531件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年総務委員会 本文

次に、大会概要ですが、(1)の開催日は令和2年11月29日の日曜日で、(2)の種目としては42.195キロメートルのフルマラソンのほか8.9キロメートルと2,020メートルの2つのファンランを実施する予定です。次に、(3)の日程ですが、9時にフルマラソンをスタートした後、2つのファンランを実施し、15時に大会を終了する計画で、(4)の制限時間につきましては記載のとおりでございます。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

計画といたしましては、基本的には浦上川と長崎駅周辺に降った雨の水位差により排水するものでございますが、大潮の満潮と国庫補助事業の対象となる10年確率の雨が重なった場合、水位差により排水ができない排水困難地区の2時間分の雨水を貯留管でためるもので、横4メートル、縦2メートルの貯留管を約1.2キロメートル整備するものです。貯留容量は25メートルプールで25杯分に相当する容量となっております。

長崎市議会 2020-03-09 2020-03-09 長崎市:令和2年建設水道委員会 本文

1.事業概要に記載の通り九州新幹線西九州ルート建設事業費負担金は2種類ございまして、1つ目が(1)通常分で、全国新幹線鉄道整備法の規定に基づき長崎県の負担金の一部を長崎市が負担するもので、負担区間が長崎駅部から浜平2丁目までの1.361キロメートル、負担率がこの負担区間における長崎県負担額の20%となります。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

その中でも、地域規格道路「島原道路」の出平町から有明町間の延長約3.4キロメートルについては、出平町、出の川町、津吹町、原口町において工事進行しており、早期完成に向け国土交通省や県と連携を図りながら取り組んでまいります。また、未着手区間の有明町から雲仙市瑞穂町間についても早期事業化に努めます。  

長崎市議会 2020-02-28 2020-02-28 長崎市:令和2年第1回定例会(3日目) 本文

また、ことしはハーフマラソンである長崎ベイサイドマラソンが行われないことから、過去に長崎ベイサイドマラソンに参加されておられたランナーは、ファンラン8.9キロメートルのチャレンジピースラン8.9に参加することが多いのではないかと予想されます。8.9キロメートル定員が1,000名では少ないと思われるのですが、どのような考えで設定なされたのでしょうか。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

右ページのように下が長崎市南部、上のほうが佐世保というほうになりますけれども、上半分50キロメートルが西彼杵道路ということ、下の20キロメートル長崎南北幹線道路という位置関係にありまして、この2つの道路が合わさって長崎から佐世保まで約54分でつながるというようなことになろうかと思います。

長崎市議会 2019-12-09 2019-12-09 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

対象となります路線は、下段の位置図に緑色の線で表示した森林基幹道西彼杵半島線で、長崎市側の西海町から神浦ダムの脇を通って西海市を結びます全長40.7キロメートルの広域林道でございます。このうち、赤丸で表示した神浦下大中尾町の被災箇所におきまして、平成25年の豪雨により道路側溝に地すべり性の挙動が確認されました。

長崎市議会 2019-12-03 2019-12-03 長崎市:令和元年第5回定例会(4日目) 本文

1つは、原子爆弾長崎に投下された8月9日を忘れないという思いを込めた8.9キロメートルのコースと、もう1つは平和の大会ということで、小学生や障害者の方などが参加しやすい短めの2キロメートルのコース設定としております。また、参加人数としては各コースとも最大1,000人ずつを想定しており、今後この案で最終調整を進めてまいりたいと考えております。

長崎市議会 2019-12-02 2019-12-02 長崎市:令和元年第5回定例会(3日目) 本文

10キロメートルでございましたが、結果はぼろぼろで妻に負け、記録ではなく記憶に残る大会となりました。  健康志向も高まっている中、健康維持のために習慣的にランニングを行う人が年々ふえております。家の近所を走るといった単純なものに加え、ロケーションも楽しめるランニングスポットを走ることへの人気が高まっております。そんな場所にランニングステーションというランナーにうれしい施設があったらいいと思います。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第6号) 本文

養豚農家の9経営体が豚舎外周に約6キロメートルの侵入防護柵を設置するとの答弁。  イノシシの捕獲状況についての質疑には、イノシシによる被害は防護柵の設置により減少している。平成30年度の本市の捕獲頭数は573頭、島原半島では4,918頭であるとの答弁。  九州オルレコースの整備について、条件つきで認定を受けているようだが、その内容はとの質疑には、平成26年度から毎年コースを変えて申請をしている。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

52 市長(古川隆三郎君)  オルレコースはおおむね10キロメートルから、長いもので13キロメートル程度のコースであります。海岸沿いであったり、山の中であったり、畑道であったり、そういったものであり、今回申請しました島原コースは、火山をテーマにしたコースであります。

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

18 9番(馬渡光春君)  市長が途中で挨拶されたときも、川を3つ渡ってきたと、1.5キロメートルも歩いてきたと、だから参加されたから気づいたんですよという、この言葉で皆さんほおっとなって。  ちょっといろいろな問題が出てきておりまして、後に何かすっとやなかとやというような感じの。