65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目)  本文

平成7年1月の阪神・淡路大震災も24年前になりますけれども、マグニチュードが7.3、震度が7という大地震でございました。  このときは神戸市の長田区というところに職員を、たしか6次か7次にわたって、1月半ぐらいにわたって、派遣しました。1チームが基本的には14から15名、それに保健師が2人加わっているという派遣体制をとりました。

長崎市議会 2018-12-05 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文

北海道胆振東部地震ではマグニチュード7以上の激震により、札幌市では大規模な液状化現象が発生し、住宅地の生活道路の陥没、隆起住宅の倒壊という大きな被害が発生しました。現在も、復旧に向けて市民行政が一体となって鋭意検討が進められている状況です。埋立地河川の周辺で発生しやすいこの液状化現象は、その後の復旧にも多くの時間と多額の経費が必要となります。

長崎市議会 2018-12-03 2018-12-03 長崎市:平成30年第4回定例会(3日目) 本文

近年、東日本大震災熊本地震などの大規模地震が発生しておりますが、ことし6月にもマグニチュード6.1、最大震度6弱を観測した大阪府での地震、さらに9月にはマグニチュード6.7、最大震度7を観測し、多数の土砂災害や大規模停電、いわゆるブラックアウトが発生した北海道胆振東部地震など、今後もどこで大規模な地震が発生するかわからない状況となっております。  

諫早市議会 2018-06-03 平成30年第2回(6月)定例会(第3日目)  本文

今月に入ってからも立て続けに地震が起こり、18日に大阪で震度6弱の地震があったばかりですが、インターネットで調べたのですが、きのうだけでも福島県宮城県大阪府西表島マグニチュード3.1から4.1の地震があり、鹿児島県では、きのうの大雨による土砂災害が、そしてまた、熊本県では、熊本城のやぐらが倒壊するというような災害が出ております。  

諫早市議会 2018-06-02 平成30年第2回(6月)定例会(第2日目)  本文

先ほどから林田議員、市長も言われましたように、一昨日、大阪でマグニチュード6.1という大きな地震が発生し、登校中の小学4年生の女子児童学校施設により亡くなるなど、5名の犠牲者と400人に迫る負傷者が出ておられます。不幸にして亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。  

長崎市議会 2017-09-08 2017-09-08 長崎市:平成29年第3回定例会(4日目) 本文

震度4、マグニチュード4.2で、幸い津波の心配はありませんでした。また4月19日に、2016年7月27日以来およそ9カ月ぶりで、橘湾震度2並びに震度3を含む3回の地震が発生しております。  橘湾には、雲仙断層群があり、島原湾から島原半島を経て橘湾にかけて分布する活断層で、島原半島のほぼ中央には活火山雲仙岳が位置しています。

長崎市議会 2017-06-15 2017-06-15 長崎市:平成29年第2回定例会(3日目) 本文

そのような中で、先週9日の土曜日には、橘湾震源とする震度4の地震が発生しましたが、4月19日にもほぼ同じ震源地震が発生しており、大学教授専門家の意見としては、橘湾は雲仙断層群で、熊本地震クラスのマグニチュード7の地震が発生する可能性があるとのことで、対岸の火事ではないということです。

平戸市議会 2016-12-08 平成28年12月定例会-12月08日−03号

特に11月22日には東日本でまたもマグニチュード7.4の強い地震が起き、津波が発生し、福島第二原発の3号機の使用済み燃料プールの冷却装置一時停止するなど改めて原発事故の恐ろしさを思い起こさせた次第であります。  政府佐賀長崎福岡各県で構成する玄海地域原子力防災会議は、この2度目の東日本地震があった日に開催されております。

時津町議会 2016-12-06 平成28年第4回定例会(第1日12月 6日)

また、ニュージーランドでもマグニチュード7.8の地震が発生しております。  お亡くなりになられた方々につきましては、御冥福と早期なる復旧・復興を望んでおります。  11月14日11時現在の地震観測回数は、熊本で183回、鳥取県中部では282回発生しております。いまだに収束の兆しは見えておりません。熊本では一昨日も震度2の地震が発生しております。  

時津町議会 2016-06-08 平成28年第2回定例会(第2日 6月 8日)

熊本地震は、マグニチュード6.5クラスでも震源が浅いと震度7の激しい揺れになることを証明しました。マグニチュード6.5クラスの地震は、日本中どこでも起こります。大きな地震が発生する確率は、九州が全国のトップクラスということです。私は時津町も含まれる別府・島原地溝帯の中の活断層で、何度も強い地震が発生していることを知って、大地震対策について真剣に向き合う必要があることを痛感しました。  

諫早市議会 2016-06-02 平成28年第2回(6月)定例会(第2日目)  本文

ちなみに、県内で歴史的に被害が大きかった地震は、1922年(大正11年)12月の島原半島付近マグニチュード6.9であり、北有馬、小浜で26名の方がお亡くなりになられておられます。  また、震度4以上の震源地のほとんどは雲仙岳付近に集中しており、活断層として雲仙活断層群、島原沖断層群、橘湾西武断層帯、大村・諫早北西付近断層帯があります。  

長崎市議会 2016-03-01 2016-03-01 長崎市:平成28年建設水道委員会 本文

76 梅原和喜委員 所有者の方には、いいやろうということで、なかなか耐震診断とかまだ受けれていないところがあると思うんですけれども、ことしに入って、地震学者が長崎にも、もしかしたらマグニチュード幾らの高い津波が来るという学会もありましたので、特にホテル関係の耐震診断をしなければいけないところについては、長崎市からしっかり指導をしていただきたいと思います。

西海市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月15日−資料

+--------+ |4.渡辺督郎議員| +--------+ 質問事項1  防災対策について 質問の要旨 (1) 11月14日午前5時51分頃鹿児島西方沖を震源とするマグニチュード7と推定される地震が起きた。西海市震度2ということだった。この時の市の災害対応は、どうだったのか伺う。 (2) 携帯電話緊急地震速報が入り心配した。

長崎市議会 2014-11-28 2014-11-28 長崎市:平成26年第5回定例会(2日目) 本文

先週11月22日に長野県北部で震度6弱、マグニチュード6.7の地震が発生しました。11月27日、昨日の新聞報道によりますと、家屋の全壊が33棟、半壊が56棟、一部損壊650棟の被害があっています。  人的被害では重傷の方が10名、軽傷36名という状況でした。被害に遭われた方々に、そして、おけがをされた方々に心からお見舞いを申し上げます。  

諫早市議会 2013-09-06 平成25年第5回(9月)定例会(第6日目)  本文

橘湾には海溝型の地震はありませんが、南海トラフ沿いの巨大地震があった場合、これはマグニチュード9.1ぐらいを想定しますと最大4メートルぐらいの津波があるというふうな予測も出ております。  こうしたことから、よその市においても、国の対応とは別に独自に情報提供する、いわゆる海抜表示を実施しているところもあります。  

平戸市議会 2013-09-05 平成25年 9月定例会-09月05日−03号

また、二〇一一年三月十一日、ちょうど三月議会委員会の会議中でありましたが、午後二時四十六分、宮城県仙台沖東七十キロで発生をいたしましたマグニチュード九・〇の巨大海底地震は巨大な津波を発生させ、東北東海岸の集落や原子力発電所を飲み込み、日本史上最大の自然災害を発生させたところであります。