1706件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文

また、バスや路面電車などの速達性、定時性を向上させるためにも、長崎南北幹線道路や長崎外環状線、国道499号などの幹線道路の整備促進にも取り組んでまいりたいと考えておりますし、あわせまして、暮らしやすさの向上のため、インターネット環境の整備などにも取り組んでまいりたいと考えております。  

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

当日は、その模様をインターネット中継で見たり、また、子ども議会終了後に作成されましたDVDを閲覧したり、子ども議会の代表だった者が、学校でその内容を説明したりという形で報告会をしております。  また、全員参加できるような取り組みだったのかということに関しましては、今年度の子ども議会につきましては、年度当初に実施をお願いしまして、6月から具体的な準備に入りました。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

98 ◯阿波村市民税課長 現在、申告に関しましてはインターネット上の環境におきまして、eLTAXのホームページがございます。そちらで登録をしていただいて、その登録をしていただくことで現在申告もできるような状態になっておりますので、今回納税という形になります。その納税についても同じようなインターネットの環境上でできるということでございます。  

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

私もインターネットの中継でやはり関心を持って見させていただきました。あのときの副委員長の当時の判断、私もあれが全てだと今でも思います。状況は変わってきたんです。それから、その程度にしますが、凍結をしろというのは、私ども反対ということよりも、今立ちどまって考えてみてはどうですか。場合によっては、住民投票のやり方なんですが、この年末の忙しいときから来年の選挙のときにしろとは全然思っていません。

佐世保市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号

◆5番(湊浩二郎君) (登壇)  今からでも里親探しなどは、インターネットやまたはそういう場所で見てもらい、行っていけば目標達成されるのではないかと思いますので、よろしくお願いします。  それでは、消防局のタッチレスのシステムについて、2回目の質問をいたします。  

五島市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−04号

ですから、ほかのリサイクルセンターなんかはきちんと、土曜日やってますよ、祝祭日はやってますよとインターネットでは発信しています。ですから、規則を変えれば済むことですけども、その点について再度答弁を求めます。 ◎市民生活部長(川端久章君) お答えをいたします。  今後、市民の皆様の利便性を考慮しまして、おっしゃっていただいた祝祭日におけるごみの搬入も含めて検討を行いたいと考えております。  

時津町議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日)

次に、新規顧客の確保についてですが、本町は現在、ふるさとチョイス、さとふる、楽天の3つのインターネット受付サイトにてふるさと納税を受け付けております。  今後も引き続き魅力のある返礼品の登録を進めていくとともに、受付サイトの事業者とも協力して広報等を行い、本町への新しい寄附者を募ってまいりたいと考えております。  以上で、大塚議員への答弁を終わります。

長崎市議会 2018-12-04 2018-12-04 長崎市:平成30年第4回定例会(4日目) 本文

インターネットは私たちの生活においても、またビジネスにおいても今では欠かせない重要な通信インフラとなっております。その中でも光ケーブルは大容量の高速通信ができるインターネット接続サービスとなっております。  しかしながら、長崎市においては、三重地区やその先の西海市で利用できる光ケーブルが一部の地域で接続できない状況となっており、その一部の地域に外海地区が入っております。

長崎市議会 2018-12-03 2018-12-03 長崎市:平成30年第4回定例会(3日目) 本文

まず、長崎市内のインターネット環境についてお尋ねします。インターネットが広まり始めたころ、ネットは距離と時間のハンディキャップを克服する新しいツールとして宣伝されました。確かに今ではどこにいても膨大な情報が取得可能であり、外出しなくても買い物ができるネット販売や医療現場における遠隔医療など、インターネット普及の恩恵ははかり知れません。

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会 通告一覧

賢人会議の成果   5 動物愛護行政について  ○ 池田章子議員[平成30年12月3日]   1 本人通知制度の登録推進について   2 建設業の後継者育成策について   3 「被爆体験者」問題の解決について   4 BSL-4施設計画の問題点について   5 教職員の「働き方改革」について  ○ 後藤昭彦議員[平成30年12月3日]   1 周辺地域の振興について    (1) 長崎市内のインターネット

長崎市議会 2018-11-12 2018-11-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

実施後のアンケートにおいて、長崎の企業への就職を検討する場合に不足している点は何かとお尋ねしたところ、インターネットを通じた情報発信、合同企業説明会等の企業と接する場が不足しているという回答が多く、また、その他の回答として、大手企業の存在という回答もございました。学生の大手志向、安定志向が見受けられたところでございます。

長崎市議会 2018-10-30 2018-10-30 長崎市:平成30年総務委員会 本文

その1つの理由といたしましては、やはり補助金の中身の見直し、いわゆる私どもといたしましては、いわゆる先ほどご指摘いただきました特別措置法に基づいた物的な基盤整備というものは、一定成果を上げて終了しているという中で、まだまだ同和に関する差別というものは、結婚・就職による差別でありますとか差別発言でありますとか、そういった差別の落書き、近年におきますとインターネットでの差別投稿というものもございます。

長崎市議会 2018-10-29 2018-10-29 長崎市:平成30年総務委員会 本文

本会議の模様につきましては、ケーブルテレビ及びインターネットで中継し、インターネット中継につきましては、引き続きスマートフォンでも視聴できるようにしております。また、過去の本会議の録画中継につきましては、インターネット及びユーチューブで配信いたしました。議会事務局のフェイスブックにより、議会の動きをタイムリーに発信いたしました。  

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

263ページの最下段でございますが、今後の取り組み方針につきましては、引き続き生産者と食の提供者等とのマッチングなどの支援や、各団体との連携による情報発信に取り組むとともに、市の広報媒体やインターネットなどの情報媒体を活用し、レシピや産地の歴史文化を含めた情報発信を継続することといたしております。  次に、265ページをお開きください。

長崎市議会 2018-10-12 2018-10-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

それから、先ほど自治会要望のお話がございましたけれども、基本的に自治会要望はこのシステムを活用しておらずに、これ、緊急に補修するようなものについてこのシステムを用いまして、実際写真を撮ったり、位置情報をインターネット上でやりとりをして、迅速な対応が必要なものについてこのシステムを活用しているという状況でありまして、自治会要望につきましては、委員おっしゃられたように年1回要望を基本的に受け付けておりますので

大村市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号

本事業については、本年7月に世界遺産に登録された長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産に関する長崎のキリスト教の歴史は、日本初のキリシタン大名である大村純忠が起源となっていることから、この深い関係性を生かして、天正遣欧少年使節をテーマとした有料インターネット配信による歴史エンターテイメントドラマへの協賛を行うものであります。  

長崎市議会 2018-09-14 2018-09-14 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

今後の展開につきましては、日本百貨店内に店舗を出店し、販売先を拡充させるとともに、首都圏のデパートや高級スーパーへの卸売や催事への出店のほか、インターネットを利用した電子商取引などの域外の販路を開拓していこうと考えられています。次に、株式会社ジョイフルサンアルファにつきましては、長崎市内にある自社の10店舗における販売に取り組んでいるところです。  

長崎市議会 2018-09-14 2018-09-14 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

41 ◯松尾被爆継承課長 さまざまな証言とかさまざまな資料というものは、まだ全てを私どもが持っているものでもございませんので、これまでも、例えば予算をいただきまして、アメリカの国立公文書館に調査に行って新たな資料を発見させていただいて、それを皆さんに展示という形、あるいはインターネットでの公開、それから企画展等で公開させていただいて、皆さんにご利用いただいたり