72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西海市議会 2020-03-04 03月04日-03号

だから、それを世話する側のほうが、そういうものにレーダーを張っとって、いいものが出てきたら、こういうものがあるよとすぐ紹介して、補助具として使えないかなという、そのぐらい障害者に対する親身な気持ちを持って頑張っていただきたいと思います。私の要望として。 ○議長平野直幸)  杉澤市長

大村市議会 2019-12-02 12月02日-01号

事故の原因と処理でございますが、経年劣化により陥没箇所が発生したため、事故後、陥没箇所の補修を行うとともに、ほかに空洞箇所がないか地中レーダー等を使って市道空洞化調査を行いましたが、新たな空洞箇所はありませんでした。 今後は、市道パトロール日ごろ道路を通行する際には道路状況等の把握に努めるとともに、発見した場合には早急な対応をとっていきたいと考えております。 

雲仙市議会 2019-09-02 09月02日-02号

◆2番(山本松一君) それでは、今、日本と対立をしている韓国ですけれども、従軍慰安婦、徴用工問題、レーダー照射、ホワイト国からの除外、さらにはGSOMIAへの破棄と通商のみならず、安保問題にも発展して収拾がつかない最悪の状況となっています。 雲仙市の外国人観光客は年間約7万人ですが、そのうち韓国人が約3万8千人と、54%を占めています。

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年総務委員会 本文

最後に、第9款国有提供施設等所在市町村助成交付金ですが、これは国が所有する固定資産のうち、自衛隊等基地施設に供する固定資産について交付されるもので、長浦岳に所在する自衛隊気象レーダー観測所について国から交付されており、前年度当初予算に比べ2,000円、0.7%増の30万円を計上しております。  

南島原市議会 2018-07-25 07月25日-04号

本市におきましても、先般、レーダー観測では110ミリというふうな雨量がという状況もあったわけであります。そういう大雨による災害が毎年本市でも発生をしておりまして、私も排水路整備など、市民の生命、財産、そしてまた市民の生活を守るために早急に対策を講じていかなければならないと考えているところであります。 

諫早市議会 2018-03-03 平成30年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

そういう意味では、先ほどから申し上げますようにレーダーでなかなか映ってこない、気象レーダーで映ったときには大雨の傾向がもう既にあらわれているような状況が発生しやすい地域諫早市ということではないかと思っております。  諫早市にも、市職員気象予報士の資格を持っている職員も2名ほどおります。

南島原市議会 2018-03-02 03月02日-05号

その方法は、非破壊調査手法と言われ、電磁波による地中レーダー探査での調査を行いました。 結果、キリシタン墓碑が埋没していると推定される場所の地下1メートルの所に石材と思われる物体を確認しております。以上でございます。 ○議長中村一三君)  2番、金子議員。 ◆2番(金子憲太郎君)  5基あったということ、5基あると言われているんですか。今5基、調査をした。 ○議長中村一三君)  教育長

南島原市議会 2017-09-15 09月15日-03号

私の知り合いの人が、レーダーを見とったら、あ、大雨が来ると、降るということで役所に連絡したんですけれども、全然無視されて対応してくれなかったと。そのために水に浸かったんですと。大雨が降れば、必ず電話が来るんです。浸かりました、ポンプまだでしょうか、まだでしょうかということで。それで、29年度から運転されるそうですから、それまでちょっと我慢しとってくださいと。

佐世保市議会 2017-09-15 09月15日-05号

これは、発射直後からミサイル軌道レーダーが捉え、それが進む方向がわかるため、影響が予想される地域に対して警報を流すということになりますが、ミサイルが上昇している状況、つまりブースターが燃えている状態では、飛行する方向はわかっても着弾地点の予測はできないため、そのライン上のどこに着弾するかは、ブースターの燃焼が終わり弾道軌道に入らないとわからないということでございます。

南島原市議会 2017-09-14 09月14日-02号

そういう大雨が大変心配されるような状況が、今日多々あっているところでありますが、これについては、まず、気象台が発表する記録的短時間大雨情報、そしてまた雨雲レーダー、土砂災害警戒情報などを把握しながら、大雨土砂災害が予想される場合には、早目避難準備情報であるとか、避難勧告、あるいは避難指示を発令するということにいたしております。 

佐世保市議会 2017-09-14 09月14日-04号

国土交通省九州地方整備局のホームページによりますと、7月5日の昼ごろから夜にかけて、九州北部で局地的に非常に激しい雨が降り、気象庁のレーダー解析では、朝倉市では約1,000ミリ、日田市では約600ミリの記録的な豪雨となって、各地で甚大な被害が発生しております。 人的被害としては、死者数36名、行方不明者数5名、重傷者3名、軽傷者11名。