運営者 Bitlet 姉妹サービス
1852件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号 次に、福祉保健部におきましては、店舗バリアフリー改修事業における、補助金の上限について質問し、理事者からは、1カ所につき25万円、1施設に最大4カ所まで改修を認めているので、1施設につき100万円が補助金の上限となる。今年度からは、昨年度以上の実績を目指すために、対象施設を医療施設にまで拡大したとの答弁があっております。   もっと読む
2018-09-13 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 以前、私が質問したときに、学校施設環境改善の交付金というのは、特別支援学校とか、バリアフリー、学校の統合、耐震化等、この辺がどちらかというと優先順位が高くて、空調に関しては今までは優先度が低かったと。なかなか認めてもらえなかったのが現状であったということなんですが、ことしの夏の暑さによって、文科省も猛暑対策というのは急務としているわけですから、この優先順位というのは変わったのかなと。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 お尋ねの観光センターから高齢者施設前を通る市道につきましては、歩道のバリアフリー化の工事に着手しております。  また、大村駅から八幡神社までの市道は、新図書館への来場者で交通量の増加が予想されることから、駐車場入り口への右折レーン及び左折レーンを設置し、歩道の拡幅とあわせ、バリアフリー化による整備を行うこととしております。   もっと読む
2018-06-12 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−01号 劇場や演芸場、公会堂等の施設において、バリアフリー改修工事を行った場合に、固定資産税、都市計画税の3分の1を2カ年減額する措置を受ける場合の申請書類に、建築物移動等円滑化誘導基準適合証明書等の添付を義務づけたものでございます。  その他、今回の地方税法の改正に伴いまして、所要の条文整理を行っております。  説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いをいたします。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 しかしながら、既設の運動施設のバリアフリー化を行う際、あるいは国際基準に対応するための改修により敷地面積が増加する場合など、社会状況の変化に対応した改修等が困難となる事例が一部の自治体において生じていることを踏まえまして、平成29年6月に都市公園法施行令の改正がなされております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文 委員会におきましては、旧グラバー住宅の工事期間中に設置する仮設見学用デッキに係る費用の妥当性、グラバー園入園料の見直しと入り口からの階段をバリアフリー化する考えの有無、ロープウェイ淵神社駅までの無料送迎バスに係る事業のあり方について質すなど、内容検討の結果、異議なく原案を可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文 このプロジェクトでは、耐震性能の確保やバリアフリーへの配慮など、必要な機能を備えるとともに、市民の交流の場や安全安心の拠り所となり、まちのシンボルとなるような新たな市庁舎の早期完成に向け、取り組みを進めてまいります。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 分類整理、登録管理、データベース構築、収蔵保管など調査研究機能としては調査研究事業推進、学術ネットワークの構築、九州の研究拠点化など、展示機能では常設展示への充実、展示解説員による解説、企画展、教育への活用など教育普及及び学習支援機能としては教育と学習の提供、教育プログラムの開発など、情報提供と広報機能では、図書、データベースの閲覧、印刷物、インターネット広報などを、利用サービス機能といたしましては、バリアフリー もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 そういった形の中で、基本的には電停が少し長崎署側にずれる感じになって、そこでバリアフリーを確保して今の松翁軒側の位置のところですると。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 1概要でございますが、長崎電気軌道株式会社におきましては、バリアフリー化を図るため、高齢者を初め全ての利用者へのサービス向上を図るために、超低床式路面電車を導入する計画でございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 あと、県庁跡地のことが一番あそこはもう当然キーポイントと思っていらっしゃると思うので、そこら辺の流れを、県庁跡地なので主導権はないかとは思うんですけれども、ぜひともしっかり取り組みをしていただいて、それで、もう1つはバリアフリーの関係で、どうしても障害者用の駐車場というのは周りに近くにはなかなかないんですよね。そうすると、動線がかなり厳しくなってきます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 1の目的でございますが、住宅の居住環境改善や市内の若手技能者の育成と、技術の継承に加え、浴室、便所のバリアフリー化、屋根の遮熱、断熱塗装による省エネ化など、住宅の性能向上を目的とした、住宅リフォーム工事に要する費用の一部を助成するものでございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年総務委員会 本文 94 ◯酒井企画財政部政策監 先ほど室長も答えましたように、職員数についてはその行政サテライト機能再編成で若干減るんですけれども、面積増につきましては、バリアフリー化とかいわゆる今の不足している機能を満たすためにそこは約1.5倍ほどになっております。それが大部分を占めて面積増となっております。 もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-27 長崎市:平成30年第1回定例会(3日目) 本文 現在の市庁舎は、建築から60年近くが経過し老朽化が進むとともに、業務のIT化やバリアフリーなどの機能面で多くの課題を抱えています。また、建物が狭く、窓口が分散しているため、市民の皆様からわかりにくい、使いにくいといったご意見をいただいています。 もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-21 長崎市:平成30年第1回定例会(1日目) 本文 また、長崎駅周辺のバリアフリーと歩行者の負担軽減について、国道の平面横断ができない場合の電停のバリアフリーについては、デッキやエレベーターの規格、電停の幅員、道路線形について道路管理者や交通管理者などと協議・調整を行うこと、また、歩行者の安全性や円滑な交通を確保しながらの施工計画などについて、並行して検討を進めるとの考えが示されております。 もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-26 長崎市:平成30年第1回定例会(2日目) 本文 これは実証実験をうちの会派、久議員を中心に坂や階段などさまざまなケースで数回にわたって、長崎バリアフリー推進協議会の方々とともに検証をしてまいっております。その経験から、JINRIKIを活用することにより、今回のテーマである災害時に迅速に避難することに力を発揮するということを確信しました。 もっと読む
2018-01-01 長崎市議会 2018-01-26 長崎市:平成30年長崎駅周辺再整備特別委員会 まとめ (2) 長崎駅周辺のバリアフリーと歩行者の負担軽減   ア 電停バリアフリー(国道202号の平面横断不可の場合)     現在、長崎駅前では、電停へのアクセスが階段のみとなっているため、国道202号    の平面横断が不可能となった場合、エレベーターによるバリアフリー化が必要となる。     もっと読む
2018-01-01 長崎市議会 2018-01-26 長崎市:平成30年長崎駅周辺再整備特別委員会 本文 ここでもう一つ具体的なこういう形でバリアフリーも含めてデッキ横断でいきますよというきちんとした対案を出さないから、まだこういう意見がずっと出てくるわけですよ。どうしてもこの平面横断にした場合には渋滞が、大変な量になるでしょう。浦上川線、迂回路ができても現在のように駅前の交通量は多い。そうするとやはりどうしてもデッキ横断ということをあなたたちは示唆してきた。 もっと読む
2018-01-01 長崎市議会 2018-01-25 長崎市:平成30年観光客受入対策特別委員会 まとめ ○ 視点場のバリアフリー化は障害者が夜景を楽しむための重要な要素であるため、バリ   アフリー環境が整っていることをしっかりと情報発信してほしい。  ○ 多くの観光客がスマートフォンを見ながら観光しているが、現行のホームページでは   見づらいため、得たい情報をすぐに得られるよう改良し、スマートフォンにも対応する   ものにしてほしい。 もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-08 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 やはりその中で議論になりましたのは、一つはグラウンドの確保の問題であったり、あとバリアフリーの問題であったり、あと動線ですね、いわゆる職員室からの見通しがどうなのかと、児童への見通しがどうなのかといったさまざまな議論がなされました。 もっと読む