同じ議案を、これは一事再議じゃない、議会は違いますから、なりませんが、それに近いようなことで議会の権能を損なうということについては、全く納得できない。 もっと読む
2014-03-01 島原市議会 平成26年3月定例会(第5号) 本文 これで否決されても、再度この後、3月いっぱい時間ありますから、そこで再度数字を変えて提案すればそれは一事再議に当たらないということですので、当局側は今回の300万円の内訳、これが東京学生寮廃止を前提とした予算であって、どう考えても納得ができない引っ越し代20万円ほどを計上していると。これではおかしいんではないかということなんです。   もっと読む
2013-06-24 長崎市議会 2013.06.24 長崎市:平成25年議会運営委員会 本文 そうすると、今度は同じ委員会で、同じ会期中にそれを取り下げるというのは、これは一事再議という問題にかかわらないのかどうかという問題も発生するんじゃないかと。 もっと読む
2013-06-06 長崎市議会 2013-06-24 長崎市:平成25年議会運営委員会 本文 そうすると、今度は同じ委員会で、同じ会期中にそれを取り下げるというのは、これは一事再議という問題にかかわらないのかどうかという問題も発生するんじゃないかと。 もっと読む
2013-03-07 長崎市議会 2013.03.07 長崎市:平成25年教育厚生委員会 本文 それをあと賛否両論をそれぞれ会派に持ち帰って、そして、文章を、これは取り上げて、これは削除してと、何とかつくっていって、そしてまた、皆さんにお諮りをして、この文章で出したいと思うがどうかということになると、一事再議の原則に反するじゃないですか、要はね。ここで委員会でそういう結論が出たら、これは取り上げないということで、これで終わりにしなくちゃおかしな話になりますよ。 もっと読む
2013-03-03 長崎市議会 2013-03-07 長崎市:平成25年教育厚生委員会 本文 それをあと賛否両論をそれぞれ会派に持ち帰って、そして、文章を、これは取り上げて、これは削除してと、何とかつくっていって、そしてまた、皆さんにお諮りをして、この文章で出したいと思うがどうかということになると、一事再議の原則に反するじゃないですか、要はね。 もっと読む
2012-10-30 長崎市議会 2012.10.30 長崎市:平成24年総務委員会 本文 深堀義昭委員 所管委員会で11月にそれなりの議論がされると伺っておりますから、それ以上のことは申し上げませんが、少なくとも一事再議の原則をご存じの上で本会議の採決までほうかぶりをしたというような形で捉えられても、おかしくない。市の職員の派遣業務という認識も、全く1カ月間やられていない。そういうのが長崎市が補助金を、当初の予算、1億2,000万円を含めた、その前から市の職員は行っているんですよ。 もっと読む
2012-10-11 長崎市議会 2012.10.11 長崎市:平成24年各派代表者会 本文 この、今、市長が手続等については凍結をしておりますと言いますが、この事案に関連があって、一事再議の原則を十分承知をしておったから報告をしなかった。というのが、28日の本会議をもって採決をしない限りは、委員会の報告は委員長報告どまりなんですよ。28日まであるんですよ。何で28日の昼から報告されるんですか。何も状態変わっていないじゃないですか。変わっているのは、審査が終わっている。 もっと読む
2012-10-10 長崎市議会 2012-10-11 長崎市:平成24年各派代表者会 本文 この、今、市長が手続等については凍結をしておりますと言いますが、この事案に関連があって、一事再議の原則を十分承知をしておったから報告をしなかった。というのが、28日の本会議をもって採決をしない限りは、委員会の報告は委員長報告どまりなんですよ。28日まであるんですよ。何で28日の昼から報告されるんですか。何も状態変わっていないじゃないですか。変わっているのは、審査が終わっている。 もっと読む
2012-10-10 長崎市議会 2012-10-30 長崎市:平成24年総務委員会 本文 135 深堀義昭委員 所管委員会で11月にそれなりの議論がされると伺っておりますから、それ以上のことは申し上げませんが、少なくとも一事再議の原則をご存じの上で本会議の採決までほうかぶりをしたというような形で捉えられても、おかしくない。市の職員の派遣業務という認識も、全く1カ月間やられていない。 もっと読む
2012-03-06 松浦市議会 平成24年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2012年03月06日 12 ◯ 10番(久枝邦彦君)  過去にですね、一事再議という議会の言葉にありまして、私は民間人のときにはこういう言葉、知りませんでしたけど、1回審議されたことはもう審議しないというのが、原理原則であるようでございます。 もっと読む
2009-06-01 島原市議会 平成21年6月定例会(第6号) 本文 (「議長5番、議事進行について」と呼ぶ者あり) 149 5番(松坂昌應君)  私は本当に、これは初めてのことという話ですけれども、今この3%の議案が可決した場合は、その後に私たちが用意している10%の削減案は一事再議ということで廃案だというふうに もっと読む
2006-11-30 佐世保市議会 平成18年 11月開催 企業経済委員会-11月30日−07号 もう一つは、これは一事再議の問題がある。どこかの会派から話が出たということだが、どこかの会派の方は、この委員会にも所属しているんじゃないのか。なぜそのときに問題提起して、議論するというふうにならなかったのかと。こういう問題は当然問われるわけである。 もっと読む
  • 1
  • 2