886件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-07-08 2019-07-08 長崎市:令和元年総務委員会 本文

これは、インフラ整備という観点のみならず、どれだけの観光客をここに招いていくのか、プラスアルファ、どれだけの消費を観光消費額として落としていただくのかというふうな、そういった非常に大事な観点が加わってくるんだろうなということを思うときに、その中央総合事務所の総務課が、地域整備1課が所管するのか、ちょっとそこも踏まえて、もともとそういう観点で見ることがなかったような部署に、こういった施設が指定管理者として

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年総務委員会 本文

これは、いわゆる箱物と、それから公共施設マネジメント等ということになれば、インフラの関係も出てくるんですが、まず、公共施設マネジメント、公共施設に関しては、これは、いわゆる箱物ですので、これは今は地区別にずっと説明会が開かれているということ。

長崎市議会 2019-07-03 2019-07-03 長崎市:令和元年建設水道委員会 本文

また、大規模災害時の対応につきましては、現在の総合事務所の体制におきましては、インフラ復旧などの業務が優先となる可能性が高いことが考えられますので、指定管理者による管理については、専門スタッフによる入居者への対応が可能となり迅速な対応が可能となると考えております。

長崎市議会 2019-07-02 2019-07-02 長崎市:令和元年第3回定例会(5日目) 本文

こうしたことから、長期的な公債費の償還計画も視野に入れながら、5年間を期間とする中期財政見通しを策定していますが、その際、大型事業の実施に伴う公債費の増加や、人口減少による市税や交付税への影響、高齢化による社会保障経費の増嵩のほか、生活インフラを維持するための通常の投資事業なども織り込んだ上で財政見通しを策定しています。

長崎市議会 2019-06-27 2019-06-27 長崎市:令和元年第3回定例会(2日目) 本文

平成27年2月に策定した長崎市公共施設の用途別適正化方針のコストシミュレーションで、道路、水道管などのインフラ資産を除く、平成27年度から30年間の公共施設の建て替え、改修等にかかる費用は約879億円が不足すると見込んでおります。また、この不足額の解消につきましては、早期の着手による維持管理費等の削減効果を勘案し、15年間で取り組むこととしております。  

長崎市議会 2019-06-24 2019-06-24 長崎市:令和元年第3回定例会(1日目) 本文

(2)くらしやすさ  全ての世代が暮らしやすい長崎をつくるためには、交通インフラの整備や防災対策など、安全な都市基盤づくりに加えて、暮らしを支えるソフト面の整備も必要です。  防災対策については、近年頻発している集中豪雨などが大きな被害をもたらしている状況に鑑み、急傾斜地崩壊対策の推進を図るとともに、決壊した場合に人的被害を与えるおそれのある、農業用ため池のハザードマップを作成します。

長崎市議会 2019-03-15 2019-03-15 長崎市:平成31年第1回定例会(8日目) 本文

公園遊具の整備について、自治会やPTA、保育園等との協議を十分に行い、地域の意見をよく把握して、円滑な事業の推進を心がけてほしい、長崎県が設置した市内の公園などにあるくみ取り式トイレの水洗化について、県と協議し整備を推進してほしい、今後、稲佐山公園スロープカーとともに再整備される稲佐山中腹駐車場について、民間活力を活用したにぎわいを創出できる環境整備のために、仮設屋台等の店舗が容易に出店できるようなインフラ

長崎市議会 2019-03-13 2019-03-13 長崎市:平成31年環境経済委員会 本文

もともとインフラ的にとある設備だとか下水の排水処理だとか、インフラで持ってれば基準が変わるので、そういったこともできるようになるということもちょっと聞いておるんですが、そういったものに対応するようなインフラというのは当然考えてらっしゃるんですかね。

長崎市議会 2019-03-11 2019-03-11 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

そして、公園費については、稲佐山スロープカーの整備がおくれているという中にあって、中腹の駐車場についてもこの整備が行われますけれども、やはり利用客の増、にぎわいの創出が見込めることから仕掛けづくり、仮設店舗、マルシェ、屋台などの店舗が容易に出店できるためのインフラの整備も今後進めていただきたいと思います。  

