1043件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 長崎市議会 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文 この点理事者から、当該記述については、仮に施設建設を凍結し、契約解除に至った場合の市民負担のリスクについてふれたものであり、請求代表者が署名活動を行う際に市民にとって必要な情報であったと考えることから記載したとの答弁があっております。  なお、委員から、損害賠償に係る記述について、削除するべきとの強い意見が出されました。 もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文 そこら辺は真摯に、危険性、リスクというのは一定、想定外というのはないんですから、関西国際空港はつかったんですから、そこら辺はちゃんとお示ししといていただかないと、何か皆様方の答弁じゃ、もう考えられ得るリスクに対しては全て問題ないんですみたいなことに聞こえるので、そんなことはないんじゃなかろうかと思うので、ちょっと指摘をさせていただいているんですが。 もっと読む
2018-12-11 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号 なお、工事が実施可能な箇所、例えば、導水管などでございますけれども、これは最新の技術を取り入れながら更新・改修を行っておりますが、どうしても取水設備の工事が難しいことから、石木ダム建設により水源不足の不安を取り除き、ダムを空にしても大きなリスクが生じないような状況にしてから工事に着手する必要がございます。   もっと読む
2018-12-10 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号 ウエストテクノ佐世保の分譲完売を受け、950人の雇用が進むのではないかという話から、増加する従業員の通勤の要所にもなりますし、先ほど、生活道路での危険性の話もしましたけれども、あらゆる機能を持つこの道路のリスクを分散する必要性から、抜本的解決のための第2の産業道路の確保が求められているのではないかと思っております。   もっと読む
2018-12-10 長崎市議会 2018-12-10 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 イの直近の開催状況ですが、第20回から第22回まで3回会議が開催され、主にリスクアセスメント等に基づく対応や委員からの質問・意見に対する回答等について説明や協議がなされました。  資料の2ページをごらんください。 もっと読む
2018-12-07 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号 次に、居住誘導区域の考え方ですが、国の指針によれば、土砂災害警戒区域などは災害リスク、警戒避難体制の整備状況などを総合的に勘案し、居住を誘導することが適当でないと判断される場合は、原則として居住誘導区域に含めないこととすべきとなっております。   もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 そういったことで、この超えるおそれについてはこういうリスク、基本的には意見書の中で、住民請求の部分になりますので、こういったもののリスクがやはりここに書くべきではないかという指摘をさせていただいたということでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 なお、斜面の安定を図るためには、防空ごうを撤去することがリスクはなく、最も安全な方法と考えているためご理解いただきたいとの回答があり、平成30年11月9日付文書で連絡会に回答したところです。防空ごうの保存につきましては、以上のことから、連絡会及び鉄道・運輸機構と改めて協議することは考えておりません。 もっと読む
2018-12-06 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号 これは法律上、区域整備計画の認定申請には、市議会の意見を踏まえた本市の同意や県議会の議決が要件となっており、認定された後も、10年後、その後5年ごとに計画を更新する際にも、同様に同意や議決といった手続が必要でございますので、合意形成が進んでいるということは、IR事業者にとりましても、事業継続における最大のリスクが軽減され、投資しやすい環境ではないかと考えております。   もっと読む
2018-12-05 長崎市議会 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文 マンションは適正な管理をすることで安全で長期間の居住が可能ですが、管理組合の機能不全や修繕積立金の不足などによりメンテナンスを怠り老朽化が進むと、共同所有であるが故の権利関係の複雑さや建物の大きさなどから、一戸建てとは違い修繕や解体が難しく、地域の安全面からも大きなリスクとなりかねません。 もっと読む
2018-12-03 長崎市議会 2018-12-03 長崎市:平成30年第4回定例会(3日目) 本文 そのため備蓄品の配置の考え方としまして、東西南北及び中央エリアの施設で備蓄することにより、リスクを分散し効率的に配送する計画で考えております。現在、北部エリアでは3カ所、南部エリアでは4カ所、東部エリアでは1カ所、離島では高島、池島、西部エリアを含めた中心部エリアにおきましては2カ所、合わせて12カ所にそれぞれ備蓄しております。   もっと読む
