運営者 Bitlet 姉妹サービス
6217件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 諫早市議会 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-12-19 債務負担行為補正中関係分、住民記録システム等新元号対応業務、限度額1,800万円について、新元号に対応するために住民記録システム等の改修を行うとのことであるが、今後も元号が変わるたびにシステム改修が必要になるのか、との質疑に対し、諫早市が運用しているシステムは、大きく3つに分けることができる。 もっと読む
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 また、職員数については、今後の業務量の変化に応じ、適正な職員配置を考慮しつつ、業務の効率化を推進し、一例を挙げれば、民間企業や自治体などで導入が始まっている省力化のツールであるAI、人工知能やRPA、ロボティック・プロセス・オートメーションなどのシステム導入について検討していきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-10 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日 今はもうそれがなくて、まず、お金を支払うということは全額支払いがなされなくてもいいようになって負担が非常に軽くなっているという、そういう制度はこの時代の即応の中で改善されていって、子どもを産みやすい、そういうシステムになっていっているのかなと、こう思っています。 もっと読む
2018-12-01 諫早市議会 平成30年第5回(12月)定例会(第7日目)  本文 入札についても電子入札システムを使用して実施しており、競争性は十分に確保されていると考えている、との答弁がありました。  今回の入札参加資格要件を満たす市内業者は何者程度を見込んでいたのか、との質疑に対し、特定建設工事共同企業体を構成できる市内業者として14者を見込んでいたとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-01 諫早市議会 平成30年第5回(12月)定例会(第6日目)  本文 また、入札に当たりましては、電子入札システムを使用した入札を実施しておりますので、競争性は確保されていると考えております。  結果として1社の参加となりましたが、競争入札は成立をしているということになります。  3点目、最低制限価格との乖離が大きく、競争原理が働いていないのではないかということでございます。 もっと読む
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第6号) 本文 社会教育総務費の文化財多言語解説事業経費について、多言語解説システム構築業務とあるが、どこに、どういう形で設置をするのかとの質疑には、この事業の目的は、近年増加をしている外国人観光客を市内の広い範囲に誘致するとともに、市内にある国指定、国登録有形文化財の観光の満足度を高めるために、オメガコードを利用した多言語解説システムを整備するものである。 もっと読む
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号 委員会におきましては、今回の条例改正で、未就学児が現物給付に変更になることに伴い、市内の医療機関の医療会計システムに変更が生じるのか質問し、理事者からは、近隣の市町では、既に現物給付を行っているため、現物給付に対応するシステムを導入しているが、若干の設定変更をする必要があると伺っているとの答弁があっております。   もっと読む
2018-09-14 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 市内だけで循環できるエネルギーは廃食油だけで、家庭で使った油がバス運賃に還元できるシステムになるということでございます。  バイオディーゼルバスを走らせることが可能な業者も市内にございますので、ぜひ実証運行を提案いたします。いかがでしょうか。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 IT活用のインフラ通報システムにつきましては、先進自治体の調査を行い、県内においても先進地である長崎市のシステム導入状況の聞き取りやシステム開発業者からの見積もりを徴収するなど、システム導入に係る必要経費等の調査研究を行っているところでございます。   もっと読む
2018-09-11 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−03号 続きましては、部活動指導に知識と経験が豊かな外部指導員の活用、そして最後に校務支援システム、これにつきまして現状と今後の方針をお聞かせください。 ◎教育長(遠藤雅己君)   まず、コミュニティスクールにつきましては、今年度から松原小学校に学校運営協議会制度を導入し、取り組みを始めました。 もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 受賞の内容につきましては、平成20年度以降の活動の積み重ねが評価されたものでございまして、平成20年度に農業委員の皆様に市内の全農地一筆ごとの調査を実施していただき、その結果に農地台帳情報を付加したものをデータベース化いたしまして、本市の地図情報システムを活用して耕作放棄地を地図化したこと、また、その地図をもとに平成21年度に農業委員会総会で活用方法を検討させていただきまして、平成22年度から23年度 もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 提言では、主に教職員の勤務時間、業務改善、勤務環境整備のための支援について言及し、小学校で10.3%、中学校で13.3%しか利用されていないというタイムカードであるが、教職員の客観的な勤務状況を掌握するためには、同タイムカードのようなICTや勤怠管理システムを導入し勤務時間を管理するように求めたことであります。   もっと読む
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日 地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みについては、医療、介護、介護予防、住まい及び生活支援を一体的に整備していくため、在宅医療介護連絡協議会を6月22日に開催し、入退院時に効果的な情報共有シートを作成いたしました。今後は、このシートを医療介護従事者間の連携ツールとして活用することにより、入退院後の円滑な介護支援につなげてまいります。   もっと読む
2018-09-06 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−01号 (1) エアコン設置の現状と今後の方針について   ①幼稚園、保育園(所)、小学校、学童施設におけるエアコンの設置状況と整備方針について   ②国の支援制度の拡充内容と本市における活用について  (2) 教職員の負担軽減策としての以下4項目の大村市の現状と今後の方針について   ①コミュニティスクールについて   ②教職員のタイムカードの導入について   ③外部指導者の活用について   ④校務支援システム もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 そして2つ目には、7名体制のときには1校に終日勤務するというシステムでしたが、午前と午後の勤務校を変えることで、効率よく勤務することができると判断したところでございます。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 1、地域包括ケアシステム構築計画の現状と取り巻く支援環境について、これまで地域包括ケアシステム構築計画について取り上げ、御答弁いただきましたうちから、今回は御本人への周知や見守り、連携を主眼に置き、3項目質問をいたします。  在宅医療・介護連携支援センターの開設状況を伺います。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 131 ◯福田美子君[ 152頁]  もう大体、今、包括ケアシステムが動いている状況の中で、これが一番大切、これも大切というところで同時的に動いているのではないかなと思うのですけれども、それはそれとして一応質問をさせていただきましたけれども。  済みません、次4番、1分19秒ですけれども、頑張っていきたいと思います。お待たせしました。 もっと読む
2018-06-28 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−06号 次に、生活保護基準見直しに伴い、保護費の算出システムを改修する業務効率化事業費の増額補正が計上されております。  以上、審査経過の概要を申し上げましたが、議案の内容について慎重に審査した結果、全会一致で原案を可決すべきものと決定した次第であります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  以上です。 もっと読む
2018-06-19 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号 昨年度からは、周産期医療システムを導入しまして、産婦人科さんと連携して、安全な出産とともに、出産後の母子の健康管理につなげるなど、新生児の健やかな発育を支援する体制づくりを進めております。  以上です。 ◆8番(小林史政君)   そちらの事業は県が主体となっている事業ではないかと思います。 もっと読む
2018-06-18 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号 しかしながら、公会計へ移行するためには、システムの構築等、検討すべき課題が多くあるため、公会計化を実施している先進都市の事例や、今年度、文科省が示すガイドラインを踏まえ、公会計化の実施に向けて検討してまいります。  以上でございます。 ◆2番(神近寛君)   公会計化の実施に向けてということをいただきましたが、もう国のガイドラインを待たなくていいんです。ね、政策監。 もっと読む