運営者 Bitlet 姉妹サービス
4462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 それでは、4番目、花フェスタ、シャトルバス利用者震災地方に対する義援金をということで質問させていただきます。  まず、担当課長にお願いいたします。  昨年、花フェスタ実行委員会に予算が56万円と聞いていますが、昨年の駐車場からの収入は幾らであったでしょうか。 もっと読む
2018-12-07 松浦市議会 平成30年第4回定例会 通告表 開催日:2018年12月07日         │   ┃ ┃  │         │2.西九州道、調川IC入口のセンターポールを延長す     │   ┃ ┃  │         │ ることについて                     │   ┃ ┃  │         │3.市道志佐浦中央線閉鎖状況について            │   ┃ ┃  │         │4.被災地支援のため、不老山フェスタのシャトルバス もっと読む
2018-09-14 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 7番議員からの質問にもございましたが、本市では公共交通の新たな施策の策定に時間をかけている状況の中、ここ数年で、市内を回る各サービスバスである買い物バスや福祉タクシーは多くの方々に利用していただき、地域にしっかりと根づいているというふうに聞いております。その現状を把握されて、また、そことの連携は図られているのでしょうか。教えてください。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 高齢者の目的は、買い物か通院ではないかなと思いますので、ちょっと意向調査も必要だと思いますが、そのような方向で検討することが必要じゃないかなというふうに考えるのですが、現在、新幹線の開業に向けて、再度バス路線の見直しを進められるのではないかなと思いますが、この地域公共交通再編実施計画がどのようになるのか。   もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 まず、現在の市の方向としまして、まずソフト面におきましては、先ほど議員がおっしゃられたとおり、まず保育士確保対策といたしまして、現状、市内教育・保育施設の魅力をアピールするためのバスツアー、そして就職祝い金制度、子育て支援員養成研修、保育補助者雇上強化事業などに加えまして、この保育士の採用、これは新採そして潜在保育士も含めますけども、この保育士採用の促進のために市内教育・保育施設の魅力をさらにアピール もっと読む
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日 地場企業への支援については、人材確保に向けた新たな支援の一つとして、本年度は対象を中学生まで拡大した上で、企業見学バスツアーを行っております。これまで市内企業10社の参加協力のもと、6月29日に志佐中学校2年生、7月18日に鷹島中学校3年生及び福島中学校2年生を対象に実施し、合計117人の生徒が市内企業の見学を行ったところです。 もっと読む
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会 通告表 開催日:2018年09月07日 運動公園改良事業の進捗状況につ     │   ┃ ┃  │         │ いて                          │   ┃ ┃  │         │2.市施設のスポーツ大会時の開門等に対する柔軟性に     │   ┃ ┃  │         │ ついて                         │ 138 ┃ ┃第 │         │3.Vファーレン応援バス もっと読む
2018-09-06 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−01号 、本市の関連史跡への観光誘客の取り組みについて1559月12日9田中秀和1 企画行政について  (1) 「大村市人口ビジョン」の目標人口達成への進捗状況について  (2) 外国人留学生や労働者の本市の受け入れ状況と今後の市の方向性について 2 財政部行政について  (1) 地域振興基金を活用した事業の明確化について  (2) 地籍調査の進捗状況と今後の計画について 3 交通政策について  (1) バス もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 137 ◯教育長(西村暢彦君)[ 202頁]  先ほどバス通学をしてる生徒が全部で22名と申し上げましたが、そのうち20名が東園方面へ帰宅する生徒で、全員がバスを利用して下校しています。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 実際、バスを待っているだけでぐったりとされている御婦人をお見かけすることもありました。  そして、今回、生活道路の拡幅の件、防災行政の件について質問をさせていただきました。バス停の件も、今回の質問も、共通するのは急速に進む高齢化が根っこにあります。どうすれば高齢者が住みやすい街であるか、高齢者が住みやすい街は、みんなが住みやすい街なのではないか。  どうにもいかなくなってからでは遅いのです。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 本市道につきましては、幅員が狭小で交通量も多く、さらにバス路線でもあることから、交通の安全確保を図るため、これまでも側溝の整備や局部的な拡幅改良、路肩の補修など年次的に実施をいたしております。  今年度は、諫早警察署前交差点付近の渋滞対策として、本市道に右折専用車線を設ける拡幅改良を事業化し、現在、沿線の測量や詳細な設計を行っているところでございます。   もっと読む