2018-11-30 長崎市議会 2018-11-30 長崎市:平成30年第4回定例会(2日目) 本文 そういった市民サービスの低下リスクがあるんだということを示しながら、市民に対して大型公共事業をやりましょうと、私は言わなきゃいけないと思います。市長意見書の中で市民が今度住民投票やるときのリスクを示さないとだめじゃないかというご意見がありましたが、それはそのまま市のほうにお返ししたいと思います。産業育成のところが時間がありませんので、進ませていただきます。   もっと読む
2018-11-27 長崎市議会 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会(1日目) 本文 しかしながら、条例制定請求においては、そのような市民にとって不利益となるリスクが示されておらず、その内容を市民が適切に判断できるものとはなっていません。  本事業については、長い時間をかけてさまざまな議論や検討、取り組みを積み重ね、その熟度を高めてきたものであり、今後も責任をもって本事業を進めていくべきであると考えています。   もっと読む
2018-11-19 長崎市議会 2018-11-19 長崎市:平成30年議会運営委員会 本文 条例制定請求においては市民にとって不利益となるリスクが示されておらず、その内容を市民が適切に判断できるものとはなっていないこと。本事業については、長い時間をかけてさまざまな議論や検討、取り組みを積み重ね、その熟度を高めてきたものであり、今後も責任を持って本事業を進めていくべきであること。以上の点から反対すべきものと判断しています。  次に、(2)請求の要旨に対する考えにつきましてご説明します。   もっと読む
2018-10-30 長崎市議会 2018-10-30 長崎市:平成30年総務委員会 本文 それから都市化されてそういう集落が自然消滅的に減った矢上地区であったりいろいろなところに一定そういう部落が存在をしたという経緯がありますので、今、残って形で行政として残っているのが今申し上げたのが銭座小学校校区にあると、それが時間的にもう古くなってきているし使用人口が減っているということも含めて後にならないような対策をしなければ、空き家がふえることによってその箱物がダメージを受けるリスクが非常に高いわけですから もっと読む
2018-10-23 長崎市議会 2018-10-23 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 そこで、厚生労働省といたしましては、この有効性と比較したときに定期予防接種の中止までにはリスクは高くないと評価いたしましたが、この原因等が明らかになるまでは、接種的に勧奨すべきではないというご判断をいただいております。現在の厚生労働省におきましては、その原因等調査しているところでございます。 もっと読む
2018-10-22 長崎市議会 2018-10-22 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 次に、その下の5.農業振興費負担金・補助金のうち、(6)長崎びわ災害リスク管理支援費補助金71万4,225円でございますが、ビワは生育の特性上、気象災害に遭いやすい果樹であることから、ビワ産地の強化を図るため、平成25年度から果樹共済加入に係る支援を行っているものでございます。なお、平成29年度は、共済加入数は275戸となっております。 もっと読む
2018-10-12 長崎市議会 2018-10-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 これは、各総合事務所の地域福祉課に保健師がおりますので、基本的には高齢者の方への対応というのは地域包括支援センターがやっておりますけれども、そこの中での地域包括支援センターの会議にその保健師が出ていって、いろんな情報の交換とか調整をやりましたりとか、それからその中でも例えば高齢者の方でかなりなリスクを抱えてらっしゃる方がいらっしゃると。 もっと読む
2018-09-18 長崎市議会 2018-09-18 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 長崎市がことしの春に出された国保だよりで、しおりの中に、国保だよりにそう書いてあるんですが、その後に年齢構成が高く医療費水準が高い、所得水準が低く保険税の負担が重い、財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者が多く、財政赤字の保険者も多く存在するという構造的な課題を抱えていますということがこの市の広報にも書いてあります。 もっと読む
2018-09-14 長崎市議会 2018-09-14 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 きょう初めて聞いた話だからわかりづらいんだけど、非常に要するに尋ねたいのは、長崎市としてはリスクが低いという理解でいいわけやね、そこ確認します。 62 ◯片岡商工部長 確かに、資金の流れ、キャッシュフローは非常にわかりにくくはなっております。 もっと読む