342件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

また、災害時における緊急放送に関する協定を結んでいるLCVが臨時災害放送局を開設いたしまして、LCV−FMで災害情報を提供いたします。さらに、必要に応じて消防団員等による広報活動等を通じて情報伝達を行い、被害の軽減を図ってまいります。以上です。              

岡谷市議会 2018-12-05 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−03号

市民の皆さんの情報収集手段も非常に多岐にわたっておりますので、広報おかやの号外という形式にこだわることはなく、そういった緊急時には、防災行政無線、防災ラジオ、防災メール、ホームページ・シルキーチャンネル、フェイスブックなどのSNS、また、地域連絡員あるいはLCV−FMなど、さまざまな情報伝達手段を幅広く活用し、必要な情報をタイムリーに発信していくことが大事かというふうに考えております。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

災害時にラジオ放送によりまして、緊急放送を通じて状況ですとか災害避難情報等の情報発信をLCV−FMを通じてやっていただく、そんなことになっております。  ことし1月には、LCVとそれから6市町村による臨時災害放送局の開設訓練なんかも実施をし、円滑な運用、いち早く必要な情報を市民に提供する体制づくりの確認なんかも行っているところであります。

軽井沢町議会 2018-12-03 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号

FMラジオですとか、町の防災情報メール、これを多言語化で情報提供できないのかとか、この辺はいかがでしょうか。お考えだけお聞かせください。 ○議長(市村守君) 答弁願います。  西墻総務課長。      〔総務課長 西墻美智雄君登壇〕 ◎総務課長(西墻美智雄君) お答えします。  

軽井沢町議会 2018-10-24 平成30年 10月 議会活性化特別委員会(10月24日)-10月24日−01号

あとFM軽井沢は、こちらは発信しておこうと。NHKデータ放送は、これは大丈夫だということで、あと信毎も発信をしておくということで決まりました。  あと司会のほうは、次の委員会でしっかり決めていくということに決まりましたが、あとよろしいでしょうか。皆様から出していただいた内容はこのくらいだったと思うんけれども、ほかに何か議場コンサートで決めることはございますでしょうか。      

安曇野市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会-09月19日−05号

さらに利用率を上げるためには、事業の目的と効果を十分説明し、御理解いただくことが必要で、今後は広報ですとかコミュニティーFM等でPRに努め、さらに周知を図ってまいります。  以上でございます。 ○議長(小松洋一郎) 臼井議員、いいですか。  臼井議員。 ◆2番(臼井泰彦) 2番、臼井です。  

上田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

情報発信手段の一つとして、スマートフォンアプリのほかにコミュニティFMといった方法が近隣自治体でも多く採用され、お隣の東御市が行われているFMとうみでは、長和町、立科町といった自治体が活用を進めています。私も今までコミュニティFMについて災害時と日常の情報発信という視点で質問をさせていただきましたが、今後上田市はこのFMとうみをどのように活用されていくのか伺います。  

上田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号

今年度新たに実施した訓練でございますが、被害情報や安否情報、避難先情報、救援情報などの情報発信のため、ケーブルテレビ局のご協力をいただきまして、臨時のFM放送局を開局する訓練をこれまで電波を出さずに毎年行ってはきましたが、ことしは訓練会場となった塩田西小学校から、初めて実際に電波を発信して、FMラジオ放送による情報伝達訓練を実施いたしました。

飯田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号

2つ目の広報番組制作・放送につきましては、飯田ケーブルテレビやいいだFMに委託いたしまして、市政に関する番組を制作・放送することを内容とする事業でございます。具体的には、ケーブルテレビのテレビ広報、いいだFMのかざこし歳時記及び広報いいだの風、そしてケーブル回線とNTTの光回線を用いた音声告知放送がございます。事業費は、今申し上げました内容を合わせまして3,410万3,000円でございます。

岡谷市議会 2018-09-03 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−01号

また、避難誘導体制の強化等に向けましては、年次計画に基づき整備を進めてまいりました避難所表示看板について、市内に指定した51カ所全ての避難所に整備が完了したほか、諏訪6市町村や諏訪広域連合とともに、信越総合通信局及び株式会社LCVとの連携により、大地震等の大規模災害発生におけるFM放送を活用した臨時災害放送局の開設訓練を実施するなど、防災・減災意識の向上と情報提供の充実を図ってまいりました。  

