12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-08 飯山市議会 平成29年  9月 定例会(第361回)-09月08日−04号 ◎教育部長(栗岩康彦)   JETプログラムというところのALTを雇用すると、普通交付税が措置されるということで、特に人数の制限はないということを聞いております。 ○議長(佐藤正夫)   高山議員。 ◆9番(高山恒夫)   前回の議会の中でも教育長から英語授業については、特に教科として始まるが、英語アレルギーになっては困ると。 もっと読む
2015-06-22 飯山市議会 平成27年  6月 定例会(第350回)-06月22日−02号 その外国人の外国語指導助手の採用につきましては、文科省、外務省、総務省で、いわゆるJETプログラムというのがありまして、それに参加したいわゆる外人の方、そしてさらに、自治体国際化協会というのがございまして、そこで採用、あるいは配置をしてもらっておりますので、いわゆる飯山市に入ってきておるALTについては、私は信頼性が高いというふうに理解しております。   もっと読む
2015-03-16 長野市議会 平成27年  3月16日 総務委員会-03月16日−03号 そちらが、日本国内の地方自治体の国際交流を促進するために、今委員さんの御指摘の外国青年招致事業のJETプログラムというのがございまして、そういう事業を行っています。  各自治体で、例えば、国際交流を推進するとか、学校の子供たちの英語教育を充実させるとか、個々に対応するのは非常に、大きな自治体、小さな自治体、それぞれお金も掛かりますので、個々の対応は厳しいと。 もっと読む
2015-03-16 長野市議会 平成27年  3月16日 経済文教委員会-03月16日−04号 ○委員長(西沢利一君) 上杉課長 ◎学校教育課長(上杉和也君) これは主にALT、JETプログラム等で外国の講師の方に指導助手として入っていただくものでございますので、授業の中で外国の方たち--主に欧米が中心になりますけれども、英語に親しみ、外国文化の勉強をするということになりますので、日本のものの学習というのは入ってこないところです。 もっと読む
2014-10-16 長野市議会 平成26年 10月16日 決算特別委員会-10月16日−09号 中学校のALTにつきましては、4人をJETで、その他につきましては独自雇用ということにさせていただいておりまして、中学校の英語の助手につきましては、全て独自雇用という形で採用させていただいております。 ○委員長(田中清隆君) 池田委員 ◆委員(池田清君) その独自雇用というのはどうことですか。 もっと読む
2012-09-19 上田市議会 平成24年  9月 総務文教委員会-09月19日−02号 23年度につきましては、JET、これは外国人青年招致事業でございますが、JETによるALTが6人、市単独雇用が4人、計10人を中学校区ブロックにおおむね1人配置したというものでございます。  目3学校建設費の01中学校施設整備事業費でございます。まず、昭和35年建築で老朽化が進んでおります第二中学校の改築に向け、耐力度調査等を行いました。 もっと読む
2009-10-06 飯田市議会 平成21年 10月 全員協議会-10月06日−01号 そこで飯田市同様雇用の1形態でございます、JETプログラムとの比較を行ったところでございます。  外国人講師招へい後の事業の進め方につきましては、市町村によって千差万別であるということが言えると思いますが、標準的な業務につきまして監査委員さんの方で試算をした額がございます。これによれば、一人あたりの平均的な額といたしまして109万6千円とされているところでございます。   もっと読む
2009-08-26 飯田市議会 平成21年  8月 全員協議会-08月26日−01号 結果的に、JETプログラムとほぼ同等な内容となっておるところでございます。  次に、2の外国人講師の募集についてでございますが、7月末までの任期のELT5名のうち2名が期間更新しないということから、飯田市のホームページにて講師の募集をいたしました。結果、応募者から2名の採用を現在内定しているところでございます。   もっと読む
2009-06-17 上田市議会 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月17日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 この報道によりますと、当上田市は、JETプログラムから5人、独自採用が1人、労働者派遣の3人と9人が各学校に配置され、雇用方法に違いがあるようですが、授業への影響はないのか、そこで伺います。  1つとして、上田市におけるAET、いわゆる英語補助教員の雇用状況はどうなっているのか。飯田市のような問題はないのか。   もっと読む
2003-09-12 塩尻市議会 平成15年  9月 定例会-09月12日−04号 そして鹿島市では従来のJET(ジェット)から民間委託で実施をしているということです。そして効果も上がっているとのことです。塩尻市も未来を背負う子供たちのために、十分な教育環境の整備をし、まさに国際化が叫ばれる今、世界に羽ばたく人材の育成ができないものでしょうか。現状と今後の対応についてお聞かせください。   もっと読む
1990-12-10 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成 2年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号 第4点目でありますが、AETの人材を確保する方法、いわゆる選択になりますが、一般的には自治省、文部省及び外務省の協力による語学指導を行う外国青年招致事業という団体がございますが--からの派遣、JETと私どもは言っておりますが、そういうJETの派遣。2番目には民間機関を利用しての委託によるAETの導入の、2つの方法が多くの市町村でとられている方法でございます。 もっと読む
1990-06-13 佐久市議会 平成 2年  6月 定例会(第2回)-06月13日−03号 これはこの前にもお話申し上げたわけでございますが、外国青年招致事業、JETという事業がございまして、文部、自治、通産というような3省と地方公共団体の長というもので、例年9月に県の生活環境部の国際課を通してこのあっせんがまいるわけでございます。これを受け入れを希望して書類を提出しますと、翌年の8月から配属になって、2学期から授業が受けられるようになるという制度でございます。 もっと読む
  • 1