2878件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

我々も実際、走り出しますと、市民皆様も非常に喜んでおりましたし、また佐世保のほうからも、また人が乗り込んでくるという中で、こんなにニーズがあるんだというふうなことを感じたわけであります。 

雲仙市議会 2022-09-03 09月03日-03号

1つ目は、新たな観光戦略の策定及び推進体制構築、2つ目には、民間事業者新規事業創出既存事業のリニューアルの促進、3つ目には、雲仙温泉の魅力を効果的に伝えるブランディング、プロモーション戦略構築、これらを実施することで、多様化する観光ニーズへの対応を行い、雲仙市、ひいては島原半島への誘客につなげることを目的としております。 ○議長元村康一君) 佐藤義隆議員

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

ただ、現実としては、いろんな社会情勢の変化もあるんでしょうけども、住民からのいろんな行政に対するニーズこういったものはだんだん広がってきているなあと。そういった中では、仕事は多分ふえてきているんではないのかなというふうに思っております。一方で、そしたら職員数はということでございますが、職員数は、これはやはり人口が減ると、それに応じて減らさなければいけない。

平戸市議会 2021-02-28 12月05日-03号

また、商品開発何かにおいても、いろんなダイバーシティによって、いろんな視点人たちがいることによって、商品ニーズというのが確立されていくという、そういう時代の流れになってきているわけです。やはり、いろんな価値観を容認しながら、その中で答えをしっかり出していくというのが本当に必要な時代になっております。 少数のエリートを作り出して、勝った負けたという学びのシステムがずっと続いておりました。

五島市議会 2020-12-04 12月04日-01号

今後、人口減少地方交付税減少、また多様化する市民ニーズ対応するため、AIやRPA等ICT技術を活用し業務の効率化を図ります。また、意識改革発想転換創意工夫により創造的な行政改革に取り組み、次の世代にしっかりとした未来を引き継いでまいりたいと考えております。 令和2年度組織機構の見直しについて。 

雲仙市議会 2020-12-03 12月03日-03号

これらの団体により、それぞれがニーズに応じた活動を展開しております。 ○議長松尾文昭君) 酒井恭二議員。 ◆9番(酒井恭二君) 平成29年の文部科学省の推計で、成人の週に1回以上のスポーツ実施率が40%とされているわけですけれども、雲仙市のスポーツ実施率、この状況は、この40%という数字はどうなのでしょうか。

平戸市議会 2020-11-25 12月02日-01号

これらの課題を整理し、市内漁協などとも情報を共有しながら、本市の魚が豊洲などの大消費地で高値で取引されるよう、血抜き神経締めをしっかり施すなど、ニーズに合った形で新鮮な魚を提供できるように漁協等と連携していきたいとの答弁がありました。 これを受け、委員からは、鮮度保持を数値化できれば魚価も上がるという実証実績もあるので、数値化してはどうか。

五島市議会 2020-06-25 06月25日-03号

五島市には、それぞれの歴史と文化があり、行政サービスの需要は財政の実情にかかわらず複雑多岐をきわめ、限られた財源の中で市民ニーズ全てに対応するのは至難と理解しておりますが、市民の信頼を得るには、市民からの相談事市民に寄り添い、市民と協働しながら迅速に解決策を見出し、丁寧かつ的確に対処できる能力を備えた市役所であることが必要不可欠と思っているのであります。 

五島市議会 2020-06-21 06月21日-02号

この生活支援体制整備事業に取り組む上で、旧1市5町の各圏域活動をし、地域ニーズに応じた各種サービスを創出する役割を果たすのが生活支援コーディネーターでございまして、配置の済んでおりませんでした福江地区生活支援コーディネーターを配置したいということで補正予算に計上をいたしております。 以上でございます。 ◎総務企画部長久保実君) お答えいたします。 

雲仙市議会 2020-06-18 06月18日-03号

そのためには、今回、基本協定を締結いたしました民間事業者と連携することにより、デザインや売り方、見せ方など経験とノウハウを蓄積した民間事業者からの御意見等を伺いながら、時代にあった消費者ニーズに沿う物産振興に取り組んでまいりたいと考えております。 また、このことについても議員皆様の御助言と御協力を心からお願いをしたいというふうに考えております。 ○副議長浦川康二君) 渡辺勝美議員

佐世保市議会 2020-06-18 06月18日-04号

市が把握されていた課題にもあるように、様々な利用ニーズ、利便性向上の声が寄せられている点を踏まえ、可能な限り利便性が改善されるやり方を探っていただければと思います。 また、将来的には、松浦鉄道との接続を考えていく必要があると考えます。松浦鉄道との接続により、相互の利用者増運行経費に対する行政負担の軽減ができるのではないでしょうか。 

諫早市議会 2020-06-04 令和2年第3回(6月)定例会(第4日目)  本文

個別学習では、各人が同時に別々の内容を学習でき、一人一人の教育的ニーズ理解度に応じた個別学習や個に応じた指導が可能になると示されております。  また、協働学習では、一人一人が記事や動画等を集め独自の視点情報を編集でき、各自の考えを即座に共有したり共同編集したりすることで、全ての子どもが情報の編集を経験しつつ、多様な意見にも即時に触れられると示されているところでございます。