長崎市議会 2019-03-08 2019-03-08 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

マンホールカード、いわゆる下水道といったならば、なかなか表舞台に出てこないけれども、やはり市民の生活、インフラの中で非常に重要なことだということでの広報活動をされている下水道広報プラットホームという団体です。GKPが主催して、各自治体がつくっているマンホールカードを周知、PRに使っている。これが、コレクターがやはりいるんです。今アマゾンなんかでも売っている、各自治体のマンホールカード。

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

あと大事なのはインフラの部分ですよ、水道、排水、電気等々はもう十分、この整備しようとするんであればね、入れていっていいんじゃないかなと思う。具体的に言うと、ここは常設は今の段階では厳しい。もう全体のグランドデザインを描いた中での常設のレストランとかなんとかだったらいいけれども、今の現状、スロープカーで少し起爆剤になるかって言いながら、もう常設はなかなか運営側としても難しいだろうと。

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年教育厚生委員会 本文

さまざまな通信インフラが整っていますので、やはり研修のあり方についても、学校も今はサイバー大学のようなものがあって通信系の教育も広く普及していますので、やはりどうやってこれから被爆の実相をしっかりと次世代に伝えていくかということと、外にしっかりとそれを理解をしていただくこと、そしてまた自分の、そういった意味ではご先祖様が長崎、もしかしたら長崎で被爆をされた方の子どもたちがまた県外で、今、生活している

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年建設水道委員会 本文

いろいろ申し上げましたけれども、何といっても道路についてはもうインフラの整備がないと地域の発展もないわけですから、ぜひ少ない予算の割り当てですから、少ない予算の中ですけれども、ぜひ頑張ってほしいと思いますし、地域センターのほうも、総合事務所のほうも、中央総合事務所からぜひ森尾理事、派遣してくださいよ。ぜひお願いしたいと思います。  

諫早市議会 2019-03-05 平成31年第1回(3月)定例会(第5日目)  本文

これは官民連携の推進という項目の中でございますけれども、公共のインフラ、水道についてですが、施設の所有権は地方自治体に置いたままで、公共団体が保有したままで、事業の運営とか開発とか、そういった運営権を一定期間、20年間ぐらいが多いようでございますが、民間へ売却をするということでございます。  

長崎市議会 2019-03-05 2019-03-05 長崎市:平成31年総務委員会 本文

固定資産台帳は、国が定めた統一的な基準に沿って整備したもので、事業を行うための資産や道路などのインフラ施設等の固定資産について、その取得から除売却処分に至るまでの情報を管理するための帳簿になります。固定資産台帳の表にありますとおり、長崎市の有形固定資産と無形固定資産の合計額は、表最下段に記載のとおり、現在簿価で約6,848億円でございます。

松浦市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月04日

また、敷地だけでなく道路などのインフラ整備も行うなどし、その上に進出に好条件を提示しながら、市長をトップに副市長、担当課職員も何度となく企業を訪問されて進出が実現しているところです。  しかし、長年進出があっていないところもあるようでございます。また、計画どおりに進んでいないところもあるのではないかと思います。  

諫早市議会 2019-03-03 平成31年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

人口対策とインフラについてお伺いいたします。  現在諫早市では、諫早流通産業団地や西諫早産業団地などの整備により企業誘致され、長崎方面から国道34号線上は、朝夕の交通渋滞が毎日のように発生しています。  その解決として、県道久山港線が計画され、一部着工に至っており、早期の完成による渋滞緩和を期待しているところですが、整備される周辺には、住宅や商業地があるようです。

諫早市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文

具体的な内容といたしましては、防災のための重要インフラ等の機能維持及び国民経済・生活を支える重要インフラ等の機能維持の2つの観点から緊急に対応を要する160項目の事業が掲げられております。  このうちダム事業につきましては、ダムの洪水調節機能を維持確保するための緊急対策を必要とします全国の約30ダムが対象でございます。