運営者 Bitlet 姉妹サービス
1240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日 その折、教育長は、少人数であるがゆえの弊害を認めた上で、スポーツ、文化活動は子どもたちの豊かな心、たくましい心を育むとともに、コミュニケーション力を高める上で大変重要な役割を担っていると言われ、各関係機関と協議を行い、弊害解消に努めると答弁されました。 もっと読む
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 市内の事業者で働いている外国人は現在175名、市内の事業者の皆さんから、外国人も税金を払っている市民の一人であり、ぜひ外国人労働者と地域住民とのコミュニケーションの場を設けていただきたい。外国人労働者確保のための宿舎を確保していただきたいとの意見もあっています。   もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 このアンケート調査によりますと、外国人の雇用につきましては、コミュニケーションが不安であると、あるいは事業内容に合わないといった理由から、現時点では外国人雇用は考えていないという回答が7割を超えておりました。  その一方で、実は今検討していると、あるいはこのまま従業員不足が続けば検討したいというふうな回答もあっております。 もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 私自身が調べた中で研究成果として、木育の効果として、立体構成力や創造性の造成であったり、成就感や自己効力感の達成、遊びやコミュニケーションの拡大や生活感への発展などの効果が指摘されているようでございます。 もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 ニッセイ研究所の調査によりますと、社会的孤立リスクが最も高いのは、75歳から79歳の5%が最もコミュニケーションの量が少なく、レベル5と指摘をしておりますことから、本市における高齢者の孤立の状況と見守り対策について質問をいたします。 ◎福祉保健部長(大槻隆君)   本市の65歳以上男性高齢者の単身世帯は、8月末現在、1,856世帯でございます。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 90 ◯教育長(西村暢彦君)[ 193頁]  議員の御指摘のように、グローバル化の進展の中で、子どもたちの将来的な環境を考えると、外国語、特に英語によるコミュニケーション能力は、生涯にわたり必要となることが想定されます。  とはいえ、小学校低学年から英語を指導する狙いとは何なのかというお尋ねだと受けとめております。   もっと読む
2018-06-01 島原市議会 平成30年6月定例会(第5号) 本文 これは、聴覚障害者のコミュニケーションの手段として使われる手話です。12月議会に続き、ノーマライゼーションの取り組みについてお尋ねします。」  前回の質問の後、市民から手話通訳者の設置は必須義務なのに、なぜこのことを強く訴えていただけなかったのかというお声がありました。自分の認識不足を痛感いたしました。  そこで今回は、半島内の両市を初め、県内外の状況を視察してまいりました。 もっと読む
2018-03-20 諫早市議会 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-03-20 2項社会福祉費、コミュニケーション支援事業【予算額809万3,000円】の中の手話言語条例制定関連事業の内容について問う、との質疑に対し、今議会において諫早市手話言語条例が可決されれば、手話に対する理解促進を図るためのイベントや、条例制定を周知するリーフレット等を作成したいと考えている、との答弁がありました。   もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 加えて、新たなコミュニケーション機能という形を付加することで、地域経済内がさらに循環する仕組みをつくっていこうと、地域経済の活性化を図るということを目的としております。  平成30年度は、先進事例などの調査研究を行うほか、市内事業者の方々にしっかり内容を説明していくことが必要かなというふうに思っておりますし、また意見もやはり聞いて、運用面などを考えていく必要があるかと思います。   もっと読む
2018-03-07 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年03月07日 読みますけど、「加速度的に変わりゆく社会にあって今後求められるのは、課題を自分自身で発見して周囲とのコミュニケーションをとりながら解決していく力であるということで、この思考力、判断力、表現力ということです。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 これは、企業のPR力が弱いため、効果的な求人活動や学生とのコミュニケーションなど、企業の採用力向上につなげるセミナーを開催するものでございます。(ア)対象は、中小企業、(イ)開催時期は7月と1月の2回を予定しています。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文 さらに、新たに東工場にかかわる業務の一部の民間委託についてですが、これまでもごみ収集の民間委託を進めてきましたが、市民生活に密着した業務委託は労働者の待遇の面、さらに市民とのコミュニケーションが不足する点などを指摘して反対をしてきました。その立場から、今回の民間委託についても認めるわけにはいきません。  第2に、新市庁舎建設事業についてです。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 これはやはりいろいろご家庭に問題を抱えている子どもたちを教えるということで、なかなかそこに信頼関係とかいろんなコミュニケーションとか難しいものがございまして、通年で1つの業者に携わっていただいたほうがより効果があるだろうということで契約しております。今のところ長期継続契約中であるということでございます。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 (2)英語でおもてなし講座開設費60万8,000円は、英語でおもてなしができるまち長崎を目指し、片言の英語でも道案内ができるコミュニケーション力を身につけるため、各大型公民館において基礎的な学習に加え、公民館を飛び出し観光地などで行う実践的な学習を行う際の講師謝礼金などです。(3)社会教育推進に係る経費865万8,000円でございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 そういった方々と常日ごろからコミュニケーションをとりながら、全体としても定期的にお話し合いをしながら、同じ方向を向きながら活動いたしております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 丁寧なコミュニケーションを紡ぎながら話し合いを重ねていくという過程こそが当事者意識を育むと考えております。また、説明会や意見交換会につきましては、施策等の案について市民の皆様にわかりやすく説明申し上げるとともに、質疑の時間を十分に確保することにより市民の声をお伺いできる手法であると考えております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-12 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 次に、イの長崎市から長崎大学に対する申し入れにつきましては、これまでの長崎大学の取り組み状況及びアに記載の陳情等で、地域住民の皆様から長崎大学に伝えてほしいとの要望があった事項等を踏まえ、平成30年2月14日に市長から直接、長崎大学学長に対して行ったもので、資料に記載のとおり、地域住民との双方向のコミュニケーションの推進、地域連絡協議会の運営方法の改善及び地域との共生に向けた取り組みの強化の3点について もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 次に、2.事業内容ですが、(1)コミュニケーションの円滑化については、ア.公衆無線LAN回線維持・管理などとして、主要な観光施設や電気軌道の電停におけるWi-Fi環境の提供のため576万7,000円、イ.多言語メニュー作成支援サイトEAT長崎の運営として102万4,000円の計679万1,000円を計上しております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 167 ◯濱口文化振興課長 今回のこの演劇ワークショップにつきましては、演劇そのものを見せるというよりも、演劇の手法を使って演劇に興味を持ってもらったりとか、演劇の手法を使ってコミュニケーションを高めていただいたりとかするための、ワークショップということで、演劇ワークショップに3回程度、今回は予定をしているところでございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年総務委員会 本文 その中では、店舗などの企画で、従業員の方が長崎のここがスキというところを書いた長崎LOVERSのバッジをつけて接客することで、お客様とのコミュニケーションのきっかけになったとの声もいただいているところでございます。さらには、左下の商品化販促活動に記載のとおり、ロゴマークを活用したトートバッグやバッジ、マグネットなどの商品開発・販売も展開されております。 もっと読む