2018-08-21 大村市議会 平成30年  8月 臨時会(第3回)-08月21日−01号 今回はこれぐらいの事故で済んでおるけれども、例えば観光バスとか、大型あたりがやったら大変な事故になるよ。そういうこともあるわけであって、総点検をしっかりやるように要求しておきますから、いいですね。答弁は要りません。 ○議長(三浦正司君)   これで質疑を終結します。  以上で本報告を終わります。   もっと読む
2018-06-21 西海市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−資料 (3) 高齢者が運転免許証を返納し、自ら運転をしなくなることで、医療機関への通院等が難しくなるなどの不安を解消するために、医療コミュニティバスの運行や通院費用等の助成制度を導入してはどうか。 (4) 西海市の救急医療体制の現状と取るべき対策について、市長はどのように認識しているか伺う。 (5) 西海市医療検討委員会が再起動されるが、当該委員会の体制と目的を伺う。 もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 バスの利用客につきましては、県内に新規場外発売場の設置を進めている関係がございまして、29年度は約9%減少しておる状況で、これは年々減少傾向にありまして、現在は路線や便数の削減、それからバスの小型化、それとジャンボタクシーに切りかえるなどして経費節減等に努めております。   もっと読む
2018-06-12 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−01号 野島進吾1 公共施設計画について  (1) 新庁舎建設基本計画について   ①新庁舎建設における今後のスケジュールについて   ②これからの住民センターのあり方について  (2) 市民会館や武道館について   ①場所や予算等の構想について  (3) 大村駅周辺の公共施設について   ①県・市立図書館建設に伴う大村駅前周辺の構想について 2 競艇事業行政について  (1) ナイターレースに伴うファンバス もっと読む
2018-06-01 島原市議会 平成30年6月定例会(第5号) 本文 125 8番(本田みえ君)  大変ちょっと狭まってきたんですけれども、私としては、100円バスもいいんですけれども、市内のフリーパスができないかというふうに思います。それに対して、島鉄に対して直接補助を出している分を市民に対して、その一部を補助するということに使えないかというふうに考えます。 もっと読む
2018-06-01 諫早市議会 平成30年第2回(6月)定例会(第1日目)  本文 一方、ミニ新幹線については、一定の投資効果はあるものの、時間短縮効果がフル規格には及ばないほか、在来線の所要時間の増大や減便、施工方法によっては長期間列車を運休してバスによる代替運行の可能性があるなどの課題が示されました。   もっと読む
2018-03-22 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−08号 次に、地域公共交通確保維持改善事業について、委員からは、バスネットワークの再編については、市のみで行うのではなく、町内会などの協力を得ながら、地域の声を聞くべきである。現在、利用件数の低迷が続いている荒平・水計地区と松原・福重地区における乗合タクシー事業の見直しも含めて、市民ニーズの調査・分析を行い、公共交通の計画を立ててほしいという意見が出ております。   もっと読む
2018-03-20 諫早市議会 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-03-20 7款市民生活環境費、2項生活安全費、地方バス路線維持対策事業【予算額2億3,131万円】について、市単独補助分において補助要望額と交付予定額との差があるのはどういうことか、との質疑に対し、長崎県交通局は赤字額のほぼ全額を要望額としているが、市としては公営企業としての役割である県民の移動手段を確保するために、事業者としての一定の負担をしてもらうべきとの考えから、基本的に要望額の4分の3を補助額としている もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 新たな施設の立地及び供用開始に合わせて、必要なバスネットワーク再編の実施、再編した路線バスとコミュニティバス等のネットワークを形成、引き続き空白地対策としてコミュニティバス等の導入、高齢者の免許返納施策との連携など、来年度も実施予定事業が交通網形成計画に書いてありました。  新たな交通網の立案は、各部署横断的な体制から生まれるものだと考えます。 もっと読む