2989件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-12-13 2019-12-13 長崎市:令和元年第5回定例会(6日目) 本文

長崎市は、廃止する理由として市内の他の養護老人ホームで必要な措置数を満たせること、廃止により年間約3,000万円の財源をより多くの市民へのサービスに回せることなどを挙げていますが、そのどれも旧高島町から運営を引き継いだ本施設を廃止させるに足る理由とみなすことは到底できません。

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

そうしないと、本当に民間の企業力を借りて、あの施設市民サービスとか、市民ニーズに応えるサービス提供をできるような、やはり民間のノウハウをきちんと出してもらうための民間移譲だろうから、そこら辺をきちんとやるため、今度は絶対今まで検討されてきた5者に対してもいろんな質疑があると思う。

長崎市議会 2019-12-11 2019-12-11 長崎市:令和元年交通対策特別委員会 本文

県営バスプラチナパス65は、65歳以上の方を対象に県営バスの全路線が1月6,000円で乗り放題になるサービスで、これに対しまして長崎バスの取り組みとしましては、高齢者の方に限定したものではございませんが、午前10時から午後5時までの間、1月7,000円で全路線が乗り放題となります昼間全線フリー定期券が発売されております。

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

それは地域の方の理解もまだまだ、本当に困っていらっしゃらないから、本当のシャッター街になれば家賃も入らんというようなことにならん限りは、やはりこういう行政からのいろいろな計画の呼びかけに対しても具体的に協議に応じてもらえないのかなという想定もするけど、ただ本当に行政としては、今一番、今回の委員会でも議論していて、皆さんは全部本来なら市の固有事務である市民サービスの部分をほとんど指定管理者に丸投げ。

長崎市議会 2019-12-10 2019-12-10 長崎市:令和元年総務委員会 本文

20 ◯柴原総務部長 井上委員のご質問、ご指摘でもございますけれども、指定管理者制度というもののその本質的な部分の考え方、まずこれはもうご承知のとおりでございますけれども、やはり直営より民間の事業者の方々のノウハウ、アイデアというものを活用させていただくことによって、その施設の効用を高める、ひいては利用者、市民の皆様へのサービスの向上に寄与するということが

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

主なものといたしましては、フリーWi-Fiの設置、電動アシスト付車椅子の貸し出しなどのサービス向上、災害ボランティア車両の減免などが提案されたものでございます。  9ページをごらんいただきたいと思います。自主事業といたしまして、現在閉鎖をいたしております松が枝町第2駐車場の屋上を活用する取り組み、また、提携店舗による駐車料金の割引など各種自主事業が提案されてございます。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

これは、いわゆるESCO事業と呼ばれておりまして、省エネ診断の実施から取りかえ工事までを一括して提供するサービスのことでございまして、削減できた電気代で工事費等を賄いますので、自治体の負担はなく、民間の持つ事業に対する柔軟性や機動性が発揮できる取り組みであると考えております。

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

3の経緯でございますが、令和2年度からの指定管理者の更新に当たりまして、市内全域の市営住宅等に指定管理者制度を導入することについて本年6月の市議会長崎市住宅条例の一部を改正する条例議決をいただきましたが、市内全域の市営住宅の入居者の利便性と均一したサービスができるよう、新たな地域であります中心的な場所にそれぞれの第2事務所を新設するものでございます。

長崎市議会 2019-12-06 2019-12-06 長崎市:令和元年総務委員会 本文

なお、マイナポイントを利用するために設定が必要なマイキーIDは8桁の半角大文字英数字を組み合わせたもので、利用者が任意に作成できる番号であり法律で利用が規定されているマイナンバーとは異なる番号で官民のさまざまなサービスで利用可能な番号となっております。  別紙1の3ページ上段をごらんください。

長崎市議会 2019-12-05 2019-12-05 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

これができることによって、サービスも向上されて、利用客も増加が見込まれますと。ですから、1年間で終えて一体管理をしたいんですよという議案でしょう。野母崎振興公社に1年間任せるという議案でもあるけれども、今まで3年、5年しとったとば1年にしますよという審議でもあるわけですたい。

時津町議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3日12月 5日)

2番、経済成長のけん引、高次都市機能の集積・強化、生活関連機能サービスの向上など、具体的な取り組みに関して、本町の考えについて伺いたいと思います。  以上です。よろしくお願いします。 ○議長(山脇 博君)  町長。 ○町長(吉田義德君)  皆さん、おはようございます。  それでは、森議員の御質問についてお答えいたします。  

諫早市議会 2019-12-05 令和元年第5回(12月)定例会(第5日目)  本文

本市においても、このまま人口減少が進むと、いずれ行き詰まり、行政サービスの質の低下となります。より具体的な施策を研究、検討し、持続可能な行政運営と市民サービスの確保に向け、対策強化に真剣に取り組まなければならない時期にきています。  そのようなことを踏まえて、質問に入ります。