789件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-09-20 2019-09-20 長崎市:令和元年第4回定例会(7日目) 本文

そういった中で、日常の職員とのコミュニケーションをとることにあわせまして、その協議の中におきまして、職員のストレス状況についても把握しておりますので、仮に職員がストレスを感じているような状況であれば、産業保健スタッフを配置しております、職員健康相談室に行くような指導を行っているという状況でございます。  

長崎市議会 2019-09-05 2019-09-05 長崎市:令和元年第4回定例会(2日目) 本文

地理的・時間的制約を受けないインターネットは、コミュニケーションや仕事などで活用できることから、移住者の呼び込み、定住促進や企業誘致に有用であり地域を活性化するための重要なインフラであると認識しております。しかしながら、光回線の敷設には多額の経費を要することから通信事業者の採算性の問題もあり、市内の一部地区では整備が進まず中心地域との情報格差が課題となっております。

諫早市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目)  本文

また社会体験活動として、福祉体験、奉仕体験、職場体験などを年12回、スポーツレクリエーション活動として、カヌー、そば打ち、ウオークラリー、餅つき、コミュニケーションゲームなどを年12回、そして天満太鼓を年16回練習しているところです。これは全部合わせますと、年間59回の体験活動を行っていることになります。  今後も内容を吟味し、充実させていきたいと考えているところです。  

長崎市議会 2019-07-09 2019-07-09 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

また、4階には株式会社ペイロールが本年7月1日から入居しており、3階の2分の1のフロアには京セラコミュニケーションシステム株式会社が本年11月の入居予定となっております。残る3階の2分の1フロアと2階の1フロアが空室となっており、これに対しましては複数の企業と鋭意交渉を続けているところでございます。

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

教育委員会が判断して2施設を一体的にという、社会教育施設文化振興にかかわる施設と一体的というのは、チトセピアホールのそういういろいろな高い評価を得ている運営が、これからできなくなっていくような指定管理者ではよくないと思うのですが、そういうコミュニケーションはとられているのでしょうか。

長崎市議会 2019-07-02 2019-07-02 長崎市:令和元年第3回定例会(5日目) 本文

そこで、市民一人ひとりの自分のまちをきれいにするという意識を徐々に高めていただき、あわせて地域コミュニケーションの場ともなる市民ぐるみの取り組みにしていくためにも、自治会企業学校などに参加を呼びかけ、アジサイの苗を市役所で準備し、参加される自治会企業に育て方を指導し、市民の皆様に街区公園や沿道で育てていただくことを提案いたしますが、市の考えをお伺いいたします。  

長崎市議会 2019-06-28 2019-06-28 長崎市:令和元年第3回定例会(3日目) 本文

また、4階には、給与計算業務などを行う株式会社ペイロールがことしの7月の事業所開所を予定しており、3階の2分の1のフロアには、AI関連システムの開発などを行う京セラコミュニケーションシステム株式会社がことし11月に事業所の開所を予定しております。現時点では、2階の1フロアと3階の2分の1のフロアが空室となっている状況でございます。

長崎市議会 2019-06-24 2019-06-24 長崎市:令和元年第3回定例会(1日目) 本文

広報の本質は、市民の皆さんとのコミュニケーションの中で、信頼関係を築くことだと思っています。そのためには、広報媒体を通じて一方的に情報を発信するだけではなく、折に触れて市民の皆さんにじかに接し、市民の皆さんの声に耳を傾けながら、情報を伝えていくことが大事だと思います。  信頼は、市政運営を円滑に進めるための基盤です。

時津町議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日 6月 5日)

難聴を放置していると、脳は感じたり考えたりすることが少なくなり、コミュニケーションが減って社会的に孤立し、認知機能が低下することがわかってきました。そこで、次の3点をお伺いいたします。  1つ、難聴対策として早期の補聴器使用が大事だと思いますが、町長はどのような認識をお持ちでしょうか。  2つ、補聴器の値段は、両耳でどのくらいでしょうか。  

時津町議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会(第1日 6月 4日)

議員質問のとおり、基本的な英語力を身につけることで積極的なコミュニケーションが図られ、より多くの現地の文化や習慣に触れることにつながり、大変意義深い派遣事業になるのではないかと考えております。  したがいまして、派遣事業の実施に際し、行程や準備品などの事前説明会に加え、語学やホームステイ先、訪問先での挨拶などの事前研修会を2回、延べ3回の研修を実施することといたしております。  

諫早市議会 2019-03-20 平成31年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2019-03-20

コミュニケーション支援事業【予算額727万5,000円】について、手話言語条例が制定されて1年が経過したが、今後の取り組みについて問う、との質疑に対し、この1年間は手話言語条例を広く市民へ周知することに努めてきたが、今後は手話に対する理解をより深めていただくために、出前講座の回数をふやすことなどを考えており、推進方針についても当事者の方たちと協議しながら進めていきたい、との答弁がありました。  

長崎市議会 2019-03-12 2019-03-12 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

237 ◯中西敦信委員 ということは、このBSL-4に興味ない人はたくさんいるという認識が大学の認識で、昨年の12月5日の会議のときの認識というところで、この間、たしか市長も直接大学に出向いたか、そういう市民との、住民とのコミュニケーションをきちんと取るようにというようなニュアンスの要望を、要請をされていたかと思うんですけれども、この大学の認識は、市役所