上田市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−趣旨説明−01号

災害発生時に市が臨時に行うFM放送局を開局する訓練では、今回初めて実際に電波を発信し、ラジオによる情報伝達も実施いたしました。  災害時のラジオの活用につきましては、全市民が緊急情報をいち早く入手でき、停電時にも大変有効な手段であることから、今後新たに「エフエムとうみ」によるラジオ放送やスマートフォン等のアプリを活用した情報発信にも取り組んでまいります。  

飯田市議会 2018-07-19 平成30年  7月 総務・産業建設委員会(合同)-07月19日−01号

◎危機管理室副参事(北澤克弘君) 主には、先ほど言いました防災行政無線の整備に当たりまして、戸別受信機やFMラジオ、プッシュ型のものというのがございますけれども、全世帯というわけにはいかないので、その中である程度、限られた範囲の中で検討をしてまいりたいというのが一つあります。  

長野市議会 2018-06-19 平成30年  6月19日 経済文教委員会-06月19日−09号

また、地域とも協力しながらいじめ再発防止に向けて取り組むことにつきましては、学校を通じて保護者向けにチラシを配布するとともに、広報ながのや、FMぜんこうじの長野市広報ふれあいガイドを通じて市民への啓発を行いました。さらに、長野市いじめ問題対策連絡協議会の委員として、今年度からは市民生委員児童委員協議会にも御参加をいただき、連携について協議していくこととしております。  

安曇野市議会 2018-06-19 平成30年  6月 総務環境委員会-06月19日−01号

やはり市とすれば、音声による情報、これはFMに頼るしかありません。音声による情報です。  ですので、そういったことで、28年度から始めて、今年度3年目であります。もうしばらくは、このまま継続をさせていただく中で、政策部として、秘書広報課として、積極的な情報発信をさらに図っていく中で、見通しを見きわめていきたいというふうに思っています。  それから、先ほどあづみ野テレビの関係がありました。  

軽井沢町議会 2018-06-11 平成30年  6月 社会常任委員会(6月11日)-06月11日−01号

町では、交通渋滞緩和対策として既存道路を活用し、ゴールデンウイークから11月上旬までの混雑時の迂回路案内看板を設置し、交通分散、郊外部でのマイカーから公共交通機関へ乗りかえるパークアンドレールライドの実施、FM軽井沢道路案内図等による道路ユーザーへの情報提供などについて、しなの鉄道、プリンスショッピングプラザ、東日本高速道路株式会社、そのほか関係機関と連携して、交通快適化対策を実施しております。  

軽井沢町議会 2018-06-05 平成30年  6月 第1回定例会(6月会議)-06月05日−02号

それから、当町では余り普及していませんが、自動起動型防災ラジオを用いたコミュニティーFMというのもあります。それから当町のメール配信です。これも着信ときに、音やバイブレーションで知らせるような設定になっていれば、それは何かの情報が発せられた瞬間に受け手にそれが伝わるわけですから、プッシュ型通知に近いと言えます。それからまた、プッシュ型の際たるツールとして、電話というのもあります。

飯田市議会 2018-03-16 平成30年  3月 総務委員会-03月16日−01号

広報広聴費は全体で5,350万円ほどの事業費でございますが、取り組み内容や経費の内容は管理表中段の30年度の取り組みに記載のとおり、広報「いいだ」の発行、テレビ広報の政策、いいだFM広報番組の制作、音声告知放送、市民意識調査を内容とするものでございます。

安曇野市議会 2018-03-07 平成30年  3月 総務環境委員会-03月07日−01号

一番下段のコミュティFMの関係でありますけれども、このFMラジオにつきましては、防災無線の屋外機が聞こえないということで、FMを今活用をしていただいているわけですが、それを今、当然、委託料1,100何がしを払って市政情報など放送をしていただいているわけですけれども、これにつきましては、旧町村で放送しておりました戸別受信機による放送ですが、ああいったお知らせ放送を、これは当然委託料の増額ということにつながってくると

岡谷市議会 2018-03-06 岡谷市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−04号

また、情報伝達手段といたしましては、防災行政無線、防災ラジオ、防災メール、緊急速報メール、岡谷市のホームページ、シルキーチャンネル、広報車による広報のほか、エルシーブイFMを利用した臨時災害放送局の開設を考えているところでございます。  私からは以上であります。 ○議長(武井富美男議員) 三村教育担当参事。