運営者 Bitlet 姉妹サービス
1493件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 大村市は、確かにそれらのリスクはほかの自治体に比べてかなり低いほうだとは思っておりますが、天災というのは、いつ、どのタイミングで襲ってくるかというのわかりません。だからその避難場所というのは、すごく大切なわけですが、今までここを指定避難所としてきた町内会というのはどのくらいあるのでしょうか。ろう学校を避難場所にしていた町内会というのは。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 受動喫煙、いわゆるたばこを吸わない周りの人にも影響があるということは、がんや脳卒中、心筋梗塞、呼吸器疾患など、さまざまな病気のリスクが高まるということで、さらには、妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがわかっていることから、今、社会全体で取り組まなくてはいけないというふうになってきております。   もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 ニッセイ研究所の調査によりますと、社会的孤立リスクが最も高いのは、75歳から79歳の5%が最もコミュニケーションの量が少なく、レベル5と指摘をしておりますことから、本市における高齢者の孤立の状況と見守り対策について質問をいたします。 ◎福祉保健部長(大槻隆君)   本市の65歳以上男性高齢者の単身世帯は、8月末現在、1,856世帯でございます。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 土砂災害警戒区域等には、昨年の避難勧告等に関するガイドラインの中にも、平常時から居住者等に対して、その土地の災害リスク情報や災害時にとるべき避難行動について周知を図ることというふうにありましたけれども、こうしたことを踏まえ、見解をお伺いをいたします。よろしくお願いします。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 住民の高齢化が進むと今までにない新たなリスクが発生します。大事に至る前に先手先手の取り組みが今こそ必要ではないでしょうか。  そこでお尋ねいたします。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 国立感染症研究所が出す、災害時の感染症に関するリスクアセスメント表の中でも、ロタウイルスを含む感染性胃腸炎はリスク評価が高くなっています。   もっと読む
2018-06-19 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号 余り急激に周辺部まで下水道化を進めることは、リスク分散の上からも好ましくありません。  各地区の集落排水は、施設ごとに自然の浄化にも助けられ、浄化されて流されています。自然の浄化能力も活用すべきです。その地区ごとにリスクを分散する方式は、補修をしてでも残したほうがいいのではないかと思います。   もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 ただ今後、各家庭で使える災害時用の固めるトイレの備蓄等を進めまして、あわせて災害のリスクに対して対応したいと考えております。 ◆13番(朝長英美君)   ぜひこの下水道管、処理施設については、かなりのあれが必要だと思いますのでよろしくお願いします。  それと、次にお願いしたいんですけど、下水道計画と現行制度について質問させていただきます。 もっと読む
2018-03-08 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号 これまで私の主張としては、これは、ちょっと山北議員と少し考え方は変わるんですが、保育料第2子無料化といった、いわゆるサービス事業は、突然中断することは、これは、受益者にとって大きな損害になるということで、ボート事業といういわゆる水ものと言ったら、ボート事業に大変失礼ですが、変動の大きい、変動リスクのある財源ではなく一般財源、山北議員は一般財源も当てにならんぞとおっしゃいましたけども、ボート事業よりは もっと読む
2018-03-08 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−04号 ◆5番(杉山誠治)   男性と違って、女性の場合はお金の問題ではなくて、やっぱり二の足を踏む原因、リスクの問題だとか子どもの問題、家庭の問題があるかと思うんですが、そこらへんをすぐに相談に乗ってやって解消していくような仕組みが必要かと思います。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 また、新事業進出の取り組みには人材育成や研究・開発などの取り組みが必要でございますが、特に研究・開発には多額の資金が必要であることから、費用負担などリスクもあり、取り組みに慎重となっている企業も多いことが挙げられます。しかしながら、新事業進出や新規取引先獲得など、経営基盤の強化に向けた取り組み意欲がある企業が出てきているといった状況もございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 赤枠で示しております、基幹管路、配水タンク間の連絡管路や重要拠点への管路など、幹線管路につきましては、優先すべき管路と位置づけ、予防保全の観点で破損のリスクをなくすよう、優先して更新を行うことといたします。また、幹線管路以外の管路につきましては、支線管路と位置づけ、このうち、破損時の社会的影響が小さい管路につきましては、事後保全の考え方も視野に入れて更新を行うことといたします。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 なお、災害リスクに備えて、果樹共済加入の促進も努めており、平成29年度の加入者は、275名と産地全体で災害リスク管理に向けて取り組んでおり、次年度の共済に係る農業者の一部の支援につきましても、長崎びわ災害リスク管理支援費補助金として、お願いしているところでございます。  次に、33ページをお願いします。【単独】農業振興施設整備事業費補助金、農業新規参入促進施設2,800万円でございます。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 通常は国内業者を仲介として海外から購入することになりますが、輸送時に発生する破損や遅延のリスクがあります。平成30年度に購入を予定している中古品は国内に既にあり、それらのリスクを回避し、手続を簡略化することができます。次に、建築工事ですが、基本計画を策定し、建物の諸室の配置などを決定した上で基本・実施設計に着手します。1年程度を予定しており、平成31年度下半期ごろから建築工事に着手いたします。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 当然相手がいることですので、最初からリスクが高いほうでというか、金額の大きいほうで見るべきじゃなかったかというのはあるかと思います。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 なお、今後の簡易ハウスの推進については、降雪の際の暖房機の活用や気象災害に備えた共済の加入の推進を図り、災害リスク管理に対する生産者の意識向上の啓発に努めていくこととしています。さらに、簡易ハウスの導入のための国庫補助事業については、終期が平成30年度となることから、事業の継続について、国や県に要望していきたいと考えています。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 建設に当たりましては、充実した調理設備やアレルギー専用室を設け、異物混入防止のためのエアシャワーやエアカーテン等を備え、リスク分散として調理ラインの複数化を図るとともに、食育推進のための見学や啓発コーナーを完備した施設とすることを考えております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 初めに、(1)除却工事の追加につきましては、改正理由といたしまして、除却工事の追加による地震時の建物倒壊の危険性の減少や放置建物の除却による防火・防犯・景観等のリスクの減少を図るため、従来の補助対象である改修工事、現地建て替え工事に除却工事を追加しております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 胃がんリスク検診というのをやっておりまして、これについては2,091件を想定いたしました。前立腺がんにつきましては6,000件を想定しております。あと検診につきまして、歯周疾患の検診をやっております。これが1,013件を想定したところでございます。  今後予算の資料につきましては、こちらの件数の分についてもしっかり書かせていただきたいと思います。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-12 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 そういう意味で、長崎市としましても、長崎大学に対して丁寧な説明、わかりやすい説明というのを求めているところでございますし、また安全性、安心につながるためには当然安全性の確保というのが必要でございますので、その点についても、長崎大学のほうに求めておりまして、今具体的な取り組み、リスクに対する評価等も今取り組み始めて、今後明らかにされてくるところだと思いますけれども、その中で具体的なことをお示しする中で もっと読む